スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴル帰還とウランバートル空港案内

本日、お昼前到着のAirChinaで無事戻りました。人口13億の中国に比べて、上空から眺めたUBチンギスハーン空港周辺は、ほんと木も何もない殺伐とした眺めですね…。なんかどこか知らない惑星に不時着するような気分でしたよ。イミグレーション横のスポーツスタジアムが窓からちらりと見えてやっと、あ、よかったちゃんとUBだ、とちょっとホッとしました(笑)。

旅のほうは、兎にも角にも楽しくおいしい6日間でした。旅のレポートはまた後日したいと思います。

今回ウランバートルから北京行きの飛行機が、15時半発が遅れに遅れて21時発だったですよ!! 悪天候のためとか言ってましたが、天候なんか全く問題ない感じだったのに…。朝雪がうっすら積もってたのでちょっといやな予感はしたんですが、問い合わせずに空港まで行って、がーーーん

この何もない空港で6時間も時間をつぶすなんて到底無理! と思って、一度家に帰りました。AirChinaのオフィス(といっても空港内の小部屋)のお姉さんに交渉して、スーツケースは預かってもらって(もちろんタダで)バスに乗って帰りました。

いつも空港に行くときは知人にタクシーを頼むのですが、今回は荷物も軽いし、安く行く方法を探ってみよう! ということで、サンサルのトンネルのバス停から38番のバスに乗って橋の向こうのツァガンハールガまで行き、そこからタクシーを拾って5000tgで空港まで行けました。バス代400tg+タクシー5000tg+空港への入場料500tg、計5900tgで行けたわけです。タクシーだとうちから2万tgかかるので(プラス空港入場料500tg)、まあちょっと節約になりますね。といっても日本円にするとハシタ金の話なので、あくまでもtg表記でいきます(笑)。

もっとがんばれば、ツァガンハールガからタクシーに乗らずに11番のバスに乗って行けば400tgで済んじゃいます。でも空港行きって書いてあるくせに、空港から300mくらい離れた住宅地に止まるんですよねー。そこから土のでこぼこ道を歩かなければならないことを考えると、お金はないけど体力だけはあるバックパッカーな人くらいにしかお勧めできませんが。ま、私たちスーツケースを預けた後は、この方法で家まで帰ってまた空港まで来ましたけどね。せっかく節約して行ったのに、2度も往復するハメになるなんて…

こんなこともあるので空港に行くときは、フライト案内「1980」に電話して確認してから行きましょう。運が良ければ英語も通じます。人を迎えに行くときなども、そのフライトがほんとに何時に着くのか確認してから行くのが賢いモンゴル・ライフです。前はちょいちょい確認してたんですけどね…怠ったときに限ってコレですよ。

ちなみに今日の家路は、空港で呼び込みしていた運ちゃんに交渉して18000tgで家まで帰りました。最近メーター付のちゃんとしたタクシーもあって、サンサルのフラワーホテルに止まっていたタクシーの運ちゃんに空港までいくら?って聞いたら18000くらいと言っていたけど、前にたいした距離乗ってないのにすごい高かった印象があるので、メータータクシーをやや敬遠している私。合意した値段で行ってもらえる白タクがむしろ気楽なような。

とにかく今回は、自力で空港往復する方法がいろいろ分かってかなりの空港ツウになりました。そしてフライト確認もお忘れなく

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日私も、イミグレーションに行く用事があり、11番のバスで空港のあたりまで往復しました。お昼前の時間帯でもあり、郊外へ向かうのだからだんだんすいてくるのではと高をくくっておりましたら、どんどん混んできてビックリいたしました。次回は空港へも利用しようかと思っておりましたが、かなり手前で止まってしまうとのこと。有益な情報をありがとうございました。

No title

正確には空港の手前ではなく、空港の車が入るゲートを通り越して50メートルくらいの交差点を右に曲がったところで止まります。そこが空港への最寄のバス停です。ちょうどイミグレーションに行くときに通りのバス停から歩きますよね。そんなくらいに歩いて空港へ到着できます。スーツケースがあるとちょっと厳しいですね。

新UB脱出ルート

七月からMongolianairが羽田便を運航するらしいですね。時間が微妙ですが、週3便とのことですよ。
http://www.mongolianairlines.com/timetable

Re: 新UB脱出ルート

へぇ羽田便ですか。それは初耳でした。最近日本-モンゴル間のフライトが増えるとかの情報よく耳にしますが、そんなに需要があるんでしょうかね。なんにしろ個人的には羽田便助かります。情報ありがとうございました。

羽田便

コメント失礼致します。m(__)m いつもブログ楽しませて頂いております。
モンゴルは個人的にも、仕事的にも興味があり、現地の生の声を
聞ける(?)ので参考になります!
羽田便!!便利になりますね~、きっとこれで行きます!(笑)

P.S メール拝受致しました!こちらのメールは届いていないみたいですね。(汗)

Re: 羽田便

メール受け取りました。ありがとうございます。
是非一度ウランバートルお越しください。お待ちしています。
プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。