スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルのヘアサロンでパーマ

さて、おしゃれなモンゴル人たち、街中には当然、ヘアサロン、ネイルサロン、エステ、フェイシャルまで何でもひととおりそろっています。

今日はヘアサロンのお話を少々。
MongolianHairSalon
こちら、私の行きツケ(といっても2回行っただけですが)のヘアサロン。お店の名前もまんま HAIR SALON と大変わかりやすい。

場所は、サンサルのトンネルの上、サンサル・スーパーのお隣で、カラオケやお店などが集まる「コ」の字型の一角にあります。
MongolianHairSalon3
お店の中はこのようになかなかスタイリッシュな雰囲気。

モンゴル語で美容院・床屋はどちらも区別なく「ウスチン」といいます。「ウス」が髪の毛、「チン」が「~する人」という意味で、合わせて「ウスチン」つまりは美容師・理容師、またはそのお店を指します。ま、たしかにこの店構えだと「ウスチン」というより「HAIR SALON」と銘打ちたくなる気持ちもわかりますな。

さて、私はここのとこショートヘア全体に細かくかけるパーマヘアが定番。前回もパーマをかけてもらって割りと気に入ったので、同じ「ウスチン」の「オトゴンさん」を指名。

「こないだのパーマを」と注文すると、無愛想にうなずいて、私の肩周りをやっと覆うくらいの小さいカバーを首に巻いてくれた後、ドンとひざに置かれたのがコレ↓
MongolianHairSalon2
なんと、ロットが木なんですねー。これに紙をまかずに直に髪を巻いていくんです。別のヘアサロンでは普通のプラスティックのロットだったような気がしますが、友人が行った他の美容院では、ほんとにその辺で拾ってきたような木(小枝?)のロットだったとか。パーマ液の保持力?がいいんでしょうかねぇ。

まー、でも衛生面から言うと、どうでしょうか、、たぶんたいして洗ってないような感じもしますが…。ま、その辺はあまり深く考えないでおきましょう。

MongolianHairSalon4
で、こちらのお店で使っているパーマ液はこちら。韓国のものだそうな。朝鮮人参エキス入り?? でもこないだかけたパーマもちがすごく良くって、髪にもいい感じだったので気に入ってリピートしたんですよね。この韓国のパーマ液と相性がいいのかな?

気になるお会計はパーマ代として12000tg(約750円)、+パーマ液を落とすときにシャンプーしたからって洗髪料1000tg。え、それも加算されるのかー?と内心思いましたが、合計800円ちょいですから文句は言えません。

パーマの料金は髪の長さで変わるそうで、もう少し長いと18,000tgとか言ってました。私は「こないだ1万2000tgでしてくれたよね?」とのっけから値段交渉から入ったので前の値段のままでしてくれたのかもしれません。昨今何でも値上がりしてますからね。

今までカナダやオーストラリアなどで美容院に行きましたが、まっすぐでサラサラしたアジア人の髪をうまく扱えるのはアジア人美容師なんですよね。よく中国人美容師とかのとこへ行ってました。モンゴル人の美容師さんたち、なかなか上手な感じがします。最近、「モンゴル人美容師がアジアカップで優勝(byモンゴル最新ニュース)」したそうですしね。

ちなみにこのHAIR SALONではまだパーマしかかけたことなくてカットはしたことないんで、オトゴンさんのカットの腕前はどの程度かまだ不明。

後頭部にボリュームをもたせて首筋はすっきりさせるショートカットなら、ウランバートルデパートの道を渡った向かい側、小道をちょいと入ったところにある「Happy」という美容院の「ツェギーさん」がオススメです。ここはカットが8000tgでパーマは2万tgちょいだったかなー。ドイツのパーマ液使ってるって言ってました。今はもう少し値上げしたかもしれません。

どうです? モンゴルで髪を切ったりパーマをかけるのも悪くないでしょ? 意外とお値段以上の仕上がりを期待できるかもしれませんよ。

ただし、日本のヘアサロンのような極端に洗練されたサービスは期待してはいけません。日本のヘアサロンは、あの非日常的な雰囲気が気分転換にはなりますが、逆になんか気使って疲れたりしますよね。美容院に行くときは何を着ていこうか(最初のぱっと見でいろいろ判断されそうだから)、美容院のドアをどんな風に開けようか、そんなところから気をもんでしまいます。

その点モンゴルは楽と言えばらっくらく。むしろヘアサロンに行くときは汚れてもいい格好をしていくことをオススメします。椅子に座ったら髪の毛だらけ(もちろん床は言うまでもなく)、肩しか覆わないカバーで、パーマ液やらいろんなものが飛んで洋服につくこと間違いなしです。暇な美容師たちは隣の椅子で寝てたり、お茶を飲んだり、実にリラックスして好きなよーーにしています。

私の担当オトゴンさんも、パーマ液つけた後「じゃ、これで15分ね」と言い放ち、コートを羽織って出て行ってしまいました。15分ちょい放置されて、本当にちゃんと戻ってくるんだろうか…と不安になったころ戻ってきてくれましたが。

ま、この肩ひじ張らないところがモンゴルのいいところです。
Be yourself!

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして

コメントありがとうございます。細かいことを気にしないならモンゴルも意外といろいろ楽しめますよ。ただしモンゴル語ができないと美容院などはちょっと厳しいかもしれません。まぁ通じないなりにどうにかこうにかコミュニケーションするという楽しさも旅の思い出のうちではありますが。
公共のバスは、運転が荒いのと乗客の中にスリがいたりするので、そういう点さえ注意していれば普通に乗車可能と思います。ただ路線案内や時間割など、旅行者向けにはなっていないので、そういう情報を入手するのが困難かもしれませんね。

No title

お返事ありがとうございます。やっぱりモンゴル語に堪能でないと美容院は厳しそうですね。美味く伝わらなくいて思いもよらないヘアスタイルにされたら困っちゃいますしね(笑)
バスは気を付けていれば普通に乗車可能なんですね!ガイドブックにはモンゴル人でも避けるほど車内の治安が悪いと書かれていたので心配でした。ただ、スーツケースを持って乗ると、明らかに観光客丸出しなので空港からの移動はタクシーにした方が賢明かもしれませんね。

プロフィールにシドニーにもトロントにも住んでいたと書かれていて、グローバルな人生で羨ましいです!!私もこの2カ国で少しだけホームステイしたことありますが、やっぱり海外生活は刺激的で楽しいですよね!

これからブログちょこちょこ覗かせてもらうので、仲良くして下さいね。
モンゴルのこと色々教えてくださいm(__)m
プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。