スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウランバートル新築マンション情報

ウランバートルの建設ラッシュ、なかなか衰えを見せないどころか、まだまだ雨後の竹の子のように次々と新しい建物が建設されています。

家賃も、特にウランバートルの中心部にかけて、1.5倍から2倍に届く勢いで値上がりしてますね。はあ・・・次回の更新が思いやられます。どう考えても地元の人たちの収入実態に見合ってない値上がり方だと思うんですけどねぇ。いったいどうなってるんでしょうか。

ちょっと面白いサイトを見つけました。ШинэБайр(=新築物件)というサイト、ウランバートルの新築マンション情報が一目でわかります。ウランバートルがいかに建設ラッシュかお分かりいただけるでしょう。マンションの外観から間取り、1平米の価格まで詳述されています。ただし、ここに載っていない建設中のマンションもたくさんありますが。

町の中心に近いものは、安くても一平米180万tg、13万円弱、2部屋45平米をご購入とすると、580万円なり。ひえー、安くないですぅぅ。それでも結構「売り切れ」の表示もあるんですよねー。どういうこっちゃ!!

昨今の円安もあいまって、物価がものすごーく高く感じます。生活楽じゃないですよ、ウランバートル!!あーあ~、2、3年前が買い時だったのかもしれませんねぇ。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

アレルギー予防に毎朝のチャツァルガン

キラキラと新緑まぶしい素敵な季節になってきました。町の街路樹も若葉が芽吹き、ここかしこに花が咲き、いよいよ夏の到来です。

しかしこの芽吹きの季節、わたしのアレルギーもいっしょに活性化されて発症する季節でもあります。特に2年前のこの時期は死ぬかと思うほどでした。アレルギー発作とともに20年以上封印されていた喘息まで併発して、文字通りの呼吸困難。その年は6月初めに日本に帰る予定だったので、さながらモンゴルを脱出するかのように、命からがら日本に到着すると、アレルギーも嘘のように収まったのでした。

そんなことがあってから毎年この時期になると、アレルギー発症への不安も高まります。去年は、春先頃から毎朝のコーヒーをやめて、チャツァルガンの実を押しつぶして作った手製ジュース(作り方はコチラ)を飲んでいました。その効果だったのか、たまたまその年はアレルゲンが少なかったのかはわかりませんが、アレルギーはとても軽くて済みました。

それで、今年も5月に入ったころからコーヒーは一時ストップして、チャツァルガンジュースを毎朝飲んでいます。今のところ、ひどいアレルギー症状は出ていません。

今年はチャツァルガンの飲み方をちょっと変えてみました。チャツァルガンの実に同量の黒砂糖をまぶし、しばらく置くと汁が出てちょっと発酵してきます。
Tsacharganjuice
水は加えていないのに、こんなに水浸し。密封しない状態で2~3日常温で放置し、発酵がすすんだら冷蔵庫で保存します。

Tsacharganjuice2
スプーンで1~2杯、実と汁をすくってコップに入れ、お湯を注いでいただきます。すでに砂糖も入っているので飲みやすく、かつお手軽。面倒くさくないので、毎朝続けることができます。

春は温度や気圧の変化が激しく、天気もクルクル変わるし、心身共にバランスを崩しがちな季節。チャツァルガンのビタミンパワーと抗酸化パワーで、ここ過酷なモンゴルでも「さびない人」を目指しましょう~。

以前のチャツァルガン関連の記事をまとめてみました
モンゴルのスーパー果実チャツァルガンで風邪予防
北海道育ちのチャツァルガン
チャツァルガンのワイン

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村


こんなお店見つけちゃいましたよ。

チャツァルのお店MON

あ~!! ケンタッキー♪

マクドナルドもスターバックスもないここモンゴルに、KFC(わたし的にはやはり「ケンタッキーフライドチキン」と言いたい)がやってくる~とウワサでは聞いていたのですが、ついに動かぬ証拠写真を撮りましたよ~。
KFCmongolia

KFCmongolia2
場所は国立図書館の向かい、というやや意表をつくロケーション。「夢中になっちゃう味」とでも訳しましょうか。

KFCは、世界各国で展開するにあたり、その国の人々が日ごろどんな調味料を使っているか、どんな味に慣れ親しんでいるのかを調査した上で、国ごとに微妙に味付けを変えているそうな。

そう言われてみると確かに、外国の旅先でKFCのチキンを食べた時、あんまりおいしくないナ、と感じたことがあります。日本のKFCはおいしい!と思っていましたが、実は日本人好みに調整済み、ということだったのか・・・?カーネル・サンダース氏が60年以上も前に考案したレシピを、ただひたすら守るというわけではないんですねー。世界をまたにかけるフランチャイズは、さすがしたたかです。

あー、そんなこと言ってたら、KFCのあのチキンがムショウに食べたくなってきたぞーー。油したたる骨付きピースにかぶりつき、最後は骨の隅まできれいにしゃぶっていると、猛禽類にでもなった気分。その姿は誰にも見られたくありませんが。

ウランバートルのKFC、果たして味付けはモンゴル風になっているのか?! とにもかくにもオープンが待ち遠しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

川を渡り山を登る―春のテレルジ乗馬会

ウランバートルは夏のような暑さになったり、はたまた急にストンと寒くなったり。それでも町の街路樹も芽吹いてきて、夏めいている今日この頃。

いよいよ本格的な乗馬シーズン到来!ということで、有志たちを集めて本気のテレルジ乗馬会のシーズン始めをしてきました。
May9Terelj8
この日はやや肌寒い日でしたが、空は快晴。テレルジは子馬の誕生シーズンになっていて、あちこちにかわいらしいお馬の親子の姿が見られました。

May9Terelj11
森の木々も、芽吹きを今か今かと待ちこらえてる、そんな早春の装いです。

May9Terelj10
馬の背に揺られながら、大自然へと分け入ります。

May9Terelj9
美しい川を何本も渡って。

May9Terelj4
草原はまだ枯れ草色ですが、黄色の花が咲いてるの、見えますか?

May9Terelj12
ここかしこにヤルゴーという花も咲いていました。地面からピョコンと花を咲かせる春一番の花。モンゴル人によると、この花は喉に良いそうな。

May9Terelj7
松ぼっくりの赤ちゃんって、こんなにかわいらしいピンク色なんですね~。小さな春の訪れを見つけるのも楽しみの一つです。

May9Terelj5
今日は山の上に上ってみるか?と言われて、みんなで山登り。

May9Terelj3
山の稜線を伝っていくと・・・

May9Terelj6
眼前に雄大な景色が広がっていました。

May9Terelj2
空も大地も独り占め。今日のコースは最高だな~。

May9Terelj
こんな乗馬、モンゴルならでは、でしょ。

本日の乗馬、2時間半。川を渡り山を登り、雄大な大自然を堪能できた馬旅でした。今度来るときは、きっと緑色の草原が私たちを迎えてくれることでしょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村


初夏の始まりと「GreenTeaFarm」

本日のウランバートル、気温24度。今年はいきなり一挙に夏到来という感じ。こんな極寒のモンゴルでも、初夏の到来は日本と同じタイミングってのがすごい。今頃、日本はゴールデンウィークの真っ只中か~。五月晴れ、五月雨、風薫る・・・5月にまつわる日本語も、やはりまた美しいですね。


♪夏も近づく八十八夜

日本人なら誰しもが知っているこの曲。“八十八夜”とは、ちょうど今頃、5月の1日から3日あたりのことだそうです。今頃日本では茶摘の季節なんでしょうかね~。なんと風流な・・(涙)

この「茶摘」の歌にインスパイアされて、上原ひろみという若手ジャズピアニストが作曲した「GreenTeaFarm」という曲があって、私これが大好きなんです。彼女ほんとスゴイです。天才です。うらやましーー。いつか彼女のライブに行ってナマで聞きたい~。

ちなみに、茶畑のここかしこに設置されている扇風機、見たことありますか?地上から6~7メートルのところに暖かい空気の層があって、この扇風機でその暖かい空気を下へ吹き降ろすんだそうな。お茶の新芽に霜が下りるのを防ぐ、その名も「防霜ファン」というそうです。やっぱりこの時期は寒暖の差が激しいということでもあるんですね。

では、まぶたを閉じて、緑に染まる茶畑と扇風機を脳裏に浮かべつつ、望郷の念と共に、上原ひろみ「GreenTeaFarm」お楽しみください。



にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村


ちなみにこの「GreenTeaFarm」には、上原ひろみ自身が作詞した詞もあるんです。これがまた素敵なんですよ~(涙)。そしてそれを矢野顕子が歌っています。是非聞いてみたいという方は、矢野顕子「音楽堂」をどうぞ。

最近やや残念なMainich Bakery

先日、ご紹介したMainichi Bakery。足しげく通ってはいるのですが、なんだか最近ちょっと残念な感じ。おいしいとご紹介した以上、ココロをオニにして、現況もありのままにご報告せねばなりませぬ。

以前、まだお店が開店前に、袋でいただいたテルグーン。あのときは、本当にとってもおいしいクロワッサンだったんです。ところが、先日テルグーンを食べてみたところ、パッサパサでなんだかしょっぱくって、まったくのベツモノになってました。い、いったいどうしちゃったんですヵ・・・。一個食べ切れませんでしたよ。

そんでもって、800tgのバゲットも、お店を訪れるたびに、値段はそのままですが、やせ細ってサイズが小さく小さくなっていくんです。あれじゃあちょっとバゲットとは呼びがたいです。

他のパンも、全体的に値段設定が高めでサイズは日本並みにコンパクト。これなら値段が同じくらいでもっとボリュームがある、街中の韓国系パン屋CherryBakeryに軍配があがります。

最近、スーパーで売ってるモンゴルの普通の会社のパンも、結構がんばってて質があがってきてますから、それならそっちでいっかーって感じになっちゃいます、正直なところ。

Baget
このバゲット、見てください!デカイです。最近、スーパーで売られるようになったバゲット。これで1150tg、ザハでは1000tgでした。このバゲット、もっちりしてて結構おいしいです。3日目には早速カビが生えてましたから、防腐剤とかも使ってないんでしょう。モンゴルのパンの良いところは、すぐカビが生えるところです。ちょっと困るときもありますが、防腐剤使ってない証拠ですもんね。

てなわけで、辛口批評になってしまいましたが、Mainichi Bakeryさん、これからも期待してますから、よろしくお願いしますよ~~~。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

プロフィール

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。