アルハンガイへ遊牧民を訪ねる旅

モンゴル人の友人に誘われて、アルハンガイに住む遊牧民の家庭を訪ねてきました。

アルハンガイ県はモンゴルで最も美しいといわれる場所の一つです。緑に輝く広大な草原、雄大な景色、豊かな大地。そして、モンゴルの草原で自由自在にたくましく生きるマルチン(家畜を飼う人)の生活を垣間見、体験することもできました。

旅の細かい話はまた次回にして、今回は、そんな雄大な大自然から、ほんの少し切り取ってきたアルハンガイの美しい風景をお楽しみください。

14arhangai15

14arhangai2

14arhangai3

14arhangai4

14arhangai8

14arhangai7

14arhangai6

14arhangai5

14arhangai9

14arhangai14

14arhangai11

14arhangai12

14arhangai13

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

思い出

はじめまして。写真と文を分けた掲載は気が利いてますね。写真だけ見ていて、1979年にアルハンガイをGAZというトラックで旅したことを思い出しました。当時のことはいちいちは覚えていないんですが、UBとはまったく異質な空気、におい、温度などの、つまり感覚ですね。無機的な世知辛い生活に追われているとこういう体が開放されるような感覚を楽しむことがありません。ありがとう。文のほうも期待していますよ。

Re: 思い出

コメントありがとうございます。
1979年とはすごいですね。社会主義の真っ只中でアルハンガイまで行かれるなんて、普通の人はできない体験ですね。その頃と比べたら、きっとモンゴルはすっかり変わってしまっているでしょうけど、こんな大自然の風景は同じであり続けてほしいものです。
プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR