スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草原に浮かぶゲル・リゾート「ハーンリゾートホテル」

モンゴルに旅行というと、草原のゲルに泊まって乗馬や星空を楽しむ…というイメージが定番ですが、次回のモンゴル旅行は、ラグジャリーな草原リゾート・ステイはいかがでしょう。

先日、ハーンリゾートホテル(HS KhaanResortHotel)という日本資本の高級ホテルを訪ねる(視察する?)機会がありまして。

モンゴルにこんな素敵なホテルがあったなんて~

と、わたくし、いたく感動してしまいました。

まずはこちら、レセプションから。
KhaanResortHotel_6

KhaanResort
ハイ、お気づきでしょうか。ゲルなんです。もちろん一般の人々が居住するゲルよりははるかに大きな特別サイズのゲルです。


「ホテルスタイルはモンゴル伝統のゲルを基調としたラグジャリーコテージタイプとリーフレットに書かれているとおり、宿泊する部屋はすべて個別のモンゴル・ゲル。レセプションとレストランも別棟になっているわけです。

レセプションのゲルを出て、宿泊コテージの一つを見せてもらいに行きました。
KhaanResortHotel_3
小さいゲルがエントランス部分になっていて、奥に進むと大きいゲルの中が居住空間になっています。

KhaanResortHotel_10
いかがですか~~。素敵でしょ~

KhaanResort2
大きな窓から眼前には“草原オーシャン”ビューが広がります。夜はソファでまったり星降る草原を眺めたり…。

KhaanResort3
そして、ゲルのど真ん中には、こんな素敵なバスタブーーぅ!!

KhaanResortHotel_8
その奥はベッドル~ム~~

KhaanResortHotel_2
ス、ステキすぎませんか?

KhaanResortHotel_4
ゲルの前からの見晴らしはこんな感じ。一棟一棟が贅沢なスペースで建てられています。この日はあいにく雨でしたが、雨の草原もしっとりしてて素敵でした。晴れていたら本当に雄大な草原オーシャンビューが楽しめるハズ!

さて、お次は敷地内の別棟レストランへ。
khaanResort10
外のテラスと

KhaanResortHotel_7
中にもこんな素敵なテラス席。

KhaanResortHotel_1
奥にはディナーの時間にぴったりのラグジャリーなお席もご用意されています。

今回、このレストランの日本人シェフの方と少しお話しできたんですが、モンゴルで手に入る食材でいかにおいしいものを作るか、ということに日々精進しておられるとってもパワフルな方で、在ウランバートル数年になる私たちよりもずっと色々なことを知っておられてびっくりしました。

ウランバートル中の市場を回って、あらゆる食材を自分の舌で確かめる、というものすごいガッツのある方で、ここで手に入る素材を最大限に活かし、いかにおいしい料理を作るかに情熱を燃やしておられます。白身魚のカルパッチョや根菜のスープとか、びっくりメニューがいっぱい。是非一度ここでシェフのこだわりディナーをいただいてみたいものです。

KhaanResortHotel_9
こちら、バーになっております。

KhaanResortHotel_5
インテリアもコーディネートも、モンゴルチックでありながら、かつモダン。どこからどこまでも素敵なこのハーン・リゾート。

さてはて気になるお値段は、、、

一棟(ツイン)一晩、夏のオンシーズンで69万7000tg=約4万円(朝食付き)なり。ディナーは別で、先ほどのレストランのメニューを垣間見たところ、フレンチ・イタリアンのコースで、たしか5000円くらいから。(詳しくはHPをご参照ください)

さあ、これを高いと見るか安いと見るか・・・。

ロケーションは、チンギスハーン空港からウランバートル市内とは反対のダルハン方面へ車で40分ほど。ウランバートルの込み合った街中を通らずに、空港からそのまま青い草原に浮かぶゲル・リゾートへ直行できるのもニクイところ。おまけにスタッフも全員日本語OK!!

オーナーが場所選びに1年以上かけたというだけあって、まさしく日本人がイメージするモンゴルの青い草原に浮かぶ夢のリゾートです。

あーー是非一度、プライベートで行ってみたいわーー

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。