スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルで日本語教育実習のススメ

モンゴルで日本語教師を始めて早や5年ほどになります。どうしたら子供たちに楽しく日本語を勉強してもらえるか、日本という国を興味をもって知ってもらえるか、頭をひねる毎日です。

ここモンゴルでは学校によっては小学校の低学年から日本語を教えている学校が結構あります。低学年からでなくても、中学一年生にあたる7年生から、選択科目で日本語を選べるようになっている学校も多くあります。

少し前にCECプログラムで来蒙された二人の学生は、日本語教師を目指す若きお二人で、外国人に日本語を教える実地経験を積みたいという希望をお持ちでしたので、午前中は、日本に行って働くことを目指す大学生・社会人が集う学校で、午後は小中学校で子供たちへの授業ができるようにアレンジしました。フリーの日は、その大学生たちが市内観光に連れて行ってくれたり、子供たちには折り紙や歌を教えたり、楽しい経験になったようです。

お二人とも教育実習のために他の国にも行かれたそうですが、モンゴルの良いところは、小さな子供たちが日本語を学んでいる現場に携われることだと言っていました。他の国ではやはり大学生や社会人が主で、モンゴルのように小中学校の学校で日本語を教えられるところは、あまりないそうです。
Japaneseteacher
小学4~5年生のクラスで日本語を教えている様子。

Japaneseteacher2
1年生から日本語の授業を行っている小中学校にて日本文化紹介。

CECのこちらのページに、お二人のレポートが載せられていますのでご覧ください。

最近テレビ番組などでもよく取り上げられているようですが、モンゴルは親日の国で日本好きの人が多いです。日本語教育に意欲的に取り組んでいる学校も多く、日本人を歓迎してくれます。アジアでありながらもヨーロッパやロシアの文化もブレンドされた興味深い国モンゴルで、日本語を教えたり、日本語を学ぶ子供たちと交流してみませんか?

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。