ウランバートルからエレン~フフホト経由で上海へ!

11月の最初の週は学校の秋休みです。この休みを使ってウランバートルから上海へ行ってきました。ウランバートルから上海へは直行便も飛んでいるらしいのですが、AirMarketで尋ねたところ約100万tg。この値段を払うなら、あともう少し追加して日本に行きたくなってしまいます。

どうにかもう少し安く、そこそこ効率的に上海に行く方法はないものか・・・。考えたあげく、陸路と空路の組み合わせで行くことにしました。
ウランバートルからフフホトまでを陸路で、そしてフフホトから上海は空路でというルートです。ウランバートル-フフホト間の陸路移動はまる一日かかりますが、途中の町々も楽しめますし、陸路での国境超えも体験できます。そしてこのルートだと、ウランバートル-上海が往復で2万5000円以内でおさまります。

では今回の上海までの道のりをご紹介しましょう。
Shanghai1-9
まず、旅の始まりはウランバートル駅。17時50分発のザミンウド行き夜行列車に乗って中国国境の町まで行きます。翌朝早朝にザミンウド到着。

Shanghai1-12
ザミンウド駅に降り立つと到着プラットフォームは砂地。(単に自分が乗った車両がプラットフォーム外だったということですが)砂漠に続く線路が旅情ロマンをそそります。

Shanghai1-13
ザミンウドはこんなかわいらしい駅舎。

Shanghai1-18
しかし駅舎の向こう側には国境越えのバスが今にも発車する勢いで待っています。国境ゲートまでなるべく早く到着するためです。国境ではゲートが開くまで3、40分バスの中で待ちました。トイレはバスに乗る前に必ず済ませておきましょう。

Shanghai1-11
イミグレを通過する際に、中国元で5元の券を買う必要があるので、最初から元を持っていないとまずいです。いかめしい警察官のチェックなどありましたが、無事スタンプを押してもらって出国です。建物の反対側に出ると、そこは中国~。

Shanghai1-10
朝10時ころにはエレンホトのバスターミナルに到着。降りたとたんカウンターでフフホト行きのバスチケットを購入。フフホト行きは1時間おきくらいにバスがありました。95元で所要時間は6時間弱。ちなみに、ウランバートル-エレンは、列車と国境越えバスの往復チケットをウランバートルで買いましたが、4万5000tg=2500円くらい。安いです。

Shanghai1-1
エレンもなかなか大きな町です。モンゴルの市場で売られているものの多くはここから仕入れされています。何でも安い!!というほどではありませんが、やはりウランバートルでは見当たらない掘り出し物もあります。私たちは冬のブーツをお手ごろで買うことができました。

Shanghai1-6
エレンでおいしい中華を食べて昼過ぎにフフホトへ出発。見渡すかぎりの大地をバスは走ります。もちろんモンゴルと違ってどこまでも舗装道路ですので快適快適。

Shanghai1-4
これはフフホトの内モンゴルTV局。フフホトは大開発が進行中らしく、とてつもなく巨大な新駅舎や、マンション群が雨後の竹の子のように乱立していました。いやぁ、チャイナマネーすごいっすね。

この後、フフホトから上海へ飛行機で向ったですが、上海のお話しはまたあらためて。上海からの帰りは、フフホトからエレンまでバスでなく夜行列車で帰りました。夜行列車は85元前後。
Shanghai1-3
夜9時過ぎのフフホト駅。中国らしい光景です。

Shanghai1-5
フフホト駅構内の丸天井にはモンゴルちっくな絵が。

Shanghai1-8
プラットホームにはフフホトからウランバートル行きの国際列車が止まっていました。これに乗っていったら楽だけど、高いんだろうな~。

ちなみに、フフホトから夜行列車に乗るとエレンには翌朝5時半くらいに到着してしまいます。まだ真っ暗です。エレンの駅舎は列車の到着時だけ開いて、人が引けると電気が消され真っ暗になり、駅で時間をつぶそうと思っていた私たちはまだ暗い町へ追い出されてしまいました。困ったあげくに向った先はKFC。6時からオープンで助かりました。
Shanghai1-7
中国スタイルの朝餉をいただきました。砂糖たっぷりの温かい豆乳、揚げパンに春巻きにお粥。あ~、こんなにKFCがありがたいと思ったことはありません。

Shanghai1-2
ちなみに、エレンのケンタッキーは、英語、中国語、そしてモンゴル縦文字でも書かれています。エレンもフフホトも看板には必ずモンゴル縦文字が併記されていました。でも内モンゴルの学校では、ほとんどモンゴル縦文字を教えていないと聞きましたが。読める人、いるのかな?

エレンはモンゴル語が通じてほっとしました。フフホトでも運よくモンゴル語がちょっとわかる人に出会ったりしてホテルを探すことができました。ホテルの受付で「チェックアウト」という英語すら通じないので参りました。中国を旅するなら最低限の中国語も勉強しないとだめですね。

では次回は上海へ突入ですー。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR