モンゴル国立オペラの実力

ウランバートルはスフバートル広場の横に、モンゴル国立オペラ・バレエ劇場があります。
14opera2

意外に思われるかもしれませんが、ロシア文化の影響を強く受けているモンゴルでは、オペラやバレエもメジャーな文化芸術の一つなのです。

14opera3
チケットブースの横には、その月の上演演目が掲載されています。私も以前に見に行きましたが、チャイコフスキーの白鳥の湖や、プッチーニのラ・ボエム、モンゴル人作家ナツァグドルジの「悲しみの三つの丘」という演目もあります。

14opera
中はこじんまりとした劇場です。モンゴル人より外国人が多く来ているような。

14opera4
天井のシャンデリアが素敵です。

今回は、東京でしょっちゅうオペラを見に行っている大のオペラファンの方と一緒に、プッチーニのラ・ボエムを見ました。一番高い席でも15000tg(約800円)。数日前に劇場に行ってチケットを購入しましたが、まだ座席はガラガラ。真ん中の好きな席を選ぶことができました。

果たしてモンゴル国立オペラの実力はいかに??――

14opera5
「ラボエム」上演後の舞台挨拶。

そのオペラファンの方が言うには一流だと。確かに、主役のソプラノ女性の声も素晴らしかったですし、バス、テノールの男性陣もなかなか威風堂々とした歌いっぷりで迫力満点。オーケストラもよかったです。私も大のオペラファンというわけではありませんが、日本やヨーロッパで何本かオペラを見たことがあります。これだけのオペラを1000円弱で見れるなら、ここでたくさん見ておくのがお得です。以前ここでバレエ白鳥の湖を見たときより、今日のオペラの方がぐっと満足度高しでした。

国立オペラバレエ劇場の情報はコチラ(英語)で確認できます。今年の秋から冬にかけては、バレエ「スパルタクス」や「ジゼル」、オペラ「蝶々夫人」、「リゴレット」など、魅力的な演目が満載です。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めてモンゴルへ行った頃はこのかわいらしいオペラハウスでは、
オペラはほとんど上演されていませんでした。
最近はこんなに上演回数が増えたのですね。

毎年7月と9月にそちらへ行っていますが、
残念ながら、スケジュールでは8,9月はオフ。
来年の7月は馬だけでなくオペラの楽しみも増えました。

素敵な写真のおかげで、中の様子が拝見できました。
有難うございました!

Re: No title

次回は是非オペラもお楽しみください。
こじんまりとしたかわいらしいオペラハウスです。
プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR