スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルのご馳走―羊の頭(グロテスク画像あり)

モンゴル人によると、羊の体で捨てる場所はないそうです。つまり頭から足から、内臓から肛門まで、すべてがおいしく食べれるモノだそうです。羊の頭は特にご馳走。試しに数人のモンゴル人に「羊の頭、好き?」と聞いてみると、その場にいた全員が「好き!」と答えました。

この羊の頭、ザハ(市場)にはもちろんスーパーにも普通に売っています。遠めにチラリと見るくらいですが、私が見たものはどれも全体的に黒っぽくなっていました。これは毛を焼いてなくしてしまうために、バーナーであぶってあるからだ、と聞いたことがあります。

さて、以前にスウェーデン人の女の子とルームシェアをしていたときのこと。

ある日彼女が、ずいぶん長い買い物からやっと帰って来たと思ったら、手にしていた買い物袋を机の上に置いたとき、ゴッツン・・と、ものすごく低く硬い音がしたんですね。

「何を買ってきたの?」と袋を覗いた瞬間、私は「ヒィッ!」と叫んで、思わず後ずさってしまいました。買い物袋の中にあったのは、なんと→→→羊の頭↓↓

「こ、これを一体どうするつもりーーー!?」私はさらに叫びました。
「スープにするのよ♪」と、とてもうれしそうな彼女。
「ス、スープって、これをこのまま丸ごと煮るわけーー??!」と私。
「そうよ♪」

そして彼女は料理に取り掛かりました。まず、羊の頭をこのように鍋に入れます。
SheepHead

うおお。。。見るからにグロテスク。目が合うとドキドキしてしまいます。半開きになった口が、薄笑いを浮かべているようで、ますます不気味・・・。こ、これが今日の私たちの晩御飯、、でス・・か・・・

彼女はキャベツやらにんじんやらと一緒にこの頭を煮ました。。匂いも結構スゴイ・・・。一応、スープは飲みました。しかしこの頭をどう食べていいのか、スウェーデン人と日本人の女子が知るはずもなく・・・。やはり本場のモンゴル人に頼むしかありません。

夜遅く帰宅したモンゴル人の女子に、あのコレ・・・といって本日のメインディッシュを見せてみると、彼女いわく、羊の頭は前に一度くらいしか食べたことなく、自分はそんなに好きではない、と。モンゴルも都会っ子は現代化しているのでしょうか。しかし、そこはモンゴル人、ひるむことなく包丁をたくみに使い、みごと頭を解体してくれました。
SheepHead2
まあ、見ているだけで胸が悪くなりますが、マグロかシャケの解体ショーだと思えば耐えられますね。この頬のあたりの肉は、まま、おいしかったです。。。

そして、ついには、顎をこのように裂き開きました・・・。
SheepHead3
この、口の中の上あごの肉(黒っぽく見える部分)がコリコリしておいしいと聞きました。実際には、まあおいしいと言えばおいしいですが、グロテスクさのほうが先立ってあまり印象に残っていないのが正直なところ。


とまあ、こんなあまり芳しくない体験談しかなかった羊の頭ですが、先日、外からの友人といっしょにCITY NOMADSというモンゴル料理レストランに行ったとき、メニューにあったんです・・・“Sheep Head”と。

で、彼らが是非これを注文したい!!というので、じゃあ数年ぶりに気を取り直して食べてみようかと・・・。

で、出てきたのがこちら。
Sheephead
羊の頭蓋骨を器に見立て、じゃがいもやにんじんと一緒に調理した肉がおしゃれに盛られています。切り刻んであるので、どこがどの部位だかよくわかりませんが、ときどき、あ、これはもしかして目玉?というのがあって、まあさすがにそれは食べませんでしたが。

でもこの羊の頭、とっってもおいしかったんです!!

これはモンゴルに来たら一度は是非食べていただきたい、絶対にオススメです。外国人向けに料理してあるから食べやすいのもあると思いますが、この羊の頭は本当においしいですよ!!お値段は12000tg=800円ちょい。

CITY NOMADSには他にもボーズやホーショール、焼きバンシなどのモンゴル料理があって、外国人向けにアレンジしてあるのでビギナーにも食べやすく、味も良かったです。普段は、せっかくレストランに来たんだから羊肉でないもの、モンゴル料理でないものを注文してしまいがちですが、やっぱり外からのお客様が来たら、おいしいモンゴル料理も体験してもらわないとね。

このCITY NOMADSは相撲会館、向って右手にあります。エンフタイワン道路からちょっと引っ込んでますが、看板が見えるはず。このNOMADS系列のレストランは、ウランバートル市内にもいくつか「MODERN NOMADS」や「bd's Mongolian Barbeque」などの名前で支店を展開しています。

モンゴルのご馳走、羊の頭、一度は是非トライしてみてくださいネ!!

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

週末のスカイリゾートは大盛況

ウランバートルのおしゃれなスキー場SKY RESORT。先日の土曜日に行ってきました。
Skyresort5
去年おととし行ったときは、平日だったせいなのか、ガランガランでしたが、今日はどこもかしこも人人人です。

Skyresort2
この日の気温、なんと8度と表示されています。ほ、ほんとかな?? でも実際滑っていたら汗ばむほどの陽気で、最高のスキー日和でした。

Skyresort4
レストランもこのとおり、激コミです。

Skyresort
いや~、すごいすごい。スキーブームのころの苗場みたいですね。実際、お金のあるモンゴル人たちの間では、家族サービスに週末に家族でスキー、というのが今ドキのちょっとしたブームみたいです。

Skyresort3
駐車場もこのとおり車でいっぱい。モンゴルも家族がマイカーでスキーに来る時代になったんですねぇ。

マイカー組でない人のために、スカイリゾート行きのバスが、国立図書館の横あたりから片道1000tgで出ています。朝10時発ということになっていますが、この日はなぜか2時間遅れの12時出発。バスの運行時間がころころ変わるみたいで、当てにできないのが痛いところ。で、帰りはスキー場18時発のバスに乗るしかありません。

3時間のリフト券とスキーレンタルで3万2000tg(約2000円)、ボードの場合は4万1000tg(約2500円)。でもこれは週末料金で、ウィークデーだと、これより5000tgくらい安くなるみたいです。

スキー場行きのバスにいっしょに乗り合わせたおばあちゃまたちがいて、まさかこの人たちもスキーを?!と思いきや、友だちと連れ立ってきれいな空気を吸っておしゃべりしに行くのよ♪とのこと。たしかに、町を離れて空気もいいし、施設もきれいでちょっとしたリゾート気分も味わえるので、そういう使い方もありだな、と納得。

Skyresort6
スカイリゾート、大盛況です。

ちなみに以前のガラガラスカイリゾートの様子は「-25度でもへいちゃら!?極寒モンゴルでスノーボード」をご覧ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

モンゴルデールの作り方

さて、モンゴルの伝統民族衣装モンゴルデール。既製品を買うこともできますが、自分で好きな布を買ってきて、デザインを選んで、自分の好みとサイズにぴったり合ったデールをオートクチュールするのも、ここモンゴルではかなり一般的です。

まずは生地を買いにナラントゥールザハへ行きます。
Narantuulzax5
色とりどりの生地がたっくさーーん。

MongolDeel3
この中から自分に合うのを選ぶのは、楽しいですがかなり至難の業です。

MongolDeel8
お値段はメーター、高いもので1万5000tg(昨今の円安に押され約1000円)、安いもので8000tgくらいから。もちろんお値段の違いは質の違い。ワンピースやツーピースといった今どき風デザインのデールを作る場合、体の大きさやスカート丈などにもよりますが、最低4メータくらい必要。がぼっとした伝統的なモンゴルデールだともう少し必要なんじゃないかと思います。

MongolDeel2
生地は色鮮やかでとっても素敵です。一応絹ってことになってます。お店の人は本物の絹であることを証明しようとして目の前でライターで火をつけて見せたりします。絹は燃えないそうです。

MongolDeel
で、自分が選んだ生地に合わせて、縁取りやボタンを作るキンピカのキレも合わせて買います。たいていはお店の人が適当に選んでくれます。

MongolDeel6
で、その生地を持って、このような縫い子さんのところへもって行きます。モンゴルにはアパートの半地下とか、ザハの隅などあちこちに、こうしたオイドルチンがいます。もちろん、腕とセンスとお値段の折り合いがつく縫い子さんを見つけるのがポイントです。

MongolDeel5
さっきのキンピカのキレはこのように、ドレスの縁取りや、モンゴル式のダッフルボタンになるわけです。

縫い子さんによって値段もいろいろあると思いますが、わたしが最近頼んだところは確か5万tg(3000円)くらいだったかな。デザインも写真を持っていって、こんなふうにしてと注文しました。ちょっと自分が思っていたのとは違う出来上がりでしたが、まあまあ気に入りました。お祭り前や卒業シーズンなど忙しい時期でなければ一週間くらいで出来上がると思います。生地と合わせて7~8000円くらいの予算で、オートクチュールのデールが作れるというわけ。

本来のモンゴルデールは乗馬に適した服だと言われています。モンゴルデールのドレスも素敵ですが、いつか伝統的なモンゴルデールを作って、それで草原の馬旅をするのが夢です。

Photo News : MONGOLIA IN DEEL FESTIVAL 2012
ここに素敵なモンゴルデールがたくさん出ています。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

ウランバートル大気汚染―衝撃の事実

日本では、北京の大気汚染のことが大きく報道されていますね。北京市に日本から技術者を送ったとか、日本の空気洗浄機が売れていたりするとかしないとか。

そのニュースを聞いて、そうか・・・北京はそんなに大気汚染がひどいのか・・・ウランバートルはいったい、それよりマシなのか、それともニュースになっていないだけで実はもっと酷いのでは・・・?と、嫌な予感がしていましたが、2月6日付けの日本経済新聞にその答えが載っていました。

直径10マイクロメートル以下の粒子状物質の大気中濃度」という表がありまして、ウワサの北京は121(マイクログラム/立方メートル)。
東京は23、ニューヨーク21などなど。やはり北京の大気汚染率がぐんと高いことは事実なようです。


しかーし!!

北京のランクはこれでも第5位
その上にどういった都市名が連なっているかといいますと、

第4位:ムンバイ → 132
第3位:カイロ → 138
第2位:デリー → 198

そして、栄えある第1位は、やっぱり・・・ウランバートルゥ~

期待を裏切りませんね・・

ハイ、でもここまでは、ある意味想定内。


問題はここからですよ。
その数値がスゴイんです!!


なんと、、、→ 279・・・


ダントツぶっちぎりの堂々第1位~~~
東京の10倍、今話題をさらっている北京の実に2倍以上・・・


もう絶句するしかありませんな。

WinterGer10
まあ確かに、冬のゲルでは、このような炭を毎日3袋(最低)使うというんですからね・・・。しかも冷え切ったゲルを再度暖めるのは大変なので、昼間外出するときも火を絶やさないそうな。そしてゲルの中はTシャツ一枚で過ごせるほどガンガンに暖める。まあ、火ですから調整できないんでしょうけど、どう見ても、環境的にも効率的にもいいことない。
なんかいい方法ないんでしょうかねぇ・・・

WinterGer

日本の大気汚染、実は北京じゃなくって、案外ウランバートルから行ってるのかもしれませんよー。是非ニュースに取り上げて、日本の技術者や空気洗浄機をこっちに送ってくだされ~~~

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

女が頭を丸める理由―モンゴル編

人気アイドルの坊主刈りに端を発して、女性がバリカンで頭を丸めるシーンをテレビCMとして放映している引越会社に問い合わせが殺到したり、理由はともあれ、女性が頭を丸めるということに、日本列島全体で物議がかもされているようで。

丸刈りは、謝罪という意味合いから、仏教における解脱、そして軍隊や刑務所のスパルタイメージ、さらには武士道、スポーツ道、はたまた甲子園球児はなぜ丸刈りでないといけないのか?という素朴な疑問に至るまで、実にいろいろなものを包含する奥深い行為のようです。

さて、ここモンゴルでは女性が「頭を丸める」ことはもう少し一般的に行われています。子供がしている場合が多いですが(男の子も女の子も)、大人の女性もときどきしています。大人の場合、冬は寒いから暖かいときにやるという人が多いみたいですが。

それは、上に書いたようなコ難しい理由ではなく、頭を丸めると次に生えてくる髪の毛が濃く美しくなるからという飽くなき美への追求です。

モンゴル人の男の子が2歳だか3歳になったとき、生まれてそれまでずっと伸ばしていた髪の毛を切って頭を丸める断髪式のようなお祭りをする習慣がモンゴルにはあります。それとはまた別に、学校に上がる前くらいの年頃の女の子も、丸刈りにしてつるつるの頭にかわいらしいヘアバンドや大きなリボンをしてたりします。そうすると、強くて美しい髪が生えてくるんだとのこと。ホントだろうか・・・?

私のクラスの女の子も、8年生で13歳くらいですが、ある日ばっさり丸刈りにしてきて、しばらくバンダナを巻いたり帽子やかつらをかぶったりしていました。でも周りからすごい奇異の目で見られるとか、本人も恥ずかしくていたたまれない、といった感じはまったくないです。クラスの男の子たちがかつらを代わる代わるかぶってふざけたりもしてましたが、彼女もいっしょになって笑ってましたね。(最後のほうでは、もぅいいかげんにシロ!!モードになってましたが)

大人の女性でもときどきいきなり丸刈りになっているときがあります。引越し会社のCMの女性もそうですけど、それはそれで、なかなかかわいいというか、カッコ美しいです。(もともときれいな人であるという前提条件があるんでしょうけど)

で、もしもその美容効果が本当であるなら、わたしもモンゴルにいる間に一度チャレンジしたいなあと密かに思ってるんですが、どうでしょうかね。もともと髪がネコッ毛でぺっしゃんこで薄いので、一度頭を丸めて濃くて黒々した髪に生まれ変わりたいな~~なんて。日本だとかなり衝撃的かもしれませんが、モンゴルだったらその衝撃の3割程度でいけるんじゃないかと。

わたしがある日、頭にバンダナを巻いて現れたら、何も聞かずに笑って「サンバイノー」と声をかけてくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。