スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏の始まりと「GreenTeaFarm」

本日のウランバートル、気温24度。今年はいきなり一挙に夏到来という感じ。こんな極寒のモンゴルでも、初夏の到来は日本と同じタイミングってのがすごい。今頃、日本はゴールデンウィークの真っ只中か~。五月晴れ、五月雨、風薫る・・・5月にまつわる日本語も、やはりまた美しいですね。


♪夏も近づく八十八夜

日本人なら誰しもが知っているこの曲。“八十八夜”とは、ちょうど今頃、5月の1日から3日あたりのことだそうです。今頃日本では茶摘の季節なんでしょうかね~。なんと風流な・・(涙)

この「茶摘」の歌にインスパイアされて、上原ひろみという若手ジャズピアニストが作曲した「GreenTeaFarm」という曲があって、私これが大好きなんです。彼女ほんとスゴイです。天才です。うらやましーー。いつか彼女のライブに行ってナマで聞きたい~。

ちなみに、茶畑のここかしこに設置されている扇風機、見たことありますか?地上から6~7メートルのところに暖かい空気の層があって、この扇風機でその暖かい空気を下へ吹き降ろすんだそうな。お茶の新芽に霜が下りるのを防ぐ、その名も「防霜ファン」というそうです。やっぱりこの時期は寒暖の差が激しいということでもあるんですね。

では、まぶたを閉じて、緑に染まる茶畑と扇風機を脳裏に浮かべつつ、望郷の念と共に、上原ひろみ「GreenTeaFarm」お楽しみください。



にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村


ちなみにこの「GreenTeaFarm」には、上原ひろみ自身が作詞した詞もあるんです。これがまた素敵なんですよ~(涙)。そしてそれを矢野顕子が歌っています。是非聞いてみたいという方は、矢野顕子「音楽堂」をどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。