スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南ゴビ旅行~UBからツァガンソウラガへ

日本からのお客さんと一緒に南ゴビへ旅行に出かけました。ゲルボーダルに泊まり回る3泊4日の旅です。

ウランバートルを朝出発して、車は舗装道路を快適に南下。6年ほど前にもダランザドガドへバスで行きましたが、舗装道路もなくバスも小さくて、灼熱の大地に発狂しそうになりましたが、今はもうスーイスイっと快適快適♪。モンゴル着実に進化してます。
16southgobi4
ゴビだけに、何もない広漠とした大地が続きます。ウランバートル周辺はかなり緑の草原になってきていますが、ここら辺はまだまだうっすらと草が生えているだけです。

16southgobi3
UBから5時間くらい走ってマンダルゴビという町を過ぎてしばらくすると小さな看板が立っていて、そこから道なき砂漠の道に入ります。

そうして小一時間くらい車に揺られたでしょうか、「着いたぞー」という運転手さんの声に目を覚まし、車を降りるとそこは・・・
16southgob11
わーおー!

16southgob10
突如、眼前に広がる大地の裂け目。
「ツァガンソウラガ」、勝手に日本語通称「白い崖」

16southgobi5

16southgobi2

16southgobi6
地層の色が白とやや赤い層が入り混じっていて、これがまた素敵なんです。火星かどこか他の惑星に降り立ったかのよう。

16southgobi9

16southgobi20
まるでエリンギ。

16southgobi7
こんなところにもけなげに咲いている砂漠の黄色い花。

18southgobi22

16southgobi23

16southgobi8
圧巻の大地。地球って広い。モンゴルって広い。

そうしてここからほど近いゲルボーダルに宿を取って、この日は終了。日本からの差し入れのインスタント焼きそばを作って食べました。
明日はダランザドガドを経由してヨリンアム渓谷に向かいます。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

早春テレルジ乗馬初め

三寒四温の春。モンゴルの三寒四温は日本のそれよりさらに激しいですが、長い冬が終わって、また乗馬の季節が巡ってきました。
先日4月の終わりに、今年初めてのテレルジ乗馬に行ってきました。
16aprilterelj2
草原はまだまだ緑には程遠いですが、天気も良く温かい乗馬日和でした。

16aprilterelj3
まだ氷が残る川を渡り、今日は見晴らし岩のコースへ向かいます。

16aprilterelj4
川は氷で覆われて一見すっかり冬景色ですが、氷の下には川の流れがあり、木々の芽は膨らんで芽吹きを待っています。日差しはすっかり春です。

16aprilterelj5
そして、見晴らし岩からの眺め。

16aprilterelj
いつもながら雄大です。自分たち、なんてちっぽけなんだろう。

16aprilterelj8

16aprilterelj7
次に来るときは、緑に色づいたテレルジに会えるでしょう。

16aprilterelj10
久しぶりのホルホグも美味しかったー。今回は羊肉。あばらの部分がホルホグにすると最高に旨い。

牧民さんが言うには今年の冬は厳しい冬だったそうです。寒さが残り草が生え出る前の春先のこの頃が、力尽きた家畜たちが死んでしまう時期でもあるんですって。。そんな時に肉を食らって申し訳ないですが…。

これから春一番の花ヤルゴーという紫の花が生え出てきて、それを食べた山羊のお肉が美味なんですって。来月にはヤルゴーを食べた山羊肉で作ったホルホグを食べに来ようっと♪

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村


ここにいたのね!モンゴルの恐竜たち

モンゴルのゴビ砂漠では恐竜の骨や卵が多く発掘されています。何千、何万年前に地球上を闊歩していたこの巨大動物の化石が、殺伐としたゴビ砂漠の地下深くに長い時間閉じ込められ保存されてきたことを考えると、悠久のロマンを感じますね。

この恐竜の骨、以前はウランバートルの自然史博物館に、そしてその後、スフバートル広場に設けられた簡易展示場でしばらく展示されていたことは、このブログ内「必見!恐竜タルボサウルス」でご紹介しました。
2013年6月ですから、もうかれこれ2年ほど前ですね。

自然史博物館は今も改装中。スフバートル広場の展示場ももちろんなくなって、あの恐竜はどこへいったのだろう…と気にはなっていたのですが、先日、思わぬ再会を果たすことができました。
16kyoryuhone5

16kyoryuhone6
そうそう、まさにこの子があの時のタルボサウルス。

さらにさらに!
16kyoryuhone

16kyoryuhone4
カモノハシ恐竜サウロロフス、とか

16kyoryuhone3

16kyoryuhone2
ながーい首の部分は消失していますが、巨大な体を持つオピストコエリカウディア??
よくわかりませんが、種類の異なる3体の恐竜が展示されているんです。

しかも、写真も撮りまくり。(モンゴルの博物館では写真を撮るのに入館料に追加してお金を払わなければならない場合があります)
吹き抜けからの明るい自然光が差し込んでいて、写真を撮るのにも最適な環境。こんなショッピングモールにオブジェのようにたたずむ恐竜たち、なかなか趣があります。

はい、ここがどこかと言いますと、空港へ向かう途中に最近建設&オープンしたビバシティの「フンヌモール」というショッピングモール。

空港へ向かうあの埃っぽい道路からフンヌモールのドアを一歩入ると、ここはいったいどこ?と戸惑ってしまうほど、ハイソなショップが並ぶおしゃれ空間が広がっています。モンゴルの高級施設によく見られる光景ですが、こんな立派な施設がどうやってなり立っていくのか不思議になるほどに人影もまばら。こんなゆったりおしゃれ空間に、恐竜さまが鎮座しているのです。

日本からのお客さんが来るときに、恐竜の骨はどこで見ることができるんだろう、と思っていましたが、ここだったらショッピングや食事ついでに立ち寄るのにもいいですね。(といっても町からだいぶ離れてますから、わざわざ行かないと行かない場所ですが。空港に行くついでならありかも。)

同じフロアにフードコートもあって、日本食もあったのでラーメンを注文してみました。かなーり長い時間かかって、厨房で3人くらいのコックさんが頭つき合わせて一生懸命作っていて、いったいどんなラーメンが出てくるかかなり不安でしたが、やっと出てきたラーメンは、麺もスープも、ラーメンともうどんとも言えない微妙な味でした。

恐竜を眺めながらすするラーメン。ここでしか体験できないと思えばオツなものです。
今度の休日にはフンヌモールへ是非お出かけください。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

ハッピーアウアーの「Bluefin Bistro」が超お得

ばたばたしている間にランチタイムは過ぎてしまった…スフバートル広場横の中央郵便局の時計は午後3時を回っている。晩御飯には早いけれど、どこかでちゃんと美味しいものが食べたいよぉ…
そんなあなたにお勧めなのはBluefin le Bistro

このブログでご紹介したことがあるBluefin d'Artと同じ系列ですが、ハンバーガーやピザ、そしてWok(中華鍋という意味ですが転じて中華風)料理など、リーズナブルでカジュアルなメニューを提供しています。

ランチの時間帯にはランチメニューを展開していて、モンゴル料理のツォイワンやスープを7900tgで食べることができます。が、声を大にしてお勧めしたいのは15時から18時までのハッピーアウア! 全メニューが表示価格の30%オフでいただけちゃうんです。(飲み物は除く)

ずーっと気になっていたのですが、先日ついに、このHappyHourにぶつけて来店することができました。
16bluefinbistro2
こちらBluefinバーガー。モンゴル産牛肉のパテはきちんと網焼きの味、バンズにもちゃんと網であぶった跡があってサクッふわっ。ベーコンやオニオンリングも入っていて、とっても美味しい本格バーガー。バーガーは網焼きでないと絶対にダメ!!と言っていたイギリス人の友人の言葉が脳裏に浮かびました。しかもこれが13000tgのところをHappyHourでは9000tgくらい(500円ちょい)で食べれちゃうとな!

16bluefinbistro3
こちらはWokメニューから、ペッパービーフステーキ。ちょっと味が濃かったけど、お肉は柔らかくて、中華炒めの野菜もお肉の下にたっぷり敷いてあって大満足。ライスは1000tgで別に注文しました。これなんか定価は10900tgだったかな?30%オフされて、その後に税金の10%か何かが加算されて、最終金額は細かくなりますが、それでも8000tgを切ります。

16bluefinbistro
店内も d'Art と似て白を基調としたこじゃれた空間。d'Artが青だからってこっちは赤なのか、変に赤いライトがちょっと気になりましたが、悪くない雰囲気です。d'Artで気どって2万、3万tgのステーキを頂くより、こちらで気取らないWokを食べるのがお値段的にはかなりお得。

しかもなんと!!このお店、セングルのビールが500mlで2400tg、300だと1900tgで、コーラ飲むよりずっと安い。キャー♪と早速注文したら、その日は4月1日で、アルコールは売らない日。(モンゴルでは月の初めの一日はアルコール販売が禁止されています。レストランで注文することもスーパーで買うこともできませんのでご注意。)なんというエイプリルフールでしょう。。。仕方なくビールよりずっと高いコカ・コーラを飲みましたが。

というわけで、BluefinのHappyHourお勧めです。場所はウランバートルホテルからエンフタイワン通りを渡ったビルの一階です。T字交差点のまさにどんつきのところ。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

CECボランティア―孤児院と大学での活動

モンゴルは昨日の土曜日からサマータイムが始まり、時計の針を一時間早めて日本と時差がない状態になりました。日がぐんと伸びて日差しも強く、いよいよ春です。

日本の大学は春休みの季節。その休みを利用して2人の学生さんがCECボランティアで来蒙してくださいました。今回はリクエストにお応えして、小さな孤児院を訪ねることができました。
16MarchCEC20
子供たちと一緒に折り紙。

16MarchCEC23
子供たち、楽しそうに一生懸命に折っていました。

16AMarchCEC33
紙風船やたけとんぼも、子供たちすぐに気に入りました。言葉は通じなくても、歌や遊びや笑顔ですぐに打ち解けられます。人懐っこい子供たちの笑顔が印象的でした。

週日は、大学生の授業です。
16marchCEC12
日本のどこから来たのか、大学で何を勉強しているか、趣味は何か、自己紹介をしながら学生たちと仲良くなります。

16marchCEC10
ボランティアの方が持ってきてくれた四文字熟語のカルタで真剣勝負のモンゴル人学生たち。

今回ボランティアの方がいる機会を利用して、大学では日本紹介のお祭りを開催しました。
16marchCEC4
書道や、ボランティアの方が持参したきな粉餅の味見コーナーなど設けました。

16marchCEC3
浴衣姿を披露したり。

16marchCEC5
書道でモンゴル人の名前を書いてあげるコーナーは、この通りの大盛況。

16marchCEC6
今度はいつ日本から来てくれますかー?と学生たちが口々に聞いていました。

16MarchCEC30
ボランティアの方が撮られたテレルジでのワンショット。とっても素敵ですね。

3月のモンゴルは、小春日和の暖かい日もありますが、まだまだ厳しい寒さが残る頃。そんな気候にもめげず、モンゴルを訪れて、学生たちと体当たりで過ごしてくださったお二人のボランティア学生さんに感謝です。今度は是非、夏の緑の草原のモンゴルにも会いに来てくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

最近のマイブームなUBランチ― Street61

ウランバートルの外食産業がなかなかレベルが高くて、まま割安ということは以前も書いたかもしれません。
UBの外食産業におけるここ最近の傾向は「ランチ競争」のように見受けられます。あちこちのカフェやレストランで、お昼のランチタイムにちょっぴりお得なランチセットを展開しています。

というわけで、最近、私のお一人様マイブームなランチはこちら。
street615
ワンプレートで、月曜から金曜までのウィークデーに毎日、日変わりのメニューが楽しめるのですが、月曜日のこの日は、パンプキンスープにコールスローサラダ、そしてフライドチキン(と書いてありましたがグリルに近かったような…)、自家製と思われるパンも美味しかった!

street619
こちら水曜日。ナスや厚揚げのようなものが入った中華風スープ、ジンジャーキャロットサラダ、そしてゴリヤシュ。
ボリューム満点、栄養満点。そしてもちろん美味。この日変わりランチがなんと7900tgオンリー。450円くらい。コスパが良いと店を出る時の満足度も3倍アップ。

店内もこじゃれてて、お一人様でも気軽です。
street616

street614
外人ビジネスマンや、モンゴル人もたくさん入ってました。一人でまったりするも良し、友達とおしゃべりも良し、ランチメニューが固定なので早めにサーブしてくれるので、急ぎの時にもGood。

street61
ソウルストリートの入り口、国立ドラーミンテアトルの向かいのAir Marketの並びにある「Street61」という店です。

street612
月曜日から金曜日までのメニューがモンゴル語と英語で書かれてます。
KFCやバーガーキングもいいけど、もっとヘルシーでおまけにお安いこじゃれたカフェランチ、お勧めですよ。
今度は何曜日に行こうかな~♪

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

カシミア工場GOBIファクトリー見学

カシミアはモンゴルが誇る国内産業、そして輸出品目の一つ。
特に昨今、信用性が疑われる中国のカシミアに比べ、生産から販売までの過程が比較的シンプルで見えやすいモンゴル産カシミアのブランド力が上がっているそうな。

先日、モンゴルのGOBIという会社のカシミア工場を見学する機会がありました。
Gobifactory9
GOBIはモンゴルで一番有名なカシミアブランドです。しかも、カシミアの原毛の仕入れからデザイン、製造、販売まで一貫で手掛ける唯一の会社であるとのこと。

19地区の奥まった場所に、GOBIファクトリーストアという大きな敷地の店舗があるのですが、実際にそのストアの隣に工場棟がありました。本当にファクトリー直売店だったんですね。なかなか地元に住んでしまうと行きづらいロケーションですが、旅行者向けに市内のホテルからフリーシャトルサービスなどがあるようです。

さて、早速工場見学へすすみましょう。
まず最初に通されたのは、原毛の下処理をする場所。さすがに結構な獣臭がただよっています。カシミアが取れる春先の時期に、一年分の必要な分を一括で買い付けるのだそう。すごいですね。
Gobifactory

次は原毛から実際のカシミアを取り出します。
Gobifactory2
この機械から出てくるカシミアが、とろろ昆布みたいに薄くて柔らかくてふわんふわんなんです。この部屋はかなり温度と湿度が高い状態になっていました。

Gobifactory3
きれいに折りたたまれ、束になったとろろ昆布。

Gobifactory4
そして、細いカシミアの繊維をよって糸にします。

Gobifacory15
イタリアと日本の技術で染色。

Gobifactory5
織り機がずらりと並びます。

Gobifactory6
従来の織り機に加え、袖などの継ぎ目なくすっぽり一枚織り上げる機械もあるそうで、コンピューターによるデザイン制御がおこなわれています。

Gobifactory7
カラフルな色合いと洗練されたデザインのスカーフも。

Gobifactory8
従来のカシミアの主流である白、ベージュ、ブラウンの3色に加え、モンゴル産のカシミアには、ウォームグレーという希少な色味があって、これがモンゴルカシミアの売りだそうです。

GOBIでは最近、「GOBI オーガニック」という製品ラインを出していて、これはカシミア本来の毛色を活かし、染料や漂白剤を使わずに作られたもの。素朴で自然な色合いのセーターやカーディガン、手に取ると、とろけるような柔らかさです。

Gobifactory10
カラフルなマフラーやカーディガンから、染色していないオーガニックなセーターまで、素敵な一生もののカシミアを是非見つけてください。

ちなみに、このGOBIファクトリー、事前に申し込めばどなたでも見学をすることができます。日本語を話せる担当者が日本語で案内してくれます。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

モンゴル産銅のカップの効能

モンゴルでは銅が採れます。エルデネトにはロシアと合弁のゴクという大きな銅山の会社もあって、モンゴルの主要な鉱業の一つです。

さてこちらは、モンゴル産の銅で作られた銅製のカップ。
zecayaga2
モンゴル人も皆がみな、日常使いにしているわけではありませんが、割とあちこちの家庭で使われています。なぜかというと、銅のカップは体に良いと言われているのです。

zecayaga3
こちらの説明書によると、銅には解毒作用があり、体を浄化し、視力改善をはじめとするど様々な薬に銅が使われているので、銅のカップを飲食に使うことで、胃や肝臓に良い効果があるのこと。関節が痛むとき、また医療マッサージに従事する人は銅の腕輪をするとよい、とのことです。

確かに、銅の効能はインドのアーユルヴェーダでも解かれており、抗酸化作用や水を除菌する効果があり、胃や腸の働きを改善し、アトピーなどにも良いとのこと。なかなかすごい効果がありますね。

そういえばヤフーニュースの記事で、ひじきの鉄分が今まで認識されていたほど多くはないことが判明したと。それはなぜかというと、ひじきは通常、鉄釜で製造されるため、釜から溶けだした鉄が共に計測されていたために高い鉄分の数値が出ていたようで、鉄釜を使わずに処理したひじきの鉄分の数値はずっと低かったということが分かったそうな。

つまりは、調理器具や器から、その成分が絶えず溶けだしてるっわけですか。そう思うと、調理器具や器って大事ですね。

南部鉄瓶で沸かしたお湯で鉄分補給とかアルツハイマーの予防になるとか聞きますけど、そういうことなら、このモンゴルの銅の器に一晩おいた水が体に良いのだ!と言うモンゴル人の言い分も一理あるのかも。

使うほどにどんどん黒ずんでくるのは、入れたものの毒素を取り除いてくれているのか??

その真偽はさておき、とりあえず騙されたと思って、朝の起き抜けに、銅の器のお水をいただいてみましょ。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

フブスグル旅行~ツァガンノールからの山越えルート

テルヒンツァガンノールのほとりに宿を取った翌日は、かなりタフな山越えルートを通ってフブスグル湖へ移動する日です。
15Huvsgul63
長くハードな一日は夜明けとともに起床。草原の朝焼けが美しいです。

15Huvsgul60
家畜たちも寝ぼけ眼?いや、そうでもないか?

15Huvsgul57
この辺りでは、牛よりも寒さに強いヤクの方が多く放牧されています。朝の女性の仕事はヤクの乳しぼりから。

15Huvsgul61
この小さなゲルではヨーグルト、ウルムなどいろいろな乳製品が製造中。

15Huvsgul62
モンゴルを北上したら是非食べたいのがヤクの乳製品。これはヤクの乳で作ったウルム。生乳を沸騰させて一番最初にできる油脂の部分です。ヤクのウルムは濃厚でとっても美味しいです。でも重たいので食べ過ぎ注意。私はパンに乗せたりスーテーツァイに浮かべてかなり食べても大丈夫でしたが人によっては具合が悪くなる人も。残ったウルムは旅のお供に持っていきます。

そうしていよいよフブスグル湖に向けて出発です。
15Huvsgul58
車は道なき道、野を越え山越え、川を越えて、ひたすら走ります。結局朝からこうして走ってフブスグルについたのは夜7時。10時間くらい車で激しく揺られていましたから、さすがに疲れました。途中の景色もきれいだったんですが、写真撮る心のゆとりなし。疲れも見せず寡黙にハンドルを握り続けた運転手さん、本当にご苦労さまです。

そうしてフブスグル湖で迎えた朝。
15Huvsgul59
あいにくの曇り空でしたが、それもまた幻想的です。
15Huvsgul52
陽が差してくると、湖の色が青色に輝きます。
15Huvsgul53
今回5年ぶりに再び来ましたが、なかなか素敵なリゾート地になってました。前はもっと何もない感じでしたが。
夏の間、観光客にトナカイを見せに山から下りてくるツァータンのキャンプ地を訪問。
15Huvsgul51

15Huvsgul55
立派な角をしたトナカイたちがたくさん!ぐにゃぐにゃと巨大ブナシメジみたい!! 前来たときはトナカイに乗ることができたのですが、今はもう禁止なんですって。このトナカイの角、一年に一度抜け替わるそうです。春先に来ると角なしトナカイに会えるそうな。
15Huvsgul71
トナカイの子供は体も角もちっちゃいです。

15Huvsgul56
ツァータンのゲルの中に入らせてもらいました。トナカイの肉が干してあります。ツァータンの人達は、本当にこんな簡素なゲルで極寒の冬でも普通に生活してるんですって。ツァータンはほとんどトナカイの乳と肉だけで生きていくことができる人たちです。ツァータン語で一言二言話してくれましたが、モンゴル語ともロシア語とも違う不思議な響きでした。

15Huvsgul54
湖のそばを散歩していたら、こんなかわいい子がひょっこり顔出してました。ネズミ?ウサギ?知ってる人いたら教えて下さい。

15Huvsgul73
もうちょっと晴れていたらもっときれいだったろうなあ。
15Huvsgul70
やはり8月末、フブスグルはもう夏の終わりです。
15Huvsgul72
湖畔に2泊してフブスグルを後にしました。帰りは今年から全面開通した舗装道路を走って、7時間くらいでエルデネトまで到着しました。噂には聞いていましたが、むちゃくちゃ快適でした。5年前はエルデネトからフブスグルまでの道も、あの山越えルートほどではないですが、かなりタフでした。ぬかるみにはまった車をみんなで押したりしたことを思い出しました。あれはあれで楽しかったですが。モンゴルも進化してますね。

エルデネトには午後3時くらいに着いたので、美味しいロシア料理とビールを飲んで一息ついてから駅に向かい、夜行列車に乗ってウランバートルへ帰りました。5泊6日のフブスグルの旅、これにて終了です。モンゴルの田舎と大自然を堪能する旅でした。来年もこの運転手さんに頼んで、今度はゴビの方へ行きたいな~。あー、でもツェンヘル温泉もまた行かなくちゃー。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

待望の「ハーン・デリ」町中に一挙2店舗オープン!

以前にご紹介したモンゴルらしからぬ本格デリカテッセン「ハーン・デリ」。ゾーンホリというちょっぴり辺鄙な場所にあるのが難と書いていましたが、その待望の支店がアクセスの良い町中にオープンしました。

その名も「ハーン・デリ CENTRAL
haandelic10
場所はロシア大使館の隣、TOTOYAダイニングの並びです。

店内もこんなに素敵。
haandelic2
基本のメニューは元のお店とほぼ同じ、それに、シェフのお勧め的Special Menuが加わっていました。というわけで、早速そこから「Tuna Pita Wrap」をチョイス。
haandelic11
わ~お、でかーい。まるでイタリアのカルツォーネ。
haandelic3
中にはクリーミーなツナと野菜がたーーっぷり。美味しくって超ヘルシー。だけどサイドのポテトフライで相殺。全部たいらげたらお腹パンパン。おいしそうなデザートメニューまでいきつくことができませんでした。

オーナーシェフ、ダレルさんは、アメリカから来蒙して10年以上だそう。彼のお勧めはブレックファーストメニュー。といっても、朝だけでなく終日食べられるそうで、朝寝坊派には嬉しいサービス。ただし営業時間は8:30から18:00まで。日から土まで毎日オープンです。夏はまだ陽が高いうちにお店が閉まっちゃいそうですね。

そしてもう一店舗は13番の交差点、ケンピンスキーホテルの隣に最近できた「シルデック」という学校の中。
haandelic4
看板が並んで立っているので、どこにあるのか不思議に思い、思い切って学校の扉を開けてみたら、なんとそこにありました。

メニューは他の支店と同じですが、ここは学校の学食も兼ねているようで、12時から1時過ぎのお昼の時間はテイクアウトのみの営業となるそうです。ここの店舗は月曜から金曜までが8:30から17:30、土曜日は9:30-17:30、日曜日はお休みです。

今度はあのブレックファーストメニューを目当てにブランチしに行こうっと♪

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

フブスグル旅行~アルハンガイの奇景とツァガンノール

アルハンガイのツェンヘル温泉で癒された翌日、この日は一日アルハンガイの奇景を楽しみながらツァガンノールまで移動です。
15huvsgulryoko21
これはイフタミル村にあるタイハルという名の岩。モンゴル人の間ではパワースポットとなっているそう。客引きに必死な男の子たちにほだされて、ついロバに乗ってみたり。なんだかんだ結構楽しめました。

さらに車を走らせるうちに、道沿いに巨大な渓谷が見えてきました。
15huvsgulryoko20

15huvsgulryoko51

15huvsgulryoko53
柵も何もないので、自己責任で崖っぷちまで近づくと、足のすくむような絶景でした。

次のポイントは「ホルギン・トゴー」と呼ばれる巨大カルデラ。そこまで山を登るときも目の前に絶景が広がります。
15huvsgulryoko26

15huvsgolryoko55
遠くに湖が見えます。

そうして山頂に現れたのはこれです!名前のとおり鍋のような巨大カルデラ。
15huvsgulryoko27

15huvsgulryoko28

15huvsgulryoko30
なんだかスケールが大きすぎてカメラに収まり切れません。
いやー、モンゴルにこんな奇景、絶景があったとは、びっくりしました。
大草原だけがモンゴルじゃないんですよ。

それから車を走らせて、夕方陽が落ちるころにやっと到着したのが、テルヒーン・ツァガンノール。
15huvsgulryoko31
光の関係でしょうか、湖面がまるで鏡のように白く輝いて見えました。なんだかとても幻想的な湖でした。
15huvsgulryoko32

次の日はフブスグル湖まで山越えの険しい道になるので、なるべく明日の走行距離を減らすため、湖をぐるりと反対側まで走ったところにいた遊牧民宅に宿を取りました。
15huvsgulryoko33
みるみる天気が変わって、嵐が来そうな空模様。
15huvsgulryoko34
でもツァガンノールから虹が出ていて、これまた幻想的な風景でした。

15huvsgulryoko36
夜はゲルの上に北斗七星が出ていました。見えるかな?
北の大地に広がる薄い草原で草を食むヤクの群れ、白く輝く湖と、透き通った空気。むき出しの大自然の中へ分け入っていく感じ。それでもここでたくましく生きる遊牧民たちもいて…。
明日は早く起きて、いよいよフブスグル湖に向かいます。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

日本人に部屋を貸したい大家さん

モンゴルは大の親日国。モンゴルで暮らす日本人の私たちにとって、親日国に住んでいるがゆえの恩恵を受けることも時々あります。家探しのときは特に、日本人であることを全面に押し出して交渉するのがグー。きれい好きで信頼できる日本人に家を貸したい、時に相場より安く貸してくれる大家さんも結構いるのです。

というわけで、いろいろと付き合いのある方々から、誰かうちの物件に住んでくれる日本人はいないか?と聞かれることも多々あります。

下の写真は、ウランバートルの町の中心ノミンデパートからすぐのアパートです。こちらはもともと2つのアパートをぶち抜いて一軒にしてしまっているので、トイレ&シャワールームが2つ、小部屋が4つか5つあります。日本人数人で住むシェアハウスでもよいし、オフィスとして使ってもよいと、大家さんは言っていました。是非、日本人に貸したいという強い意向を持っている人です。
sharehouse
小部屋の一例。

sharehouse2
キッチン。

sharehouse3
トイレ&シャワールーム。ボイラー付きです。

この他にも、町の中心からは少し離れますが、サンサル地区の新しいマンションのお部屋を、日本人に格安で貸したい!!という大家さんもいます。

興味がある方は、コメント欄から非公開モードでご連絡先などお知らせいただけましたら、詳細をお知らせできます。お気軽にご相談ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。