スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千秋楽翌日のモンゴル便はお相撲さんがいっぱい

今年はナーダムの直前にMIATから安い航空券(勝手に通称ナーダム割)が出たんです。しかもそれがMIATが飛んでいるすべての行く先が55万tgぽっきり(約3万円)というどんぶり勘定の大盤振る舞い。

MIATが飛んでる先といえば、東京やソウルはもちろんのこと、西はフランクフルトまで!ただしこれに税金とかプラスされて、東京行きは78万tgでしたが、それでも普通に買うよりぜんぜん安い。今年は航空券がやたら高くて日本行きはあきらめていたのですが、これはもう行くっきゃない!!ということで急きょ里帰りしてきました。

で、モンゴルへ戻る日が、白鵬が名古屋場所で30回目の優勝を飾った翌日だったのですが、その帰りの飛行機がお相撲さんだらけ

チェックインの長い列に並んでいたら、体の大きな力士たちがどかどかやってきてドカドカ荷物を預けている…。預け入れ荷物に清酒一ダースとか。ひえー、飛行機全体が重量オーバーになって荷物が預けられなくなったらどうしよう~とひやひやしましたが、それは杞憂で済みました。

見れば、白鵬、日馬富士、鶴竜の三横綱も勢ぞろい。旭天鵬のほかに若い力士たちも数人。もしこの飛行機に何かあったら、日本の角界は一貫の終わり…と心配になるほど、やっぱりモンゴル人力士がこれだけ多いんですね。

上に名前を挙げた力士たちはビジネスクラス。その他の若い力士たちはエコノミークラスで、小さい座席にはみ出すように座ってました。飛行機が飛び立つと、お相撲さんたちは早速浴衣を脱いで、シャツと股引みたいな下着姿ですっかりリラックスモード。パイロットが、この飛行機にはダワージャルガル(白鵬のモンゴル名)が乗っていますと粋な計らいでアナウンスすると、みなが拍手喝采。その後、若い力士たちもビジネスクラスに呼ばれて、あちらでは白鵬を囲んで祝杯を上げている模様。

狭い機内を大きなお相撲さんたちが行ったり来たりして、それもまたかわいらしく、そんな和やかな雰囲気で終ればよかったんですけど、やっぱりそれでは済みませんよね。

しばらくして、一人の力士がもう一人を抱えるようにして座席に戻ってきました。そこが私の席のすぐ斜め前。でろんでろんに酔っていて、顔面蒼白というより、もはや土色。エコノミークラスの小さな座席がひしゃげそうになりながらドサッと座らされ、顔を天井に向けたまま目をつぶってピクリともしません。死んでしまったんじゃないかとまじめに心配になったとき、その上を向いたままの状態で、ゲボッ、ゲボッと、噴水のように嘔吐…。それがウィスキーくさ~~い

・・・まったく・・・どうしてこうなるかね。

仲間の力士や相撲関係者に介抱されて、降りるころにはケロッとしてましたけどね、その方。

ま、白鵬と鶴竜と旭天鵬といっしょに写真とったからよしとするか。

それにしても、やっぱり場所が終ったら次の日にすぐ帰りたいのが生まれ故郷なんですね。これから帰国便取るときは、千秋楽がいつかも要チェックです、いろんな意味で、ね。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

モンゴル国立オペラの実力

ウランバートルはスフバートル広場の横に、モンゴル国立オペラ・バレエ劇場があります。
14opera2

意外に思われるかもしれませんが、ロシア文化の影響を強く受けているモンゴルでは、オペラやバレエもメジャーな文化芸術の一つなのです。

14opera3
チケットブースの横には、その月の上演演目が掲載されています。私も以前に見に行きましたが、チャイコフスキーの白鳥の湖や、プッチーニのラ・ボエム、モンゴル人作家ナツァグドルジの「悲しみの三つの丘」という演目もあります。

14opera
中はこじんまりとした劇場です。モンゴル人より外国人が多く来ているような。

14opera4
天井のシャンデリアが素敵です。

今回は、東京でしょっちゅうオペラを見に行っている大のオペラファンの方と一緒に、プッチーニのラ・ボエムを見ました。一番高い席でも15000tg(約800円)。数日前に劇場に行ってチケットを購入しましたが、まだ座席はガラガラ。真ん中の好きな席を選ぶことができました。

果たしてモンゴル国立オペラの実力はいかに??――

14opera5
「ラボエム」上演後の舞台挨拶。

そのオペラファンの方が言うには一流だと。確かに、主役のソプラノ女性の声も素晴らしかったですし、バス、テノールの男性陣もなかなか威風堂々とした歌いっぷりで迫力満点。オーケストラもよかったです。私も大のオペラファンというわけではありませんが、日本やヨーロッパで何本かオペラを見たことがあります。これだけのオペラを1000円弱で見れるなら、ここでたくさん見ておくのがお得です。以前ここでバレエ白鳥の湖を見たときより、今日のオペラの方がぐっと満足度高しでした。

国立オペラバレエ劇場の情報はコチラ(英語)で確認できます。今年の秋から冬にかけては、バレエ「スパルタクス」や「ジゼル」、オペラ「蝶々夫人」、「リゴレット」など、魅力的な演目が満載です。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

モンゴル夏の風物詩―馬乳酒と川魚

青い空、緑の大地、キラキラな太陽の光。モンゴルにも本格的な夏がやって来ました。6月に入って子供たちは8月末までの長い長い夏休みに突入です。私も糸がきれた凧のように、あっちこっちへでかけていて、すっかりご無沙汰してしまいました。

夏になって、ウランバートルの郊外へ出かけると、あちこちにこんな出店が出ています。
14summermgl2
アイラグ(馬乳酒)を売るお店です。

14summermgl5
馬乳は夏の間数ヶ月しか採れません。馬乳酒は、その馬乳にアイラグの酵母を入れて何度も何度もかき混ぜて作ります。
この場でも少し飲ませてくれました。独特の匂いと強い酸味があって、苦手な人も多いですが、モンゴル人は夏の間、この貴重なアイラグをたくさん飲んでデトックスするそうです。ビタミンやミネラルが豊富で栄養豊かな、夏の大自然の恵みです。1.5リットルのアイラグを5000tgで購入。

14summermgl3
こちらは、川魚の燻製を売るお店。50~60センチくらいの大きな魚がまるごと燻製されていて、いい香りです。聞くとセレンゲで採れた魚だとのこと。お値段は大きさにより1万~2万tg。

mglzagas
食べごたえ十分な大きさです。

14summermgl4
コーラのペットボトルに入っている白いのが馬乳酒。どんどん発酵が進むので、時間がたつほどにさらにすっぱく、シュワシュワと微炭酸になってきます。燻製のお魚といっしょにおいしくいただきました。

人も家畜も草花たちも、モンゴルの短い夏を謳歌しています。馬乳酒に川魚、モンゴル夏の風物詩です。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。