ドラえもんはモンゴルでも大人気

ドラえもんはここモンゴルでも子供たちに人気のアニメです。
MN25というチャンネルで平日の17時半から、おそらく毎日放送されてます。もちろんモンゴル語吹き替えなので、ドラえもんものび太もみんなモンゴル語を話していて、なかなか笑えます。字幕でモンゴル語も表示されるので、モンゴル語の勉強にもなります。

ただ、長年大山のぶ代さんのドラえもんに慣れ親しんできた私にとって、モンゴルのドラえもんの声はかなり微妙で笑ってしまいました。しかも、うわさではモンゴルの番組では声優が何役かを兼ねるそうで、そう思って聞いてみると、ドラえもんとのび太の声が同一人物なのか?という感じもしました。

アメリカでも、放映権取得から30年を経て、やっと今夏からドラえもんがディズニーの子供向けチャンネルで放送されるそうです。
ドラえもん、ディズニーのチャンネルで全米放送へ のび太は「ノビー」

アメリカでは、のび太がノビー、ジャイアンがビッグGと、アメリカ風になるらしいですが、モンゴルではキャラクターの名前はみんなそのままだったような。

ただ、私が見たときの放送では、ドラえもんがどら焼きのことを「жимстэй боов」=果物入り菓子パンと言ったんです。これには笑いました。でも「ドラヤキ」という言葉を知っている子供もいるので、漫画ではそうなっているのでしょうか??学校でも子供たちに「ドラえもんが好きなドラヤキってどんな食べ物?」と質問されるくらいなので、今モンゴルで「ドラヤキ」を売り出したら売れるんじゃないでしょうかね。

ちなみにアメリカ版ではどらやきは「ヤミー・バン」、どこでもドアが「エニウェアドア」だそうな。なんだかナウいですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR