一年で最も寒い9日間の始まり

モンゴルには、12月22日の冬至から9日づつを9回数えると暖かくなる、という言い習わしがあります。9という数字はモンゴル語で「ユス」と言うので、この9日間のこともユスと呼ばれています。最初のユスは12月22日から30日まで、2番目のユスが31日から1月8日まで、3番目のユスは1月9日から15日まで、と9日間づつ数えていくと最後の9番目のユスは3月1日まで、となります。

そして各ユスごとに寒さの度合いの言い習わしがあります。

最初のユス:普通の酒が凍る
2番目のユス:強い酒が凍る
3番目のユス:3歳の牛の角が凍る
4番目のユス:4歳の牛の角が凍る
5番目のユス:炊いたご飯が固まらない(?←要確認)
6番目のユス:道の氷が溶けてくる
7番目のユス:山の氷が溶けて山が茶色になる
8番目のユス:太陽が黄色になる
9番目のユス:暖かくなる

そして、最も寒くなるのは3番目のユスだそうです。1月9日の今日からこの3番目のユスが始まりました。この言い習わしにたがえず今日はバシッと寒い一日でした。幸いあまり遠出はしなかったのですが、職場の行きかえりに10分ほど外を歩いただけで、顔が凍てついてきて鼻が危ない感じになりました。(←鼻が凍傷になりそう、という意味)

いよいよ人や家畜の生命を危ぶむ極寒ウィークの到来。実際モンゴルでは、毎年冬の寒さで家畜が死に、生き残った強い家畜のみが春に次の世代を残す、という厳しい自然の掟があります。寒さがあまりに厳しいと多くの家畜が死んでしまうので遊牧民にとっては死活問題。毎年この冬がどれくらい寒くなるのか、モンゴル人みんなの口に上る話題の一つです。

日本でも冬至、大寒、立春、といった昔ながらの季節の呼び名がありますもんね。3番目のユスはこの二十四節気で言う「小寒」つまり「寒の入り」といったところでしょうか。

九つのユスを数えて春を待つ。
極寒の冬を生きるモンゴル人たちの春待ち数え詩。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR