スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校は戦場

モンゴルの子どもたちって、ほんとに手に負えない…と思うことが多々あります。

ちっちゃくてかわいい1年生や2年生は、ピーピーやかましいし、4年生5年生は、うっきゃ~という感じにうるさい。7年8年生のほうが今年はまだ扱いやすい。注意しても静まるのは一瞬。またすぐ騒がしくなって、いすから立ったり、隣の子とがちゃがちゃ始めたり、もう…どうにかしてくれぇえって感じです。

一つ、前の職場だった学校での逸話をご紹介しましょう。

コトが起きたのは、普段から私が最も手を焼いていた8年生вクラス(←モンゴルではА→Б→Вという順で、成績順にクラスが分けられているケースが多いデス。つまりこのクラスはっきり言ってワル

一人の男の子がふざけて、前に座ってる男の子の結んだちっちゃい髪の束をはさみで切るふりをしたらしいんです。そうしたらその子、本当に髪の毛を切られたと思ったのか、ふざけていた後ろの子をボコボコ殴り始めた!!

私も気づいて「やめなさーーーーい!!」と叫んだのですが、そんな制止むなしく、暴走している彼は最後になんと、その子の顔面を思い切り殴ったんです。その子は眼鏡をかけていました。眼鏡がパーーンとはじける音がして、殴られた子はうごめいて顔を覆いました。

次の瞬間、その子が苦しそうに顔を上げると、顔から真っ赤な血がダラダラとしたたってるではありませんか!!!!

私は「きゃあぁぁ~~」と叫んで、思わず顔を覆ってしまいました。血はかなりの量で、机や床も血だらけに…。男の子たちは「お前やりすぎだぞ!」とたしなめるも、殴った子は憮然。殴られた子は顔を覆いながら保健室に走り…教室は騒然。血だらけの教室に残された私はボーゼン…

結局、殴られた子は顔を切っただけで、目の中にガラスが入ったりはしていないとのことでやや安堵。でもほっぺたはかなり深く切った様子で、この後病院へ行って縫うと言っていました。殴った子の母親がやって来て校長先生の立会いのもと私も状況説明をしたりと、もうなんかすっかり疲れました。。。

ったく、なんで私の教室でこんなスプラッターな事件が起こらなきゃなんないの~

このとき、あの朝青龍暴力沙汰事件が私の脳裏に浮かんだのは言うまでもありません。思えばあの時も、顔面がっつり鼻折るような殴り方してましたよねぇ、彼。これがここのケンカの流儀なんでしょうか。。

そんなわけで、"ちびっ子朝青龍”がいっぱいのモンゴルの学校は、毎日が戦場です

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。