スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴル「海外ボランティア」参加者体験談

モンゴルで海外ボランティアしませんか」の記事で、以前告知していましたモンゴルボランティア&文化交流プログラム。

去る3月初めに無事実施され、日本から5名の方が参加されました。高校生や大学生、日本で外国人の子供たちの日本語支援をされている方、そして学童保育士であり紙芝居士という方、と多彩なメンバーで、モンゴル人学生たちとの素晴らしいプログラムになりました。

ウランバートルの小中学校や大学で、数日間にわたり日本語の授業や文化紹介を行い、地元モンゴルの生徒たちと交流を重ね、週末2日間は孤児院を訪問して、子供たちと遊んだり、お好み焼きを作ったりしました。

参加者の高校生や大学生の方々は、イマドキの日本の若者文化を紹介してくれて、モンゴルの大学生も興味深々。私も聞いててすごくおもしろかったー。イマドキの高校生大学生ってこんなだったのねーーーって。

それから本物の紙芝居って私は今回初めて見せていただきました。拍子木やドラを使って迫力と臨場感たっぷり。子供たちもあっけにとられてみていました。紙芝居って、本当にれっきとした日本の芸能の一つだったんですねぇ。紙芝居屋さんが来ると、水飴を買うのが楽しみだったと、母が昔話していたことを思い出しました。

モンゴル大学生たちといっしょに博物館へ行ったり、ザイサンに夜景を見に行ったり、カラオケに行ったりと、楽しい思い出いっぱいの、双方にとって本当に有意義なプログラムになりました。

CECのページに、参加者の方からの体験レポートがアップされています。

次回のモンゴルプログラムは、9月5日から19日の15日間です。
モンゴルが好きな方はもちろん、日本語教師を目指す方、日本文化を伝えることに興味のある方、国際交流そして人生経験として、普通の旅行では得られない達成感がきっと得られます。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ウランバートルの自家焙煎珈琲店

私はコーヒーが好きで、日本から持ち込んだ電動ミルで豆を挽き、ペーパードリップでマイカップに一杯分おとしたコーヒーを飲むのが毎朝の定番。でもフレッシュでおいしいコーヒー豆は、ここウランバートルではなかなか入手困難。コーヒー豆はいつも日本から持ち帰ったり、送ってもらったりしていました。

でも、見つけましたよ~。お手ごろでおいしいコーヒー屋さんを。
Ubean5
このちょっとひと目を引く青い建物。こちらの一階がCoffee House and Roasterie UBeanです。

Ubean2
店内はコージーで落ち着いた空間。

Ubean
Pour Overことドリップコーヒー、そしてフレンチプレスのコーヒーも、
一杯(350ml)2500tgからとお手ごろ!フレンチプレスは、日本では紅茶を入れるのに使われますが、欧米のコーヒー好きはよくこれでコーヒーいれますね。以前のルームメートたちもそうでした。がっつりしたコーヒーが入りますがちょっと粉っぽい感じになるので、私はドリップの方が好みかな。お、サイフォンコーヒーまであるんですねー。なかなかこだわりのコーヒーショップのようで、期待できそう~♪

Ubean7
英語表記のパンフレットも用意されていました。
ここのオーナーと思われるアメリカ人女性と話したところ、アメリカで世界各地のコーヒー豆を輸入している人と契約して、そこからモンゴルへ仕入れているとのこと。ウランバートルには自家焙煎しているところが3件あるが、深煎りのエスプレッソが中心。自分のところは幅広い種類の豆を、煎り方もさまざまで置いている、と説明してくれました。

今日行ったとき、店頭には4種類くらいの豆が置いてありました。週に2回ほどローストしてフレッシュなコーヒーを販売しているとのこと。豆はどれも1キロ4万5000tg。250グラム買って1万1250tg=800円弱。Mexican Chiapasというミディアムローストの豆を250グラム買ってみました。
Ubean4
なかなかオサレな感じですね♪

家に帰って早速ミルで豆を挽いてみると、部屋中コーヒーのさわやかな香りでい~っぱいに
Ubean6
おいしいコーヒーと共にとっても幸せな午後のひととき~

東京にいたころ、やなか珈琲というお気に入りの焙煎コーヒー店がありました。豆を準備してくれる間に、ちっちゃなカップで一杯のコーヒーを出してくれてたんですよね。そこの豆を買って帰った日は、ちょっぴりハッピーな気分になったものです。うん、ここは私的に、モンゴルの“やなか珈琲”だな

UBean10
地図中の青い星マークがUBeanです。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

おかえりマンゴー♪

ここのとこ、ちょっとはまっているマイブームがコチラ
okaerimango
このように、フィリピンのドライマンゴーを一口大に切ってヨーグルトに入れ、一晩置くと、あ~ら不思議。翌朝には、ドライマンゴーが生のマンゴーのように戻っているんです。食感も風味もフレッシュマンゴーみたいにおいしい これぞまさに、おかえり♪マンゴー!!

ヨーグルトにもマンゴーの風味がうつって、まろやかさがアップしているように感じます。

なかなか新鮮なフルーツに縁遠いここモンゴルですが、これだったら忙しい朝でも手軽にフルーツが食べれて、健康的な一日がスタートです。

ちなみにこのドライマンゴー、メルクーリザハに売っていました。
メルクーリは、イタリアのラザニアからアメリカのピーナッツバター、日本のおたふくソースまで、洋の東西の品が何でもそろいます。さすが幅広い交易を行ったチンギスハンの国だけありますね。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

肉のない食事は食事にあらず

“肉のない食事は食事にあらず”
そんな言い回しがあるここモンゴル。モンゴル人の主食は何?と聞かれれば、やはりというのが一番しっくりくるような。

先日、あるモンゴル人家庭の冷蔵庫を拝見させていただく機会があって、思わず噴出しそうになってしまいました。

まず一つ目の冷蔵庫↓
Mongolmeat2肉!

二つ目の冷蔵庫(冷凍庫)。
Mongolmeat3肉ー!!

ここまで肉ばっかりだと、あっぱれですな。

さらに、このお宅ではベランダにも肉が保存してあるそうな。モンゴル人は牛や羊を丸ごと一頭買って、イデシと呼ばれるその肉を、冬の間中食べます。冬はもちろん春先の今頃まで、外気温はまだ零下ですから、ベランダに置いておくだけで自然の冷凍庫なわけです。

とある知り合いのモンゴル人の子は、今年の冬、自分のおじいちゃんおばあちゃんの家で、牛一頭と羊8頭を食べたそうです。一応、年寄り二人だけじゃなくって4人暮らしだそうですけど。にしても、すごい肉の消費量ですよね・・・。

で、この肉をどのように調理するかと言いますと

①肉を塩茹でする。
   ↓
②皿(日本人的には洗面器)に盛り付ける。
   ↓
③ナイフで肉をこそげながら食べる。

と、限りなくシンプルかつワイルド。

盛り付け例 その① こちら牛肉
Mongolmeat5

盛り付け例 その② こちらはヤギだったかな。
Mongolmeat

この、塩で茹でただけの極めてシンプルな、これが旨いんです
風渡る草原のゲルでスーテーツァエ(ミルク茶)といっしょに頂く塩茹で肉は最高です。素朴でワイルド、これぞまさしくモンゴル遊牧民族料理。

肉汁ジューシーなステーキとは違いますが、太古の昔から人間が食べてきたであろう肉料理、はじめ人間ギャートルズも、きっとこれを食べていたに違いありません。人類史の食の起源まさにここにあり、です。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。