スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルの新航空会社MongolianAirlinesGroup

少し前、maka10ku様から本ブログに頂いたコメント。

新UB脱出ルート
七月からMongolianairが羽田便を運航するらしいですね。時間が微妙ですが、週3便とのことですよ。
http://www.mongolianairlines.com/timetable


恥ずかしながら私このコメントを拝読して初めて気がつきました…。Mongolian Airlines Groupって、MIATとは違う、新しい航空会社なんだってことをーー!!!
MongolianAirlinesgroupLogo
そういえば、このロゴこないだ空港へ行ったときも目にしてましたが、MIATがロゴを変えたのカナ? なんかタイかマレーシアみたい…くらいに思っていました。


MiatLogo
我らが MIAT(Монголын Иргэний Агаарын Тээвэрの頭文字)はこちらのモンゴリアン・オーセンティックなロゴで変わりありません。でもMIATも「Mongolian Airlines」って英語名があるんですよね。新会社名とだぶってるから混乱のモトですよ!!

で、この新会社のホームページをよくよく読んでみると、実はもともと1956年からバヤンホンゴルやホブドといったモンゴル国内の旅客運行を行っていたが、1992年以降は農業用運搬を担っていたそうな。
それがこの度、新たに旅客機をオランダから購入し、2011年9月から社名もMongolian Airlines Group LLCと一新、旅客運行が始まった、とこういう経緯みたいです。

で、こちらの新会社により7月からウランバートル-羽田便が就航すると!! その他に、ウランバートル-天津、ウランバートル-香港も、それぞれ週に3回、さらにウランバートル-エレン(モンゴル中国国境の中国側の町)に週4回、と斬新な国際ルート展開。モンゴル国内は、ダランザドガド、ホブド、ムルン、チョイバルサン、バヤンホンゴルに飛んでるみたいですね。

MIATは、成田、大阪、ソウル、香港、北京、モスクワ、ベルリンといった国際線専科。

他にEznis Airwaysという航空会社が、モンゴル国内をあちこちくまなく網羅しています。こちら国際線もあって、カザフスタンのアルマティ、ロシアのウランウデ、中国モンゴル自治区のハイラルといったディープな場所をカバーしています。

いやはや、モンゴルの飛行機といえばMIAT、みたいにしか見えてなかったので、なんだかとってもお勉強になりました。maka10kuさんの貴重なコメントに感謝いたします。

さて、この新しいMongolian Airlines Group(航空会社コードは「MR」だそうな。ちなみにMIATは「OM」)のエアバスに乗って羽田に飛べるのは、いつのことになるでしょうか。楽しみ半分♪不安半分…? 日本の旅行代理店のWebサイトでは、7月以降もMIATの字しか見当たりませんが…。まだ売り出しされてないんでしょうか、それとも予定はあくまで未定なのか…?

予約しました・乗りました!という方は是非ご報告くださいね~。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tokyo Bakeryの「タダのパン」

さて、以前にUBのおいしいパン屋さんとしてご紹介した「TokyoBakery」
TokyoBakeryTadapan
今やすっかりここの常連の私。先日またパンを買いに行きました。

ちょうど写真の上の棚、サンドイッチ食パンの右手に並ぶ山型食パンがあったので「これはどんなパンですか?」と、白衣姿の店員に聞いてみたところ、返ってきた返事が「зүгээрズゲールталахタラフ」と。

「зүгээрズゲール」というのは「大丈夫」とか「なんてことない」みたいな意味。「結構な」といった肯定的なニュアンスも含みますが「すごくイイ!」というテンションでもない。日常会話でも「ありがとう」の返事に「ズゲールズゲール(どういたしまして)」とか、「ズゲール?(大丈夫?)」との問いかけに「ズゲール(大丈夫、なんてことない)」と答える。

つまり「зүгээрズゲールталахタラフ」とは、訳せば「なんてことないタダのパン」。その、あまりに謙虚でそっけないネーミングにやや肩透かしを食らいつつも、950tg(65円くらい?)という安さにも引かれ、お初に買ってみることにしました。

TokyoBakeryTadapan3
ちゃんと機械でカットしてくれました。
TokyoBakeryTadapan2

さて、この「何てことないタダのパン」。これがタダものじゃありません。びっくりするほど美味い!!モンゴル語で言えば「ズゲール」じゃなくって絶対「Гоё!ゴイ(おいしい、きれいの意)」でしょう!

外側はパリッとハードに仕上がっていて、中はもっちり弾力があって、あの高級パン屋FAUCHONの山型パンにも負けてません!!(←あくまでも私観ですが) なのにお値段は限りなくリーズナブル。いや~TokyoBakeryさん、ほんとに東京でちゃんとしっかり修行してきたのねぇ、なんて立派…と思わず目尻をハンカチで押さえたくなります。

しかし…「ズゲールタラフ」って、やっぱネーミングをどうにかしたほうが良いのでは…。これじゃあまりにも謙虚すぎますよねぇ。せめて「TokyoBakery特撰山型パン(гоё талах?)」とか、どうです?

あと、パンを入れてくれるビニール袋も、日本のどこかのスーパーのレジ袋なんですよね。日本語で「ありがとうございます」とかデカデカと書いてあったりして。お店のロゴでも印刷したちょっとおしゃれな紙袋に、買ったパンをのぞかせながらいそいそと道を歩けば、いい宣伝にもなるような気もしますがー。(そしたら毎日でも買いに行っちゃう♪)

こんな風に、色んな意味で私のココロをつかんで離さないTokyoBakery。こないだ行ったときは、若い女の子5~6人のグループと、別の席には親子連れもいたりして店内なかなかのにぎわいでした。よかったよかった♪

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

おいしいピザと肉料理「American Cuisine」

AmericanCuisine2
見てください、このおいしそ~なピッツァ!!
ピザ・マルガリータ 14,000tg(約900円)。今までモンゴルで食べたピザの中でイチオシ決定 薄いクラストにたっぷりとろけるチーズがもぅたまりません。

AmericanCuisine1
肉食女子のハートわしづかみ「ポーク・スペアリブ」17,000tg(1000円)
(おお、そういえばこれは“排骨”ではないか!!やっぱりスキなハズ)

AmericanCuisine
モンゴルの牛さんですか?と思わず聞きたくなる「ラウンドトップ・ステーキ」17,000tg(1000円)

AmericanCuisine6
ちょいとオシャレなチヂミなどもあったりして 7,000tg(500円)

AmericanCuisine5
サラダ5~6000tg、サーモンクリームパスタ 12,000tg。
お値段はどれもうろ覚えなのでザックリです。あしからず。

AmericanCuisine3
モダンで開放的な感じのパブ・レストラン「American Cuisine」

料理もインテリアも、アメリカというよりヨーロッパよりな印象。ピザも薄ーいクラストでパリッとイタリア風。ビーフもポークも味付け&盛り付け共に、とってもグー。肉料理のお値段は「レストラン・ベランダ」よりややお高めかもしれませんが、ボリュームもいいですし、コストパフォーマンス的には文句なし。

一緒に行った友人の中に3回目という人がいましたが、今までどれを食べてもハズレなしだそうです。私は今回初めてでしたが、是非またリピートしたいお店になりました。今回、女子7人で行って7品+ドリンク一杯ずつ飲んで一人14,000tg(約900円)ですから、もぅ大満足

おっと、そしてここではハルホリンの生が飲める、ということを書いておかねばなりませぬ。ただし生ビールは一種類だけなのが、ちと惜しいところですが。

AmericanCuisineMap
場所は、メルクーリ市場からソウル通りへ出たところ。The Bullというhot potのレストランに向って左に隣接しています。小道を挟んだ向こう角にはBrauhouse cafeというドイツちっくなbrewery(ビール醸造所)レストランがあります。ここも前から行ってみたいと思ってて行けていない…。

ウランバートルといえど(?)、おいしそうなお店がまだまだあるんですよ。"UBwalker"としてがんばってレポートしていきたいと思います~。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

NHKが見れない!!!

数日前からNHKが見れなくなりました…(泣)。

昨今のNHKデジタル化の波が、遂に遅ればせながらモンゴルに到着したせいなのか、それとも契約しているSansar kabelというケーブルテレビ会社のせいなのか、理由はよくわからんのですが、とにもかくにもNHKが映りません。

でも、そのSansar Kabelの会社のWebページを見ると、デジタルケーブルテレビのサービスが始まりました~♪ みたいなことが書いてあるので、やはり後者の可能性が高いような気がします。

このホームページによると、まずはこのサンサルケーブル会社に出向いて、①デジタル受信機を5万tg(3500円)で購入。②デジタル契約に変更する。という二つの作業が必要なようで…。

デジタル契約は、見れるチャンネル数に応じて月々11,900tgか、18,900tgかの二択制。NHKは最小78チャンネルのほうに含まれるので、安いほうの契約でOK。しかし、今まで毎月5500tg(400円弱)で、NHKワールドプレミアムを含む、韓国、中国、ロシア、フランス、BBC、CNN等、ありとあらゆる?チャンネルを見れていたのに(といっても実際に見るのはNHKのみですが)、一挙に倍を越す値上げはやっぱりイタイ~

なんか他にいい方法ないんだろうか…と契約更新に二の足を踏んでおるところデス。ちなみにモンゴルでNHKを放送しているケーブル会社はこのSansar CATVとSuper Cable Visionの2つの会社だけみたいですね。これはNHKのサイトで各国の状況を調べることができます。

じゃあSuper Cable Visionのほうはどうなんだ?と思ってホームページを見てみました。ケーブルテレビ、インターネット、家電話の3つをまとめて提供するサービスTRINITYというのをウリにしているらしい。そういえば、TRINITYってどこかで大きな広告出してたのいつか見たことあったなー。でもこのサイトでは情報が限られてるので、今度この会社に出向いて聞いてきます。

在モンゴルの皆様、全員が同じ状況ですか?? いや、見れてるよ、とか、こんな方法あるよ、というのあったら是非コメント欄からでもお知らせくださいませませ。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

モンゴル人の記憶力

先日、NHKで記憶術の話をやっていて、トランプ52枚の並びを数秒で覚えてしまうという人が出てました。いやはや、ヒトの脳ってほんとにすごいっすね。自分の脳にもこんな潜在能力があるんでしょうかねぇ。。にわかに信じられませんが。。

さて、モンゴル人も瞬発力というか運動能力というか、生きるための本能というかなんというか、のほほーんと純粋培養された日本人がはるか昔に失ってしまったような能力に長けているような気がします。

たとえば彼らの記憶力。色んな人の電話番号を結構さくさく覚えてるんですよねー。携帯電話に登録すりゃいいのに、たいてい登録してない。でも番号見て、あ、誰それだってすぐわかるらしい。たとえば998124みたいな番号があったら、99(きゅうじゅうきゅう)81(はちじゅういち)24(にじゅうよん)みたいに二桁づつの数字にして覚えるんですよ。

誰かに電話番号を聞くと、よくその場で「はちじゅうはちのさんじゅうよんのー」とか即答してくるんで、あー、ちょっと待って待ってーと、こちらは慌ててメモることになります。

ま、確かに携帯電話とかなかった時代は、人の電話番号を語呂合わせして一生懸命覚えてましたよね。あぁ、なんかそんなアナログだった時代が懐かしい…。使わなくなった能力はすぐに廃れてしまうんですなぁ。

そいうい意味でやっぱりモンゴルでは、超荒い運転のバスの中でバランスを保つ運動能力、往来の激しい道を歩く際の瞬発力、スリや泥棒から身を守るための防衛本能みたいのを、常にビンビンに働かせていなければならないので、一時も気を抜いている暇はありません。皆さん、生命力が研ぎ澄まされているのもうなずけます。

あ、あと話しが少しそれますが、モンゴル人は携帯電話の番号にこだわる人が結構いて、この番号持ってたら買います、みたいなメッセージが携帯電話に入ったりします。数字で縁起担ぎたい人が多いんでしょうかね。

例えば、モンゴルで最初の携帯電話の会社がMobicomというんですが、Mobicomの電話番号は 99 から始まるんです。モンゴル人「9」という数字基本的に好きです。で、例えば9911といったMobicomの初期の頃の番号や、9911-9911など初期でかつ語呂が良いとされる番号が、なんと1000万tg(約60万円)かそれ以上に高騰し取引されているとか。初期の番号を持っている人は主に金持ちの人たちで、金持ちが使っている縁起のいい番号を持てば、自分も金持ちになれる、とかそういうことらしいです。

日本で電話番号にここまでこだわることってありますかねぇ。車のナンバーだったらお金だして覚えやすい数字を選ぶ人はいるかもしれませんが。

ちなみに、モンゴル人はIQで世界5位というニュース読みました。少なくとも彼らの記憶力を見ると、ちょっと納得…? でもここまでして縁起を担ぐところはちょっと…???

ま、IQと記憶力と縁起を担ぐことと、どの程度相互関係あるのか分かりませんが。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

モンゴルの乳製品のお話し

冬場は肉を食べ、夏はツァガーン・イデー(白い食べ物)と呼ぶ乳製品を食べるのが良い、という考え方がモンゴルには古くからあります。夏場は馬の乳で作る馬乳酒もよく飲まれます。アルコール度は低く子供でも飲めますが、6月末から8月くらいの夏の短い期間しか出回りません。

Mongoliancheese
手前のお茶は、モンゴルのミルクティ。薄いお茶に牛乳がたっぷり、そしてかなりの塩味。最初はこのしょっぱいミルクティが ?!?!?!! でしたが、今ではすっかり慣れておいしく頂いています。特に田舎で飲むスーテーツァイ(ミルクティ)は格別においしいです。お茶には入れても砂糖と思っていましたが、塩を入れて飲む文化がこのユーラシア大陸のど真ん中にあるとは・・・世界は広いです。

までも厳密に言うと、このミルクティに使うお茶っぱは紅茶ではなく、プーアル茶に近いような黒っぽいモンゴル茶です。なので、プーアル茶にミルクや塩、そして油分(バターなど)を浮かせて飲むという感覚でしょうかね。普通の紅茶であれば、モンゴル人たちも砂糖を入れて飲みます。

MongolianCheese2
こちらはモンゴルのチーズ、アーロール。乾燥していてとても硬いです。牛やらヤギやら色んな動物の乳で作ります。日本人でこれが好きな人はかなりのモンゴル・ツウと言えるでしょう。人の家に行くと必ずといって良いほど勧められます。お、これは悪くないな、と思うアーロールにあたることもありますが、懐に隠し持って出てくることも少なくありません。

MogoliancheeseAaruul2
先日、このアーロールの詰め合わせセットを頂きました。「おばあちゃんの贈り物」みたいなネーミングになってます。ちょっとかわいいでしょ。左の馬蹄型みたのがアーロール、その下の細い小枝みたいのがホルホイ・アーロール(虫型アーロールの意)、長い四角がビャスラグ(チーズという意味)、一番右のレーズンが入ってるのがエーズギー、と思います。(モンゴル人に聞いても答えが違ったりするのであくまでも参考まで) 

MogoliancheeseAaruul
レーズン入りのエーズギーとホルホイ・アーロールはやわらかいので食べやすいのですが、それ以外は歯が折れるほど硬い!!! 実際アーロール食べてて歯を折ったというモンゴル人を何人も知っています。アーロールは歯にいいから食べなさいってよく言われるけど、ほんとか…? お茶に入れて溶かしながら食べたりしてますね、モンゴルの方々は。子供から大人までみんなアーロールが大好きです。

milkandyogurt
ちなみに、こちらはスーパーで売っている牛乳とヨーグルト。このような袋入りというのは日本ではあまり見かけませんよね。あ、もちろん日本みたいな紙パック入りのもあります。左の牛乳が500mlで60円弱、ヨーグルトが1リットル入りで120円くらいでしょうか。つまり牛乳もヨーグルトも同じくらいの値段ということ。モンゴルのヨーグルトは「飲むヨーグルト」に近いゆるさですが、自然の味がしてとてもおいしいです。

さて、ようやく冬も終わったので、お肉を控えてツァガン・イデー(乳製品)でデトックス、がモンゴル流で良いかもしれません。今年は馬乳酒デトックスにでも挑戦してみようかなー。って馬乳酒まだ苦手なんですが。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

中国食い倒れ旅行

食った食った中国の旅。食い倒れ記録を一挙まとめて大公開~~
ChineseDishes
まず、中華といえばコレ。湯気立つ蒸し器の小龍包。いいですねぇ

ChineseDishes8
私の大のお気に入り「排骨」こと骨付き豚リブ。肉がホロッと取れてウんマウマ。肉食系にはたまりません。毎日こればっか食べてもいい!!というほど I LOVE 排骨
ChineseDishes32
ちなみに「排骨飯」は排骨のご飯乗せでございます。左から鴨、豚、鶏と三種類。

ChineseDishes7
こちら油麺と豚肉料理。油麺は混ぜて混ぜて食べます。ヤミツキになる超辛味。香辛料に激しく咳き込みながらもやめられまへーん。

ChineseDishes35
居酒屋風なところで懐かしの青島ビールと、ビールがすすむ濃い味おつまみたち。手前のとっくりは「黄色いお酒」と呼ばれる紹興酒の熱燗みたいお酒で、これがまた美味!!くいっくいイケちゃいます。(←危険)

ChineseDishes31
海鮮麺もおいしかったぁ~♪

ChineseDishes4
市場にもおいしそうな食べ物がいっぱい。豚の鼻やら耳やらリアルにいっぱい。

そして、中華料理の口休めは
ChineseDishes33
モンゴルでお目にかかれないスタバのキャラメルフラペチーノ。しかしこの一杯でおいしい中華の食事一回分に匹敵するお値段。それを思うとお高い一杯…でも食事がそれだけ安く食べれちゃうってことなんですよねー。

ChineseDishes15
おお!! いとしのヤキイモ~ 春だからもう終っちゃってるかと心配したけど、間に合ってよかった!!

ChineseDishes2
春先の果物もたっくさーーーん食べました。いちごにマンゴー、いちじくにパイナップル。果物のある生活、いいわ~

ChineseDishes33
こちらザクロ。
ChineseDishes17
と、ザクロの生絞りジュース。ちょっと渋めだったけど身体にいいかなと思って。一杯70円ほど。

ChineseDishes34
町のいたるところでジャージャージュージュー。もう町全体が食い倒れ仕様ですよ。「吃チー飯ファン了ラ嗎マ?(=ご飯食べた?)」って聞きたくなるの納得です。

ChineseDishes12
でっかい揚げ餃子みたいな。揚げたて超おいしかったー。

とまあ、まだまだ書ききれませんが、こんな感じの食い倒れ中国旅行。
モンゴルで鍛えているせいか、胃もたれ食あたり皆無。市場道端どこでも買い食いOKな、鉄の胃袋の私たちデーース

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。