スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウランバートルのマルコポーロ像

ウランバートルの町の中心、スフバートル広場の隣のセントラルビルの前に、こんな像があります。
MarcPolo5
昔学校で習った「東方見聞録」といえば、

MarcPolo8
そう、皆さんご存知、中央アジアはシルクロードを旅したイタリアの冒険家マルコポーロ

肩には鳥がとまっているのか、なんだかナウシカに出てくる伝説の人物のようなエキゾチックないでたち。

マルコポーロは、時のモンゴル帝国のフビライハンに謁見し、さらにはペルシャのイルハーンに嫁ぐお姫様を送り届けるという使命まで仰せつかったそうな。なんともモンゴルにかかわりの深い人物ですね。

彼の「東方見聞録」には、当時の国際商業都市として発展したモンゴル帝国(元朝)の都、大都(現在の北京)の発展ぶりなども記されており、ヨーロッパ、もとい世界にモンゴル帝国を紹介した人物ともいえます。あ、ということは、この像で彼が左手に持っているのはその「東方見聞録」ということなんでしょうか。

このマルコポーロ像は、奇しくも道向こうのモンゴル外務省と対峙するように建てられております。
MarcPolo
(モンゴル外務省)

世界にモンゴルを紹介した人物として、約800年の時を経てその功績が買われ、彼の像がここウランバートルに建立されたのだ、というような説明が、先日飛行機の中で読んだ「ТОЙМ誌」に解説されていました。

言ってみればマルコポーロは、ある意味モンゴル外交官の先駆けなのかもしれません。外国人でも能力がある人を積極的に重職に起用したというフビライハンの時代であれば、それもまたつじつまが合います。

MarcPolo1
シルクロードやマルコポーロに、異国のロマンや旅の憧れを感じていた若かりしころがありました。この像を見るたびに、今、自分が日本から遠く離れた、奥深い中央アジアの町に住んでいるんだと思うと、ちょっぴりロマンを感じますね。


ちなみに、ウランバートルにはかなりの数の銅像があります。ある人物が銅像のモデルとなるのにその人物が死去してから50年以上だったか、ちょっと忘れましたが、結構細かい規定が色々あるそうな。

このマルコポーロの銅像は、約60万円を拠出して、つい最近お目見えしましたが、逆に、最近姿を消した銅像もあります。

それはこちら。
MarcPolo6

マルコポーロ像からほんの100メートルほど、ウランバートルホテルの前に威風堂々と立っていた「レーニン像」は数ヶ月前に突然撤去され、レーニンの名を刻んだ台座だけが虚しく残されています。(以前のレーニン像はコチラの記事で写真が見れます)

時代の趨勢と今のモンゴル人の世論を映す、なんとも感慨深い対照的な二つの銅像です。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

モンゴル「預金保護法」効力消滅

日本大使館から、こんなメールがきました。


さて,モンゴルにおきましては,平成20年11月に大手銀行の破綻を受け,「預金保護法」を制定し,モンゴル国内の商業銀行の預金を保護してまいりました。同法は4年間の時限立法として成立しておりましたので,4年を経過した本年11月をもって,その効力が消滅しています。

モンゴル国家大会議(日本の国会に当たるもの)においては,預金保護法の機能を引き継ぐ法律として,「預金保険法」を審議中ですが,現在のところ,成立しておらず,また,同法の保険の範囲及び発効時期についても未定の状態です。したがいまして,現時点において万が一にも銀行が破綻した場合には,預金が保障されない状況になっております。

モンゴルの商業銀行に預金されておられる在留邦人の皆様をはじめ日本国民の方々も大勢いらっしゃると思いますが,現状における上記リスクについても十分にご理解の上,判断されることを勧奨いたします。



私も、ゴロムト銀行に、ドル、円、トゥグルグの3通貨で預金をしているんですが、このお知らせがやや気になりながらも、定期預金をまた更新してきました。

早くその新しい法律成立してほしいなー。でも成立したからといって100%安心できないのも事実ですが…。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

冬至とモンゴル「ユス」の始まり

12月21日、モンゴル人が恐れていた世界滅亡デーは滞りなく過ぎ、その日世界は冬至を迎えました。

モンゴルでは、この冬至から1年で最も寒い「ユス」という長い期間が始まります。(詳しくは「一年で最も寒い2回目の9日間の始まり」をご参照)

今年のモンゴルはすっごく寒いです。今まで5年いて、こんなに寒いと思ったことはありません。11月の末ごろからぎゅーんと冷えて、12月の初めから「ユス」が始まってしまったかのような寒さ。日中でも最高気温が-25度を下回り、夜は当然-30度、40度…。確かに家庭の冷凍庫より数倍寒い。

こんな早くからこんなに冷えてるんじゃユスが始まったらいったいどうなるんだ!! 世界滅亡よりこっちのほうがはるかに現実的な心配です。

おまけに外はどれだけ寒かろうと、部屋の中はパール(「今日からパールがやってきた」ご参照)という全館暖房が利いていて、Tシャツ一枚でいれるくらいに温かいはずのモンゴルのアパートが、今年は寒い!!!

なんでも新しい建物やアパートがどんどん建っていて、エネルギー供給が足りなくなっているとかいないとか。

しかも今まで備え付けのパールで十分だっただけに、暖房器具というものがありません。買うのも悔しいので、とにかくモコモコに着こんで、腰に毛布巻いたりして過ごしています・・(泣)

モンゴルは極寒でも部屋の中が温かいのがウリだったのに…。これから続くユスが思いやられる。。

というわけで、極寒のモンゴル冬景色を。
WinterUB
凍てつくスフバートル広場。

WinterUB2
写真を撮ろうと手袋をはずすと数十秒でびりびりしてきます。体感では-30度切ってたでしょう。

WUB3
スフバートル像も凍てついています。

12WinterMongolia
ゲル地区では、水汲みの子供たちがきゃっきゃと坂道を滑り降りてました。

WinterUB3
-40度の寒さを吹き飛ばしてくれるのはこの笑顔。
どんなに寒くっても、モンゴルの子供たちは今日も元気いっぱい。

さぁ、長くて寒いモンゴルの冬は始まったばかり。
チャツァルガン(サジー)を飲んで元気に乗り切るぞ~!!

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

モンゴルの電気プラグで被った大損害

先日、アイフォンを充電しようと壁のプラグに差し込んだら・・・


パーーンッ!!


と爆発音がして火花が散りました。

辺りに焼け焦げた匂いが充満して・・・
。。。そして私のアイフォンはお亡くなりに。。。



モンゴルのプラグって電圧が安定してないという噂で、ときどき差し込もうとするときに、パンと火花が散ったりはするんですよ。

でも、こんな大きいのは初めてでした…。




しかも、なんで
よりによってアイフォンをつなげているるときにこうなるの~~
(良い子の皆さんはデバイスをつなげた状態でプラグインすることは避けましょう)




もちろん、TEDYに行きましたよ。走って。
色んな修理屋に聞きまくりました。

でも、中の電子版の一角が焼けちゃってるらしくて…。

電子版ごと6万tg(約3500円)で変えてやるって言ったおっちゃんがいて
すっごく迷ったあげく「じゃあやって」と頼んだら

ちゃんと変えてくれて起動するとこまではいったんですけど、
パスワードが掛かって、それをどうにも解除できず。。


業を煮やした私は、
そのおっちゃんに2万tgで売ってきれいさっぱりさよならしてきました。



結論として、
私はとことんアイフォンと相性が悪い!!



これまでもいろいろな紆余曲折がありましたが、最後にこんなエンディングが待っていたとは…



さようならスティーブ。
私はもう二度とあなたの元には戻らない。



----



てなわけで
今はアンドロイドに乗り換えてます。


アンドロイド、使ってみたらすっごくいい!!


まず第一にスティーブみたいに気難しくない。
まあ、彼ほどスマートではないとしても、リーズナブルでイージーで、そして何よりオープンで自由なコンセプトが気に入りました。

この短期間にアイフォンとアンドロイド両方を使ってみて、今後の将来はアンドロイドにあり、と私は見ましたよ。ビルも追い討ちしてくる可能性だって十分ありますね。

ま、論議を呼ぶその辺の話しはまた今度改めて。


とにもかくにも、モンゴルの電気プラグにはご用心!!
まあ、今回の件は、使っていたアイフォンの充電器が粗悪品だった可能性も否めませんが、モンゴルのプラグが怖いのは事実なので、日本のパソコンなど、電圧的にはOKでも、変圧器をはさませたり、使用が終ったら壁のプラグからコンセントを抜いておくことをお勧めします。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2012年12月21日―モンゴル以外の世界滅亡

2012年12月21日―世界滅亡―

マヤのカレンダーに絡んで語られている終末論ですが、ここモンゴルの方々は結構まともに信じておられるのか、社会生活や経済活動にまで影響が出てきています。

まず、今日は土曜日だというのに学校に借り出されました。来週の金曜日、つまり21日の分の授業を前倒しで今日やることになったのです。
で、21日金曜日は学校は休みと。。世界滅亡の前に日本語の授業をそこまでして受けたいとは・・・(涙)

先生たちにみんな本気で信じてるんでしょうかと尋ねると、苦笑しつつも、心配している親たちがいて、子供が学校にいて離れ離れだったら何かあったときにどうするんだ、というクレームが来ているので、とのこと。

まあ、たしかに避難訓練も非常時の備品やマニュアルも何もないから、何かあったらどうすると言われれば、確かに返す言葉もありません。

経済への影響としましては、衣服、美容・健康用品などの売れ行きが超鈍っているそうです。普通はクリスマスや年末のお祝いモードで稼ぎ時のはずですが、いわゆる買い控えってやつですか。確かに、来週世界が終るのに、高い洋服や、まして美容・健康にお金を使う必要はありませんよね。

てなわけで、やれ水と食料は買っておけだの、21日から3日間は暗闇が来るだの、日本で大地震が起こるだの、親や親戚に会いに行けだの、モンゴルゲルにいたほうがいいだの、極めつけは、世界が滅亡してもモンゴルだけは助かるなどなど、さまざまな情報が飛び交っています。

モンゴル人ってやっぱり素朴というか純粋というか。自然に対する畏れや敬意の念が厚い、とも言えなくもないですが。

1960年代にハレー彗星が接近したときは、もっと大騒ぎだったそうな。それに比べたらまだましなそうなので、昨今のモンゴル人は変わってきてはいるようですが。

さてはて、来週の金曜日に何が起こりますやら。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

モンゴルで「海外ボランティア」しませんか?

1988年から海外ボランティア活動を運営しているCECという会社は、福祉NPO活動、日本語ボランティア、アジアの孤児院で子供たちを支える活動など、特に大学生に向けたプログラムを展開している会社です。

ただの旅行ではなく、滞在期間に合わせてボランティア活動を行い、その国の人々や文化に接し、自分も成長する、というのがコンセプトです。

今回、ここモンゴルで初のプログラムが来年3月に催行されることになり、私が現地モンゴルでのサポート&相談役を勤めることになりました。

モンゴル ボランティア&文化交流


2013年3月4日から14日まで第一回の参加者を大募集いたします。最初の参加者の方はモニター料金を設定いたしますので、是非ご検討ください。

とのことです。

3月初めはまだまだ寒いと思いますが、-30度の極寒モンゴルで、人々がどのように生活しているかを見てみるのも醍醐味の一つではないでしょうか。意外とみんなが普通に生活していることに驚かれるはずです。

日本語を一生懸命学ぶモンゴル人学生との交流や、孤児院でのプログラムも含まれる予定なので、モンゴルの人々、文化、そして社会の現状についても、このプログラムを通じて知っていただけたらと思います。

参加者の方々とお会いできるのを楽しみにしています!


★「モンゴル海外ボランティア参加者体験談」の記事で、プログラム実施後の後日談についてご報告しました。CECのページで参加者の方からの体験レポートをご覧いただけます。

★★次回のモンゴルプログラムは、2013年9月5日から19日の15日間です。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

モンゴルの一番旨いビール―GEM DRAFT

今まで何回か「モンゴルの旨いビール」をシリーズでご紹介してきましたが、満を持してご紹介いたしますのは、モンゴルでイチオシに一番旨いビール!その名も GEM DRAFT。これぞモンゴルにあって日本にない画期的な商品、量り売りの生ビールです!!
Gembeer4
このように茶色のペットボトルに入っています。これで確か1リットル300円弱、他のビールと比べるとお値段ちょっとお高め。

どのように販売しているかといいますと、、
Gembeer2
スーパーの一角に、このようなビール販売のブースがあり、このお姉さんに、「ビール500mlください!」とか言いますと、さきほどの茶色いペットボトル(サイズ各種あり)にビールを注ぎ、白いプラスティックバックに入れて、にこりともせずに渡してくれる、という寸法。

このGEMビール、ちょっと地ビールに似たような一癖ある味ですが、まろやかな口当たりや泡の感じは深くソフトで、さすが「やっぱ生ビールだね♪」な感じです。お店で飲むチンギスの生ビールよりもずっとおいしいと感じるのは私だけ…?

日本にもこういうのあったらいいのになあ!なんでないんでしょう??
どうしてなかなかビール先進国のモンゴルです。

ということで「モンゴルの旨いビールシリーズ」をまとめてみました♪是非ご参照くださいませ。
旨いビールシリーズVol.1「アルタン・ゴビ
旨いビールシリーズVol.2「ハラホリン(カラコルム)
旨いビールシリーズVol.3「FUSION

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。