スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日より夏時間スタート

モンゴルに今年から夏時間(daylight saving time)が導入され、3月28日の今日から時計を一時間すすめ、日本と時差がない状態になりました。
march28
夜8時を過ぎてもまだ明るい。これは8時半を過ぎたころの夕暮れの様子。今日は夕焼けがきれいでした。

モンゴルでは2007年ころまでサマータイムがあったそうですが、このたびまた復活ということらしいです。

日本では検討されることはあっても、実際に導入されたことはまだありませんから、日本人にとってはいまいち馴染みがないシステムですよね。

このサマータイムの目的はWikipediaによりますと、①明るい時間を有効に使えるので照明の節約になる。②交通事故や犯罪発生率の低下。③活動時間が増えることによる経済の活性化。④午後の日照時間が増えることによる余暇の充実。とのことです。

カナダやオーストラリアでもこのサマータイムがありました。一般的な人々が5時か6時まで仕事をしても、仕事が終わった後、まだ日が高い。その日の光を活用して、ショッピングやビーチに出かけるもよし、庭で友人たちとBBQもよし。確かに経済の活性化と余暇の充実という意見にはうなずけます。

日本ではサマータイムを導入しても残業が増えるだけだという反対意見が多数の模様。さらに日が傾いてからも蒸し暑い日本の夏では、早く家に帰ってもクーラーなどの電力消費を増やすだけだと。まあ確かに、もう少し緯度が高くてさらっと湿度の低い国で実施する方があってる感じがしますな。

ここモンゴルで実施すると、果たしてどういうことになるんでしょうか。太陽光を取り入れたモンゴルゲルでは確かに照明の節約につながるかもしれません。

しかし基本、朝から夕方まできっちり仕事をする定職がある人を念頭に始まっているこのシステム。モンゴルではそういう定職についている人の方がむしろ少ない気がするのですが。職にもつかず日がな一日家でゴロゴロしたり昼間っから飲んでいる人たちにとっては、その時間がますます長くなってしまうような…。余暇を本当に楽しめる層というのもまだまだ薄い気がしますし。逆に社会悪が増えないことを願います。

ウランバートルは昨日はどか雪が降りました。日本のようなぼた雪がこんこん降って、学校では子供たちがおおはしゃぎ。そして今日からサマータイム。かなりドラスティックに季節が移り変わっていくので、体がついていくのも大変です。

十数年前にカナダにいたときにも同じようなことを感じていたのを思い出しました。

この国では、突然春がやってくる。
DayTimeSavingが始まって、3月31日の夜中に時計の針を一時間すすめると、次の日からはもう夜の7時ちかくまで明るい。
この国では、季節の移り変わりは感じとるものでなく、もっと合理的にやってくるものらしい。


ちなみにWikipediaによりますと、カナダのある州では、夏時間導入直後の月曜日には変更直前の月曜日より交通事故が平均で23%増加するとして注意を呼びかけているそうです。

明後日の月曜日、お出かけの際はくれぐれも交通事故にご注意を。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

“おしゃれな人は春に死ぬ”

Ганган хүний үхэл хавар намар”  
―おしゃれな人が死ぬのは春か秋

3月になってようやく春が来たかと思いきや、吹く風が頭蓋骨に刺さりそうなほどに冷たく感じられる今日この頃。

普通はツァガンサルまでが寒くて、それが終わると春が来ると言いますが、今年の冬は「ユス」と呼ばれる12月末から2月半ばまでの極寒の季節にあまり寒くなく、ツァガンサルの頃にドッカーンと寒波が来て、ビシーーッと冷え込みました。3月になって太陽の光がぐんぐん力強くなって陽もギュンギュン伸びていて、春が来た~と思って薄着で外出すると、とっても寒い思いをして大風邪を引いてしまったりという惨事に合うのもこの頃です。

おしゃれな人は季節を先取りで薄着したり、帽子をかぶらないとかコートもわざわざ前を開けて着たりとか、春のファッションを楽しんでいると、体を冷やして大病して命取りになるぞという警告の意味がこもったことわざだそうな。モンゴルの方々、ホントおしゃれに命かけてますからね。

みなさんもくれぐれもお気を付けください。

で、あまり関係ないですが、なぜかふと思い出された西行の句をひとつ。

「願わくば花の下にて春死なん、その如月の望月のころ」

日本では、満開の桜の季節まであともう少し、ですね。いいなーー。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
プロフィール

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。