モンゴル人の記憶力

先日、NHKで記憶術の話をやっていて、トランプ52枚の並びを数秒で覚えてしまうという人が出てました。いやはや、ヒトの脳ってほんとにすごいっすね。自分の脳にもこんな潜在能力があるんでしょうかねぇ。。にわかに信じられませんが。。

さて、モンゴル人も瞬発力というか運動能力というか、生きるための本能というかなんというか、のほほーんと純粋培養された日本人がはるか昔に失ってしまったような能力に長けているような気がします。

たとえば彼らの記憶力。色んな人の電話番号を結構さくさく覚えてるんですよねー。携帯電話に登録すりゃいいのに、たいてい登録してない。でも番号見て、あ、誰それだってすぐわかるらしい。たとえば998124みたいな番号があったら、99(きゅうじゅうきゅう)81(はちじゅういち)24(にじゅうよん)みたいに二桁づつの数字にして覚えるんですよ。

誰かに電話番号を聞くと、よくその場で「はちじゅうはちのさんじゅうよんのー」とか即答してくるんで、あー、ちょっと待って待ってーと、こちらは慌ててメモることになります。

ま、確かに携帯電話とかなかった時代は、人の電話番号を語呂合わせして一生懸命覚えてましたよね。あぁ、なんかそんなアナログだった時代が懐かしい…。使わなくなった能力はすぐに廃れてしまうんですなぁ。

そいうい意味でやっぱりモンゴルでは、超荒い運転のバスの中でバランスを保つ運動能力、往来の激しい道を歩く際の瞬発力、スリや泥棒から身を守るための防衛本能みたいのを、常にビンビンに働かせていなければならないので、一時も気を抜いている暇はありません。皆さん、生命力が研ぎ澄まされているのもうなずけます。

あ、あと話しが少しそれますが、モンゴル人は携帯電話の番号にこだわる人が結構いて、この番号持ってたら買います、みたいなメッセージが携帯電話に入ったりします。数字で縁起担ぎたい人が多いんでしょうかね。

例えば、モンゴルで最初の携帯電話の会社がMobicomというんですが、Mobicomの電話番号は 99 から始まるんです。モンゴル人「9」という数字基本的に好きです。で、例えば9911といったMobicomの初期の頃の番号や、9911-9911など初期でかつ語呂が良いとされる番号が、なんと1000万tg(約60万円)かそれ以上に高騰し取引されているとか。初期の番号を持っている人は主に金持ちの人たちで、金持ちが使っている縁起のいい番号を持てば、自分も金持ちになれる、とかそういうことらしいです。

日本で電話番号にここまでこだわることってありますかねぇ。車のナンバーだったらお金だして覚えやすい数字を選ぶ人はいるかもしれませんが。

ちなみに、モンゴル人はIQで世界5位というニュース読みました。少なくとも彼らの記憶力を見ると、ちょっと納得…? でもここまでして縁起を担ぐところはちょっと…???

ま、IQと記憶力と縁起を担ぐことと、どの程度相互関係あるのか分かりませんが。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

モンゴル人のすごい能力

リンクありがとうございます。
「モンゴル最新ニュース」のBFM LLCです。

モンゴル人の記憶力の良さには、本当に驚かされますよね。

私がいつも驚くのは、人や家畜の個体認識力!!

草原の牧民さん家庭にお邪魔した時にいつも感心するのですが、
彼らは家畜の模様や顔つきなどの特徴から、1頭1頭を覚えているのですよね。
それに、牧民さんに限らず都会の人でも、
家畜が人間に置き換わっただけで、顔認識力はものすごいですよね。

私と以前会ったことのある人が、街で偶然すれ違ったときに、
声をかけてくれたりするのですが、私は人の顔と名前を覚えるのが
苦手でして、相手に調子を合わせて挨拶はするのですが、
やはり思い出せなくて、「今の誰だったかな?」
ということがよくあります(苦笑)。

今後ともよろしくお願いいたします。

Re: モンゴル人のすごい能力

コメントありがとうございます。貴ブログはいつも興味深く拝読させて頂いている貴重なニュースリソースです。
確かに、親戚の数とかも半端ないですからね。親戚姻戚縁者、よくそんなに覚えていられるなというほど、親戚ネットワークが広いですよね。「顔認識力」ですか、なるほど納得ですね。
こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR