スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎年恒例キムチ作り

去年に引き続き、今年もやりました手作りキムチ。2月上旬のツァガンサルの休みにかけて、韓国人の友人宅に大集合。
13Kimuchi6
今年は、ちょいとケチって、岩塩ではなく、モンゴルの湖の塩というのを使ってみました。でもこれも立派な自然の塩ですし、おいしくできました。お値段は岩塩の半額以下です。

13Kimuchi4
一晩、塩水に浸してしんなりした白菜。今回は白菜3玉半くらい。

13Kimuchi3
韓国の調味料をご紹介しましょう。真ん中と右はキムチ作りに欠かせないカナリ。ラベルの字が違って見えますが、どっちもカナリだそうな。左の大きいのは「みりん」だそうです。今回のキムチには使ってませんが、韓国のみりんあるんですねー。今度からこれを使おう。

13Kimuchi2
こちらはアミの塩辛。これもキムチの具に入れました。モンゴルでも買えるそうです。韓国ではこれで茶碗蒸しを作るんですって。

13Kimuchi
そして主役の唐辛子。左の袋にはハングル文字が書いてありますが、これは実は中国産。右のビニールの、ちょっとレンガ色っぽいのが正真正銘の韓国産だそうな。確かに韓国のお店で売ってた唐辛子はこんな色でした。

13Kimuchi7
具材を白菜に挟んでいき・・

13Kimuchi5
こんな感じにまとめていきます。

13Kimuchi8
こーんな大きなコチジャンのバケツに一杯できました~

今年のキムチもおいしかったあ~ 韓国人に指導してもらっているから間違いなし!!毎日ちょっとずつ食べて食べて、友達におすそ分けしたりして、しっかり浸かったキムチは、チゲ鍋、豚キムチ、キムチチヂミ・・・と大活躍。キムチチヂミはチーズを入れるとおいしさ倍増です~~。

キムチの詳しい作り方・分量を知りたい方は、去年のログ「モンゴル岩塩で本格キムチ作り」をご覧ください。


では最後に、清少納言「枕草子」風に一筆。

冬はキムチ。
キムチの辛さはいふべきにもあらず。
モンゴルの冬いと寒きに、日々キムチなぞ食すもいとつきづきし。
寒過ぎて、ぬるくゆるびもてゆけば、やうやうキムチも尽きて春来たる、其もまたいとをかし。


現代語訳:
冬といえばやっぱりキムチ。キムチが辛いのは言うまでもない。モンゴルの冬は大変寒いので、毎日キムチを食べるのはまったく似つかわしい。
寒さがゆるくなり、だんだんキムチもなくなる頃に春がやってくる。そんな季節の移り変わりも趣があるものよ。


にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。