スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウランバートルで歯医者

なんだか急に歯が痛くなったり、何ともなかったはずの詰め物が、ある日突然ポロッと取れたり・・・そんな状況は海外在住者にとってこの上ないピンチ。できればそれは避けたいと日本に帰ったときは必ず歯医者に行っているのですが。

さて先日、相方の歯の詰め物がポロっといってしまいました。日本に帰るまでがまんするか~なんて言ってましたが、やはりそういう訳にもいかず。いい歯医者ないかなーと何人かに聞いて回っていたところ、あるモンゴル人が「日本語が話せる歯医者がいるシテ!」(注:正確には(шүү дээ)シューデーだが限りなくシテに聞こえる)とは、語気を強める文末の助詞(?)で「~でしょ!」とか「~だよ!」といった意味合いで日常会話で多用される。このように日本語にも使えます。)

で、教えてもらったその歯医者に行ってみました。
DentistUB3
13番の交差点から少し入ったところにあります。なんだか無駄にだだっ広い敷地です。中に入ると、国立病院的な簡素な待合室に、たくさんの人が待っていました。日本語を話す先生がいると聞いたんですが…というと、ちゃんとその先生に診てもらうことができました。

「取れた詰め物はある?」と聞くので、あるというと、「じゃあ日本のは質がいいから、それを使いましょ」と言って、ちょっと削ってからまたそれを詰めてくれたそうな。うーん、そんなもんなのか・・・?

でも10000tg(650円)くらいで済んだし、よくわからないもの入れられるよりは良かったかも。一ヶ月ほどたった今も問題ないので、結果オーライって感じです。

そんなことがあってから、町を歩くときにやたら歯医者が目につくようになって。そしたらもう一軒、診察はしてもらってないんですが、ちょっと素敵な歯医者を見つけました。
DentistUB2
「PRECIDENT DENTAL CLINIC」という名前で、バクシンデードの川のそばにあります。写真は撮れなかったのでパンフレットだけ。待合室も治療室も、ビビッドな黄緑を基調とし、おしゃれで明るく清潔で、日本の街中の歯医者さんにも負けない洗練された雰囲気。

聞くとやはり日本で学んできた歯医者さんだと。しかも松風という日本の会社の歯科材料や機材を使っているそうです。日本語は通じず英語はOKとのこと。歯石クリーニングについて尋ねると、初診料の5000tgと合わせて4万tgだそうです。治療と料金の一覧表が置いてあって明瞭会計でした。
普通の歯医者さんよりちょっと割高かもしれませんが、ワールドスタンダードな治療が受けられそうです。

実はモンゴル、日本で勉強して来たという歯科医が意外に多いみたいです。こういうのも親日国ならではで、なんとなくホッとしますね。こういう歯医者さん増えてくれるといいなー。

DentistUB
上記、青マルが、最初にご紹介したエルデム・デント(TEL458847)。
エンフタイワン沿いのアノージンホテルというホテルから小道を北に登ったところにあります。

赤マルがPRECIDENT DENTAL CLINIC(TEL70112600)で、第一産婦人科病院の隣、川沿いの58番という高層マンションの裏側の1階にあります。

私は何が嫌いって歯医者が一番嫌いですが、いざとなったら駆け込むしかないですもんね。自分用の覚え書きとしても上げておきます。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

新しいパン屋さんがオープン!

Tokyo Breadなき後、まだココロに風穴があいたような気分で日々を過ごしていましたが、そんな私の叫びがどこへ届いたのか、こーんな素敵なパン屋さんがオープンしました~。
Everydaypan4
その名も「MY NICHI Bakery」。Everydayという日本系のスーパーがオープンさせたパン屋で、技術も機械も日本仕込とのこと。OVEN FRESH BAKERYだなんて、素敵なネーミングじゃないですか~~。

相撲会館近くのエンフタイワン通り沿いに、このお店ができたのは知っていたのですが、ずっと長らく「工事中」という張り紙が入り口に張ってあって、オープンする気配がなかったんですよね。

それが、先週の日曜日にこのお店の前を通りがかったとき「工事中」の張り紙はそのままだったのですが、中からパンの匂いが・・・。好奇心を抑えきれずに、中に入って聞いてみると「来週開店します」とのこと。

そうか・・・と思って帰ろうとした矢先、日本語が堪能な女性が出てきて、焼きたてのメロンパンを試食させてくれました。

うん、おいしい!

お礼を言って店を出たところ、さらに追いかけて来てくれて、クロワッサンみたいなパンがたくさん入った袋までいただいちゃいました。
Everydaypan5
これも、とーってもおいしかったあ~

てなわけで、開店の日曜日を心待ちにしておりました。

で、ついにオープン当日、行ってきましたよ。
Everydaypan2
バゲット800tg=50円ほどというのはうれしい!
Everydaypan
タルトやペストリー系は1500tgちょいかな。
Everydaypan3
サンドイッチやケーキまで、おいしそうなパンがたーーっくさん♪
オープン初日からこの品揃え、店の立地も良いし、お客さんも結構入っていて、さすが大手スーパーがバックボーンだけあって安定感があります。Tokyo Breadよりやや高めな感じはしましたが、とにもかくにもおいしそうです。

Everydaypan6
朝食用に買ったパン。

Everydaypan7
この黒パン、例の酸っぱいパンで、思ったのとは違ったのですが、これはこれでスープやお肉といただいたらぴったりですね。

店内は広々していて、テーブルや椅子もいくつかありましたから、ここでおいしいパンとコーヒーなどいただけたら最高ですね。ポストTokyo Breadの、新たな憩いスポットになること間違いなしです。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

ケンピンスキーホテルの和食「SAKURA」

昨今のバブル(?)景気に乗って、ウランバートルにも外資系ホテルがオープンしたり、今後も続々進出の予定があったりと、ホテルの生き残り合戦も厳しくなっているそうな。

そんな中、13地区の交差点に位置する老舗のケンピンスキーホテルは、地味なたたずまいの小ぶりなホテルですが、最近、内装を変えたり、レストランをリニューアルしたりして、グイグイと注目度を上げてきています。

ホテル内2階に「SAKURA」という名前のレストランが二つあって、一つは高級志向な鉄板焼き、一つはもう少し庶民的な和食レストラン。

先日、庶民的なほうのSAKURAに友人たちと行ってきました。
SakuraRestaurant5
こーんな素敵な和室の小上がりがあるんです。1万tgの個室料金がかかりますが、中に入るとゆったりまったりできて居酒屋気分が盛り上がること間違いなし。

SakuraRestaurant3
メニューは、揚げ物、麺類、丼物などなど、充実しています。お値段もリーズナブル。ランチにちょっと掻き揚げそば、という使い方もグーですね。

SakuraRestaurant
こちらは、ナスとキャベツの味噌炒め、鳥から揚げ。どちらも味のレベル高し。ビールがすすみます。個人的にはチンギス以外の生ビールがあるとうれしいのですが、ここのチンギスは程よくきりっと冷えてて、泡の感じもグッド。

SakuraRestaurant4
生春巻きに、大根サラダ。最初のお通しで酢の物まで出てくるところがニクイ。そしてそれがまたウマイ。

SakuraRestaurant7
そしてドドーンとお寿司~ 右の揚げ出し豆腐も、ふわ・カリの絶品。

SakuraRestaurant2
デザートには、和皿に入ったクレームブリュレ(4000tg)。和食を意識してなのか、一番下にご飯?が引いてあるんですよね。ライスプディング風ということなのか・・・。このご飯は、個人的にはなくてもよいような・・・。までも、おいしかったです♪ ちなみに、ケンピンスキー1階の「ハラホリン」というレストランでも、バニラアイスがのったクレームブリュレがあるんですが、これはまさしく絶品です~。お値段こちらの倍くらいしますが。

このケンピンスキーの二つの和食レストラン、そして回転寿司の「和」を管理されてるのが日本人シェフの方だそうで、どうりで味もサービスもレベルが高い!! 本当に気持ちよく食事ができました。

鉄板焼きSAKURAのほうのメニューがあったのでちょっとのぞいてきましたが、鉄板焼きのフルコースで4万5000tgくらいから。最後はちゃんとガーリックライスで〆ています。活け鮑のコースまでありましたよ~!すっごーい。こんなんがモンゴルで食べれる、というか、食べる人がいるんですねぇ。鉄板焼きは日本で食べたってそれなりにお値段しますから、ここで、ジャパンスタンダードのものが3000円くらいで食べれるんなら、一度食べてみる価値はあるかもですぅ~。

中国から来た友達が言ってましたが、モンゴルの外食はレベル高いみたいですよ。値段もさほど高くなく、そして味がいいと。中国はやっぱり基本中華で、中華以外のものを食べようとすると、値が張る割にさほどおいしくないそうな。

ウランバートルにも外国人が増えてきていますし、競争も激しくなってきてますから、ますます切磋琢磨してほしいですねー。

今月末に阿部首相が来蒙されるとのことですが、どこに泊まられるでしょうか。もしかしてもしかすると、ケンピンスキー?

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

モンゴルのオブジェ&銅像コレクション

ウランバートルの町を歩くと、かなりたくさんの銅像があることに気づきます。社会主義時代の遺産とも言える時の政治家や功労者、さらには遊牧民族独特の視点でとらえた躍動感あふれる馬の銅像など、なかなか見ごたえがあるものばかりです。今まで撮り溜めた私のコレクションをここで一挙公開いたしましょう。

statueinmongolia6
こちらはエンフタイワン通りのセントラルビルの敷地内にある、暴れ馬を乗りこなす少年。躍動感あふれる作品です。

statueinmongolia2
こちらも、暴れ馬の耳をつかんで制する少年をモチーフにした力作。サンサルのトンネル上に、割りと最近お目見えしました。

statueinmongolia9
馬の荒々しい息遣いやいななきが、今にも聞こえてきそうです。

statueinmongolia3
これぞザ・モンゴル、とでも言えそうな時の独裁者チョイバルサン。モンゴル国立大学を背に威風堂々とした風格。泣く子も黙ります。

statueinmongolia5
こちはモンゴル国立図書館を背に立つ・・・文学者?でしょうか。とても深みのある風景を醸しています。

WinterArt2
ウランバートルホテル前に、かつてはあったが今は亡きレーニン像も記念に載せておきましょう。

MarcPolo8
そして、以前も書きました私のお気に入りマルコポーロ。詳しくは「ウランバートルのマルコポーロ像」をご参照ください。

BeatlesUB
こちらも以前「ビートルズのオブジェに込められたメッセージ」でご紹介しましたオブジェ。

statueinmongolia30
オブジェといえばもう一つ、民族歴史博物館前のこちら。右側に英語で「No to death penalty」左側にはモンゴル語で「死刑のないモンゴル国」と書かれています。

statueinmongolia4
最近リニューアルオープンしたピースタワーの前にお披露目した銅像。いかにもな感じでモンゴルらしさはありませんが、一応載せておきます。

statueinmongolia29
こちらは、軍人の像のたもとに集まる軍隊の様子。去年の「軍人の日」にたまたま出くわしたときのショットです。

statueinmongolia21
チンギスハーン時代の軍隊みたいな格好に見えますが。こちらの通りは「ウランバートルお花見ストリート」としてご紹介した道です。

statueinmongolia20
さて、もう一つ私の印象に残るモンゴルの銅像といえば、ダルハンにあるこちらの像。疾走する馬上で馬頭琴を奏でる翁。なんとも詩歌的、絵画的な芸術作品です。

statueinmongolia12
もう少し引いてみると、下から子馬たちが見上げている演出もかわいらしい。

statueinmongolia8
さて、やはり最後にこれを載せないわけにはいきませんね。ウランバートルから小1時間車を走らせた場所にあるチンギスハーン像。

statueinmongolia11
これがどれだけ巨大か、お分かりいただけますね。モンゴル人たちのチンギスハーンへの誇りと熱い思いが、この像の大きさに表れているのでしょうか。

というわけで、なかなか見ごたえのある銅像がたくさんあるモンゴル。是非、町中の銅像やオブジェにも目を留めて、無料のモンゴルアートを鑑賞してみてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

モンゴルのお風呂事情

私はお風呂が大好きなんです。シャワーじゃなくて、バスタブのお湯にゆっくり浸かりたいんです。

オーストラリアやカナダにいたときも、アパートを探す際、まずバスタブがあるかどうか、これが最重要チェック項目でした。

モンゴルでのお風呂事情はどうかと言いますと・・・

これが、結構いい
Bath4
こういう大きなバスタブを兼ね備えているアパートが結構多いんです。

Bath
で、蛇口をひねればすぐジャーーーとあっついお湯が出るんです。追い炊きも必要ありません。(というより追い炊き機能はない)

日本みたいに、サムーいお風呂場で、カチカチカチッとレバーを回して、ボッと風呂釜に種火を付けて・・・(←私がいた東京の木造アパートの場合)それからサムサムーと言いながら、風呂場を温めるためにまずお湯をまいたり、急いで体を洗って湯船に浸かる、といった昭和なスタイルは、ここモンゴルにはありません。

なにせ家の中は隅から隅まであったかいので、日本の風呂場は寒いということすら忘れかけていました。そして蛇口をひねればほぼ熱湯
(たまに予告なしに、ぬるいor断水などもありますが、冬場は割りと安定しています) 意外なところが意外にブラボ~なんですよね、モンゴルって。

お隣の中国では、バスタブがある家は本当にお金持ちの家で、庶民のアパートにはありません。たいていトイレの中の壁に簡易シャワーがついていて、便座をぬらしながらサムサム~と言いつつショロッとシャワーを浴びる、まさしくカラスの行水スタイルで、冬に旅行で行ったとき、モンゴルの家のバスタブがどれほど恋しかったことか・・・。逆に中国の友人には、なんでモンゴルにそんな立派なバスタブがあるんだ!!と驚かれます。

しかし確かに、モンゴル人たちに風呂に入る習慣があるのかといえば、シャワーは浴びるけど、湯船に浸かるという人はあまりいないような。つまりバスタブは、シャワールームというか、シャワースペース?として使われているケースが多いと思います。

また、こんな乾燥した国でそんなに水をザアザア使えるのか?という質問もよく出ますが、良いか悪いかは別として、節水という言葉すら忘れかけてしまいそうになるくらい、水は普通に豊かに出ます。

もちろん、ゲル地区の人たちは、水を買ってタンクに入れて家に持ち帰る、という大変な作業をして水を確保していますから、彼らの節水テクには脱帽です。アパート暮らしで水がいくらでも出るとしても、ちゃんと地球のことを考えて使わないといけませんね。

Bath3
バスライフに欠かせないのが石鹸です。私はボディシャンプーより石鹸派。下の黄色っぽい石鹸は、私のイチオシ高麗人参石鹸。ちょっと独特の匂いがありますが、サポニン効果でお肌しっとり、メイクも落ちるし、私は頭も洗っちゃいます~。

1個250円です。安くてオススメ石鹸派の方は是非お試しくださいな。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

毎年恒例キムチ作り

去年に引き続き、今年もやりました手作りキムチ。2月上旬のツァガンサルの休みにかけて、韓国人の友人宅に大集合。
13Kimuchi6
今年は、ちょいとケチって、岩塩ではなく、モンゴルの湖の塩というのを使ってみました。でもこれも立派な自然の塩ですし、おいしくできました。お値段は岩塩の半額以下です。

13Kimuchi4
一晩、塩水に浸してしんなりした白菜。今回は白菜3玉半くらい。

13Kimuchi3
韓国の調味料をご紹介しましょう。真ん中と右はキムチ作りに欠かせないカナリ。ラベルの字が違って見えますが、どっちもカナリだそうな。左の大きいのは「みりん」だそうです。今回のキムチには使ってませんが、韓国のみりんあるんですねー。今度からこれを使おう。

13Kimuchi2
こちらはアミの塩辛。これもキムチの具に入れました。モンゴルでも買えるそうです。韓国ではこれで茶碗蒸しを作るんですって。

13Kimuchi
そして主役の唐辛子。左の袋にはハングル文字が書いてありますが、これは実は中国産。右のビニールの、ちょっとレンガ色っぽいのが正真正銘の韓国産だそうな。確かに韓国のお店で売ってた唐辛子はこんな色でした。

13Kimuchi7
具材を白菜に挟んでいき・・

13Kimuchi5
こんな感じにまとめていきます。

13Kimuchi8
こーんな大きなコチジャンのバケツに一杯できました~

今年のキムチもおいしかったあ~ 韓国人に指導してもらっているから間違いなし!!毎日ちょっとずつ食べて食べて、友達におすそ分けしたりして、しっかり浸かったキムチは、チゲ鍋、豚キムチ、キムチチヂミ・・・と大活躍。キムチチヂミはチーズを入れるとおいしさ倍増です~~。

キムチの詳しい作り方・分量を知りたい方は、去年のログ「モンゴル岩塩で本格キムチ作り」をご覧ください。


では最後に、清少納言「枕草子」風に一筆。

冬はキムチ。
キムチの辛さはいふべきにもあらず。
モンゴルの冬いと寒きに、日々キムチなぞ食すもいとつきづきし。
寒過ぎて、ぬるくゆるびもてゆけば、やうやうキムチも尽きて春来たる、其もまたいとをかし。


現代語訳:
冬といえばやっぱりキムチ。キムチが辛いのは言うまでもない。モンゴルの冬は大変寒いので、毎日キムチを食べるのはまったく似つかわしい。
寒さがゆるくなり、だんだんキムチもなくなる頃に春がやってくる。そんな季節の移り変わりも趣があるものよ。


にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村



TOKYO BREAD トツゼンの…

今しがた、パンを買いにTOKYO BREADに行ったら、
ドアに ТҮРЭЭСЛҮҮЛЭН(貸します)の文字が・・・。

え?ど、どういうこと??
と焦ってドアを引っ張ってみるも、鍵が掛かっていて開かず・・・。
窓から中をのぞくと、天井からつるしてあった電器類がはずされて机に置かれている・・・。

近くに引越したのかしら、と思って数件先まで歩いてみるも見当たらず・・・。ダメもとで、隣のピザ屋の店員に「TOKYO BREADはどうしちゃったの?」と聞いても、そっけなく「知らん」と。

どーーしても気になって、その「貸します」と書いてある張り紙に書かれた電話番号に電話してみたところ、

 閉店した と

その人が言うには 店主は外国に行ってしまった と

え~~~~
なんでなんで急にこんな終わりがトツゼン訪れるのですか・・・

ついこないだ「最近アンパンはないんですね」と言ったら「来週からまたやります」って、笑顔で会話を交わしたばかりだったのに。。引っ越すとか閉店するとか、今までのご愛顧ありがとうとか、そんな話はミジンも感じさせなかったのにぃぃぃ。

やはり遊牧民族モンゴル、引越しはいつもトツゼンです・・・。

 春なのに~ お別~れですか・・・

早春の冷たい風に吹かれながら、そんな懐かしい歌が私の頭に流れた三月の昼下がりなのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村


プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。