中国国境の町エレンで見つけたまったりカフェ

モンゴルから陸路で出られる一番近い外国の町といえば中国のエレンホト。ロシアに行こうとするとロシアのビザが必要になるのでそう簡単には行けません。エレンホトにはモンゴル領事館もありますし、ビザの都合などでエレンホトに出るウランバートル在住外国人も少なくありません。

今回、私もエレンへ行って来ました。最後に行ったのはたしか3年ほど前だったかしら。エレンも行くたびにどんどん発展してます。夜汽車に揺られ、バスで国境越えして朝9時過ぎにはエレンの町に到着。どこかで腹ごしらえしたい…と町をふらふら歩いていたら、こんなお店を見つけました。
2017081716340614d.jpg

中に入ってみるとこんな感じ。

まずはメニューだけ見せてもらおうとしたのですが、勧められるままにソファに腰かけると、ふかふかまったり♥
うーん、もうここに決めてしまおう。

201708171634060d9.jpg
coffeeを看板に掲げているだけあってコーヒーもこだわりありそう。中国では珍しくおいしいコーヒーが飲めるのかな?

20170817163631241.jpg
こんな感じのいわゆる中華っぽいのから

20170817165111d37.jpg

20170817163406f0c.jpg
なんと寿司や刺身まで食べれちゃうという…。
他にピザなんかもあって、何でも食べれちゃうコンセプト無さすぎ感がすごい。

201708171630514cc.jpg
やはり中国に来たので中華料理をば。
こちらイカの中華炒め?36元(500円ちょい)なり。まま、悪くない味。

店内はwifiもあるし、ジャズのBGMなど流れていて、このパステル調のソファとミスマッチ感は否めませんが、まったりできる雰囲気。日本の喫茶店のように水が出てきて、ゴミが浮いてる?と思いきや、レモンが入ってるお水だと。なかなかおされじゃありませんか。

すっかり気分も良くなって、もう少し長居したいのでコーヒーを注文。
24元(400円弱)といういい値段でしたが、きっと美味しいコーヒーが飲めるに違いない!と期待。
201708171636319d5.jpg
特級曼巴珈琲。あとで調べたらマンダリンとブラジルのブレンドらしい。なかなかグッドチョイス。
しかし味はー、うーん、まあネルドリップのような濃いコーヒーでしたが、さほど風味がなく。いつもコーヒーはブラックですが、砂糖とミルク入れて飲み干しました。まあやっぱり中国で無理してコーヒー飲まなくていいなという教訓。でもこの店は気に入ったので覚えておこう♪ 恐竜型の巨大な植え込みがある交差点を、ケンタッキーの方から来て右に曲がったところにあります。

201708171634060c0.jpg
腹ごしらえして元気回復した後はモンゴル人御用達のザハへ。この奥にずっとお店が並んでいます。9月の新学期も控え商売時なのか、色々セールしてて安くなってました。ショートブーツやら夏の靴をお安くゲット♥
その後は果物買い込んだりスーパーに行ったりしてるとあっという間にバスの時間。

201708171636311ca.jpg
台球部落、て何でしょう? はい、ビリヤード場でした。

2017081716363159d.jpg
再び国境を越えてザミンウドに戻ると駅にはウランバートル行きの列車が待っていました。この時ばかりはモンゴルに戻ってきてホッとします。

2017081716363171c.jpg
というわけで、エレンお買い物ツアー?無事終了。
モンゴルの草原を走る車窓から、美しい夕焼けを見ながらお休みなさい。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

意外と楽しめるモンゴルの遊園地

ウランバートルの町中に、割と大きな遊園地があります。観覧車やジェットコースターがあるちゃんとした遊園地です。遊園地があることは長年知っていましたが、行ってみたことはありませんでした。

先日、モンゴル人の若い子たちに誘われて、あまり気乗りしなかったものの、せっかくだから行ってみるか‼と意を決して出かけました。

夏休み真っ最中なので、平日でしたが子供連れのお客がたくさん。まずは遊園地の入り口のKACCで入園チケットを購入します。嬉しい1000tg(50円弱)です。

DSC09667_convert_20170811233722.jpg
しかも!! 8月いっぱいは、曜日によって毎日違う乗り物がタダで乗れるんですって。つまり1000tgの入場料を払えば、その乗り物は乗り放題!(あとで3回までの上限があるとわかりました)ちなみに本日の乗り物はバイキング。なかなか粋なサービスにちょっとテンションが上がってきます。

DSC09668_convert_20170812001817.jpg
中に入るとあらまあ、なかなかこじゃれた都会の遊園地じゃあないですか。

DSC09675_convert_20170812002125.jpg
こんなお城と池もあって気分はちょっぴりTDL?お城の中はどうやらレストランになっているっぽい。

DSC09729_convert_20170812000327.jpg
フェイスペイントのコーナーもあったりして。時々子供が顔にペイントしてあるのはこういうところでするのね~。

DSC09679_convert_20170811234001.jpg
これが本日のフリーライド、バイキング。日本の遊園地にあるのよりちょっと小ぶりですが、十分ちゃんとしたバイキング。2回乗ってもうヘロヘロ…。あ~写真見ただけで気持ち悪い…。

DSC09665_convert_20170812000522.jpg
乗り物は各5000tg~6000tgで、入園してから遊園地のあちこちにあるKACCで乗りたい乗り物のチケットを買えばOK。Uniel携帯電話のGGカードを持っていて、そこにGGのポイントがあれば、50GGで乗り物のチケットを半額で購入することができるという、これまた嬉しいサービス付。一番高い6000tgのジェットコースターも3000tg(150円)で乗れちゃいます!

DSC09707_convert_20170812172725.jpg
懐かしのゴーカートに挑戦!これが結構楽しかったー。
まあ、車はオンボロでときどき止まっちゃうのが難ですが…。(しかもガソリンが入れ足りないという単純な理由とか。)
ビルを眺めながらアクセルを踏むのはなかなかの快感。ただし座席とアクセルの位置の関係上身長160センチ以上でないとだめと言われたのですが、157センチの私は無理やり運転席に浅く座ってやっとこアクセルに足が届くという状態。5000tgの半額2500tgで、まあ楽しめました。

DSC09731_convert_20170812000156.jpg
これが一番高い6000tgのジェットコースター。ねじりひねりにぐるぐる二回転が入った、モンゴルにしてはかなり本格的なもの。ジェットコースターへの純粋な恐怖と、安全性への恐怖、ダブルの恐怖を乗り越えて、乗ってみました。ジェットコースター乗るの何年ぶりだろー。あっという間のライドでしたが、ジェットコースターの醍醐味は十分楽しめました。

DSC09678_convert_20170811233820.jpg
というわけで、うん十年振りの遊園地、しかもモンゴルで遊園地に行くとは思ってませんでしたが、なかなか思ったより楽しめました。日本で行くより全然安いし、並ぶ時間もたいしたことないですし、モンゴルの遊園地、意外とおススメですよ!

ちなみに誕生日にあたると乗り物が5つタダになるそうですー。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR