スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CECボランティア―孤児院と大学での活動

モンゴルは昨日の土曜日からサマータイムが始まり、時計の針を一時間早めて日本と時差がない状態になりました。日がぐんと伸びて日差しも強く、いよいよ春です。

日本の大学は春休みの季節。その休みを利用して2人の学生さんがCECボランティアで来蒙してくださいました。今回はリクエストにお応えして、小さな孤児院を訪ねることができました。
16MarchCEC20
子供たちと一緒に折り紙。

16MarchCEC23
子供たち、楽しそうに一生懸命に折っていました。

16AMarchCEC33
紙風船やたけとんぼも、子供たちすぐに気に入りました。言葉は通じなくても、歌や遊びや笑顔ですぐに打ち解けられます。人懐っこい子供たちの笑顔が印象的でした。

週日は、大学生の授業です。
16marchCEC12
日本のどこから来たのか、大学で何を勉強しているか、趣味は何か、自己紹介をしながら学生たちと仲良くなります。

16marchCEC10
ボランティアの方が持ってきてくれた四文字熟語のカルタで真剣勝負のモンゴル人学生たち。

今回ボランティアの方がいる機会を利用して、大学では日本紹介のお祭りを開催しました。
16marchCEC4
書道や、ボランティアの方が持参したきな粉餅の味見コーナーなど設けました。

16marchCEC3
浴衣姿を披露したり。

16marchCEC5
書道でモンゴル人の名前を書いてあげるコーナーは、この通りの大盛況。

16marchCEC6
今度はいつ日本から来てくれますかー?と学生たちが口々に聞いていました。

16MarchCEC30
ボランティアの方が撮られたテレルジでのワンショット。とっても素敵ですね。

3月のモンゴルは、小春日和の暖かい日もありますが、まだまだ厳しい寒さが残る頃。そんな気候にもめげず、モンゴルを訪れて、学生たちと体当たりで過ごしてくださったお二人のボランティア学生さんに感謝です。今度は是非、夏の緑の草原のモンゴルにも会いに来てくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

最近のマイブームなUBランチ― Street61

ウランバートルの外食産業がなかなかレベルが高くて、まま割安ということは以前も書いたかもしれません。
UBの外食産業におけるここ最近の傾向は「ランチ競争」のように見受けられます。あちこちのカフェやレストランで、お昼のランチタイムにちょっぴりお得なランチセットを展開しています。

というわけで、最近、私のお一人様マイブームなランチはこちら。
street615
ワンプレートで、月曜から金曜までのウィークデーに毎日、日変わりのメニューが楽しめるのですが、月曜日のこの日は、パンプキンスープにコールスローサラダ、そしてフライドチキン(と書いてありましたがグリルに近かったような…)、自家製と思われるパンも美味しかった!

street619
こちら水曜日。ナスや厚揚げのようなものが入った中華風スープ、ジンジャーキャロットサラダ、そしてゴリヤシュ。
ボリューム満点、栄養満点。そしてもちろん美味。この日変わりランチがなんと7900tgオンリー。450円くらい。コスパが良いと店を出る時の満足度も3倍アップ。

店内もこじゃれてて、お一人様でも気軽です。
street616

street614
外人ビジネスマンや、モンゴル人もたくさん入ってました。一人でまったりするも良し、友達とおしゃべりも良し、ランチメニューが固定なので早めにサーブしてくれるので、急ぎの時にもGood。

street61
ソウルストリートの入り口、国立ドラーミンテアトルの向かいのAir Marketの並びにある「Street61」という店です。

street612
月曜日から金曜日までのメニューがモンゴル語と英語で書かれてます。
KFCやバーガーキングもいいけど、もっとヘルシーでおまけにお安いこじゃれたカフェランチ、お勧めですよ。
今度は何曜日に行こうかな~♪

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

カシミア工場GOBIファクトリー見学

カシミアはモンゴルが誇る国内産業、そして輸出品目の一つ。
特に昨今、信用性が疑われる中国のカシミアに比べ、生産から販売までの過程が比較的シンプルで見えやすいモンゴル産カシミアのブランド力が上がっているそうな。

先日、モンゴルのGOBIという会社のカシミア工場を見学する機会がありました。
Gobifactory9
GOBIはモンゴルで一番有名なカシミアブランドです。しかも、カシミアの原毛の仕入れからデザイン、製造、販売まで一貫で手掛ける唯一の会社であるとのこと。

19地区の奥まった場所に、GOBIファクトリーストアという大きな敷地の店舗があるのですが、実際にそのストアの隣に工場棟がありました。本当にファクトリー直売店だったんですね。なかなか地元に住んでしまうと行きづらいロケーションですが、旅行者向けに市内のホテルからフリーシャトルサービスなどがあるようです。

さて、早速工場見学へすすみましょう。
まず最初に通されたのは、原毛の下処理をする場所。さすがに結構な獣臭がただよっています。カシミアが取れる春先の時期に、一年分の必要な分を一括で買い付けるのだそう。すごいですね。
Gobifactory

次は原毛から実際のカシミアを取り出します。
Gobifactory2
この機械から出てくるカシミアが、とろろ昆布みたいに薄くて柔らかくてふわんふわんなんです。この部屋はかなり温度と湿度が高い状態になっていました。

Gobifactory3
きれいに折りたたまれ、束になったとろろ昆布。

Gobifactory4
そして、細いカシミアの繊維をよって糸にします。

Gobifacory15
イタリアと日本の技術で染色。

Gobifactory5
織り機がずらりと並びます。

Gobifactory6
従来の織り機に加え、袖などの継ぎ目なくすっぽり一枚織り上げる機械もあるそうで、コンピューターによるデザイン制御がおこなわれています。

Gobifactory7
カラフルな色合いと洗練されたデザインのスカーフも。

Gobifactory8
従来のカシミアの主流である白、ベージュ、ブラウンの3色に加え、モンゴル産のカシミアには、ウォームグレーという希少な色味があって、これがモンゴルカシミアの売りだそうです。

GOBIでは最近、「GOBI オーガニック」という製品ラインを出していて、これはカシミア本来の毛色を活かし、染料や漂白剤を使わずに作られたもの。素朴で自然な色合いのセーターやカーディガン、手に取ると、とろけるような柔らかさです。

Gobifactory10
カラフルなマフラーやカーディガンから、染色していないオーガニックなセーターまで、素敵な一生もののカシミアを是非見つけてください。

ちなみに、このGOBIファクトリー、事前に申し込めばどなたでも見学をすることができます。日本語を話せる担当者が日本語で案内してくれます。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
プロフィール

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。