スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極寒モンゴルで一番暖かく過ごせる靴

モンゴルはウランバートル、ただいまの気温-30度なり。
夜ですからいたしかたありませんな。昼間は-20度前後といったところでしょうか。去年ほど寒くありません。

でも足元はやっぱり暖かくしていないとキケンです。一体、この極寒状態でどんな靴がいいのだろうか、悩みどころですよね。色んな靴を試してきましたが、今までで一番暖かいのが今年買ったコチラです。
Mongolboots
去年あたりからモンゴルではやっているこの毛がふさふさの靴。本物の馬の毛やトナカイの毛で作られていて、それだとお値段が1万円から5万円くらいするのもあります。でも、こちらのこれは“馬風”の作りものの毛で、お値段はぐっと下がって2500円~3500円ほど。

本物と作りもので温かさはどれくらい違うの?とお店の人に聞いたところ、あったかさはおんなじよ!という身も蓋もない答え。商売っけないなーと感心しつつ、じゃあ、というわけで安いほうを買ってみました。

いや~、これがとってもあったかい。靴の中がホカホカです。前はどんなブーツをはいててもしばらくたつと足の指先がちーんと冷えてきたものでしたが、これはそういう冷えをほとんど感じません。

Mongolboots3
中がこのように起毛仕立てになっているのはもちろんのこと、

Mongolboots2
一番のポイントは、この靴底のフェルトです。これが厚いほうがより暖かいと思います。

MongolBoots5
ウランバートルのお店では、いろんな種類の冬のブーツが並んでいます。どれもデザインかわいいですね。ちなみに、右から2番目と3番目の茶色と真っ黒のが本物の馬毛だそうな。やっぱりツヤが違いますね。さわり心地も気持ちよかったです。

それにしても、やっぱり靴を買うならモンゴルで買うのがお勧めです。マイナス何十度対応とうたうソレルやLL Beansのごっつい靴より、ずっと安くてあったかいのが買えます。

これで今年の冬はどんな極寒時でも、余裕顔で町を闊歩できそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

家畜の一頭買いで越冬準備

モンゴルの人々は、冬に肉をたくさん食べて、夏はお肉は控えめにして乳製品などを食べるという習慣があります。本格的な冬が来る前に、家族で食べる肉を用意するのがモンゴルの大事な越冬準備の一つです。

で、このころモンゴル人の家庭にお邪魔すると、こういうものが床に転がっていたりします。
idesh4

idesh3
このように、羊や牛などの家畜をどーんと一頭買いして解体し、冷蔵庫やベランダに保管しておいて冬中食べるわけです。この写真はどちらも羊。しっぽのとこの油がぶりんぶりんしてますね。

idesh2
おいしそうな牛肉の塊をおすそ分けしていただきました。私たちだったらこれで十分越冬できそうかしら。

モンゴル人がどれくらいお肉を食べるかについては「肉のない食事は食事にあらず」をご参照ください♪


にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

癒しのパンダと黒猫クッキー

先日、製菓学校を出たという友人がうちに来て、クッキーを焼いてくれました。
pandacookie
パンダと黒猫ちゃんです~。ムーチョかわいくないですかーーー。

pandacookie2
焼き上がりはこんな感じ。こんがり日焼けパンダやぶにゅっと寝ぼけネコ。一つ一つ表情が違っててかわいいのなんのって。なんだかすごく癒されました。

いや~、モンゴルの世知辛い日常に追われて忘れかけていた心のゆとりを思い出せてもらった感じです。どうもありがとう~

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

私の一押しクッキーは北海道きのとやの「札幌農学校」

やっぱスイーツは北海道!

今年もアールツの季節

毎年、寒くなると飲みたくなる飲み物。
13aarts3

え?これのどこが飲み物かって?

ハイハイ、少々お待ちください。
13aarts
お鍋に水を沸かします。水1リットルに、さきほどの白い固まりを4~500gくらいかな。物によって、また濃さの好みによって変わりますが。さらにトロミづけとしてコップに小麦粉を溶いて加えます。これも好みですが、大匙3~4バイでしょうか。おタマですくっては上から落として鍋にこげつかないように煮立てていきます。そしてお砂糖も投入。これもお好みですが、もとが酸っぱいので、甘く飲みやすくしようと思ったら、結構たくさん入れないといけません。さらに最後にバターをスプーン一杯ほど入れて油分を足すと、いかにもモンゴル的な飲み物になります。

13aarts2
ハイ、できあがり。

これは、アールツという飲み物です。ビタミンCたっぷりで、これを飲むと体がホカホカに暖まります。モンゴル人は寒くなるとこのアールツをよく飲んでいます。風邪を引いたとき、その予防に、あとは小腹がすいたときにもぴったりな、栄養価満点のヘルシードリンクです。

最初はちょっと苦手意識を持つ人が多いかもしれませんが、何度か飲んでいるとおいしくなりますよ。アイラグを醸造したときにできる残滓を絞ったものが、このアールツだそうです。その辺のゴアンズ(食堂)で500~600tgで飲めますから、是非トライしてみてください。でも、お勧めはやっぱり自宅で自分で作るアールツです。

以前のログ「モンゴルの不思議な乳製品」でもアールツについて書いてます。ご参照ください♪

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

モンゴルの靴下屋さん~冬の風物詩

Kutsushita2
日当たりにズラリと並んでいるのは靴下です。

Kutsushita
街中から少し離れたゲル地区を歩いていたときに見つけました。靴下の会社があって、その前にたくさんのラクダの毛でできた靴下が干されていました。ラクダの靴下は最後の工程で水で洗うみたいです。

Kutsushita3
お店に入ってみると、色とりどりの靴下がいーっぱい。工場の直営店らしく、普通に街中のお店で買うよりちょっと安く買うことができます。

Kutsushita2
ヤクの毛のニーハイのくつしたもふわふわで履き心地満点です。ラクダの靴下は分厚くて丈夫であったかくておススメですよ~。

Kutsushita
普通の靴下も、薄いのやちょい厚いがあって、デザインもなかなか素敵です。はき心地もグー。お土産にしたらとっても喜ばれました。

次回の帰国時のお土産に、モンゴルの靴下はいかがですか。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

モンゴルで日本語教育実習のススメ

モンゴルで日本語教師を始めて早や5年ほどになります。どうしたら子供たちに楽しく日本語を勉強してもらえるか、日本という国を興味をもって知ってもらえるか、頭をひねる毎日です。

ここモンゴルでは学校によっては小学校の低学年から日本語を教えている学校が結構あります。低学年からでなくても、中学一年生にあたる7年生から、選択科目で日本語を選べるようになっている学校も多くあります。

少し前にCECプログラムで来蒙された二人の学生は、日本語教師を目指す若きお二人で、外国人に日本語を教える実地経験を積みたいという希望をお持ちでしたので、午前中は、日本に行って働くことを目指す大学生・社会人が集う学校で、午後は小中学校で子供たちへの授業ができるようにアレンジしました。フリーの日は、その大学生たちが市内観光に連れて行ってくれたり、子供たちには折り紙や歌を教えたり、楽しい経験になったようです。

お二人とも教育実習のために他の国にも行かれたそうですが、モンゴルの良いところは、小さな子供たちが日本語を学んでいる現場に携われることだと言っていました。他の国ではやはり大学生や社会人が主で、モンゴルのように小中学校の学校で日本語を教えられるところは、あまりないそうです。
Japaneseteacher
小学4~5年生のクラスで日本語を教えている様子。

Japaneseteacher2
1年生から日本語の授業を行っている小中学校にて日本文化紹介。

CECのこちらのページに、お二人のレポートが載せられていますのでご覧ください。

最近テレビ番組などでもよく取り上げられているようですが、モンゴルは親日の国で日本好きの人が多いです。日本語教育に意欲的に取り組んでいる学校も多く、日本人を歓迎してくれます。アジアでありながらもヨーロッパやロシアの文化もブレンドされた興味深い国モンゴルで、日本語を教えたり、日本語を学ぶ子供たちと交流してみませんか?

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。