モンゴルで賃貸物件の探し方

モンゴルでは、日本のように不動産屋を介して物件を借りるということはほとんどありません。大家さんとの直接交渉となります。普通、敷金礼金といったものは必要ありませんが、大家さんによっては賃料の一ヶ月分ほどのデポジットを取る場合があります。一応、出るときに返ってくることになってますが、果たして本当に返ってくるかな?

大家さんとの直接交渉だけに、トラブル発生も後をたちません。大家さんのあたりが悪いと、一年分の家賃を支払い済みなのに、途中でトツゼン出て行けと言われたり、貸しておきながら売ってしまったという場合も多々あります。いやはや。怖いですね。そんなトラブルを少しでも回避するために、家を借りるときは賃貸契約書をちゃんと作って、それをнотариатという公証役場へ持って行き、正式な書類にしてもらうことをお勧めします。

賃貸物件には、家具つきのものと家具なしの物件があるので、自分の状況によって選ぶことができます。家具つきの場合は家具なし物件より高くなりますが、冷蔵庫や調理器具などの電化製品、物件によっては、テレビ、ベッド、ワードローブなど、ほとんどすべての家具がついています。もちろん家具つきといっているのに、行ってみたら冷蔵庫があるだけ、とかの場合もあるので、よくよく現場を見て大家さんと交渉する必要があります。

賃貸物件をどのように探すかというと、毎週火曜日と金曜日に発売されるクラシファイド的な新聞を購入します。
zarmedee
この2種類が割りと一般的です。仕事の情報や、売ります買います、貸します借りますから出会い系まで、ありとあらゆる情報が載せられています。一部1000tg(60円)。

zarmedee2
アパート賃貸というページに、一部屋、二部屋、三部屋と、大きさによって賃貸物件が並んでいます。外人向け、モンゴル人向け、と分けている新聞もあります。

ここのところ、家賃の値上がりが異常です。ウランバートルの都市部で平均40%の値上げと聞きましたが、実際には50%~60%以上値上りしています。今まで2部屋を2万円ちょいで借りていたのに、来期から3万5000円と言われました。他をいくつか見てみましたが、全体的に値上がりしているので大家さんたちは強気です。

これってバブルなんでしょうか…。それともインフレなのか。バブルなら早くはじけてほしい。。物価の上がり方が、庶民の生活水準とまったくそぐわない状況になってきています。モンゴルのGDP成長率が高いと騒がれていますが、一握りのお金持ちだけがどんどん成長しているだけで、貧しい人たちはさらに困窮し、貧富の差がますます広がっているようにしか思えません。国民全体の生活が底上げされていくことを願います。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR