スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大草原の小さな家でのワイルドな暮らし

14arhangaimar15
大草原の小さな家。この家は電気も太陽光のバッテリーのみ。携帯電話を充電するのも昼間に限られます。ためておいた電気で夜に小さなあかりをともしたり、テレビを見ることはできていました。

それに加えてこのお宅にはトイレがないのでした。家の囲いを出て見渡す限りの大平原、どこでもOK!とのこと。どこでも良いと言われると、それもなかなか難しいもので。特に馬乳酒を飲んだ後、おなかがピーとなったときに、走っていける決まった場所があるほうがよっぽど助かるのですが…。大草原の生活はなかなかワイルドです。

さて、乳製品づくりに大忙しのお母さんの話をしましたが、お父さんだって少しは働きます(笑)。今回訪ねたお宅のお父さんはなんと76歳。モンゴル人の平均から見るとかなり長寿ですが、シャキシャキしています。家畜の大半は息子たちに譲って、悠々自適な隠居生活を送っています。
14arhangai5
家のすぐ裏を流れる川辺で私たちが休んでいると

14arhangaimar
遠くから家畜の大群がやってきました。

14arhangaimar3
見ると、お父さんがもう一人の男性と二人で、家畜の群れを川辺に集めているのでした。

14arhangaimar2
私たちも加勢して家畜をぎゅうぎゅうに集めました。圧巻ですね。

すると、馬上から家畜を品定めしていたお父さんが、もう一人の男性に「あの羊を捕まえろ!」と叫びました。狙われた羊は逃げ回り、群れは一時騒然となりましたが、ほどなく男性に取り押さえられました。
14arhangaimar4
捕まえた羊を2人がかりで馬上のお父さんに渡します。羊は諦めが早く、もうされるがままです。

14arhangaimar5
羊を抱えたまま、お父さんは馬で家の方へ去っていきました。
なるほど、羊を選んで捕まえるために、家畜の群れを川辺に追い込んだわけです。
14arhangaimar6
用事が済んだ家畜たちは、また何事もなかったかのように草原に戻り、草を食んでいます。

捕まった羊はと言えば…
14arhangaimar7
こうなって
14arhangaimar8
こうなりました。
こうやって家畜の命をいただいて、私たちは生きているんですね。

羊をつぶすとお母さんはまた大忙しです。内臓を取り出してきれいに洗い、大鍋でぐらぐらと煮ます。まずはその臓物のスープをいただきます。もちろん、かなりワイルドな肉食系スープです。
14arhangaimar11
これは心臓、こっちは肝臓、と説明しながら切り分けてくれました。夕刻、近所の牧民たちが集まってきて、この臓物をみんなで食べていました。
14arhangaimar12
次の日、お母さんがそのお肉でボーズを作ってくれました。やっぱり新鮮なお肉はおいしい!!

14arhangaimar13
天井から肉をつるして乾燥させ、干し肉を作ったりもします。

14arhangaimar10
そんな風に日が暮れた後、今日は星空がさぞきれいだろと思いきや

14arhangaimar9
真ん丸の大きな大きな月が草原に顔を出しました。夜になって空へ高く上るほどに、さんさんと光を放っています。星はほとんど見えませんでした。後で聞いたところ、この日は「スーパームーン」と呼ばれ、一年で月が最も地球に接近する日だったそうな。

草原を白くうつし出しながら、夜空を我が物顔に君臨する月の女王。月光に照らされた草原もまた神秘的で、忘れられない月夜となりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スーパームーン

モンゴルのお母さん達、本当に働き者ですよね~!
干し肉もおいしそうですッ。
スーパームーンですかァ、数年前、キャンプでこんな月がでて、あまり明るいので真夜中にもかかわらず懐中電灯なしでトイレに行ったことがあります。
やっぱりその晩は、明るすぎて星が全く見えませんでした。
あれはスーパームーンだったのでしょうか??

Re: スーパームーン

そうかもしれませんね。
モンゴルできれいな星空を見るのは意外に大変です。よっぽど運よくいろいろな条件が重ならないとだめですね。私も今まで後ずさりするほどの素晴らしい星空を見たのは、南ゴビの田舎へ行ったときの一度きりです。
プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。