スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーズケーキとお漬物

モンゴルにはいろいろな乳製品があります。ところが私たちが慣れ親しんでいるクリームチーズとか生クリームとか、そういうフツーの乳製品がなかなか手に入らないんです。輸入品扱っている店とか、特別な場所に行けばあるのかもしれませんがお値段もそれなりですし。その辺で手に入るものでどうにかならないかーと試行錯誤したところ、発見しました!!
Cooking11_5
巷のスーパーで普通に買うことができるモンゴルのヨーグルト。これをコーヒーフィルターに設置し、重しもして放置すること数時間。水を切ったヨーグルトは濃厚な“チーズ”もどきに大変身!これをクリームチーズ代わりに、そして生クリームの代わりには、モンゴルのサワークリームзөөхий(ズーヒー)を使用。

これで何を作るかと言いますと・・・チーズケーキです!
Cooking11_1

Cooking11_3
作って2日目か3日目くらいが一番おいしかったかな。苦肉の代替レシピのチーズケーキですが、結構おいしくってモンゴル人にも大好評なんです♪

さらにさらに!ヨーグルトから落ちる乳白色の液体。最近とある海外在住の方のブログで知りました。このヨーグルトから出た水「乳清(wheyホエイ)」というそうなんですが、これを使って日本風浅漬けができる!!と。そそ、そんな素敵なものがここモンゴルでも??

というわけで早速やってみました。
Cooking11_2
タッパーにたっぷりでけた乳清。そこにキュウリとにんじんを投入。
が、しかし、これじゃさすがに漬け汁多すぎなことに気づき、ジップロックに入れ替えて塩入れてもんだり、しょうがも追加してみたりして、放置すること数時間。
Cooking11_4
じゃじゃ~ん!けっこうおいしそうに浸かりました。乳清に含まれる乳酸菌効果でお漬物ができるんですってー!

あと、この乳清はお肌にも良いそうです。コットンパックに使ってみたり、髪を洗ってみたりしてみました。ちょっと乳臭い匂いがありますが、お肌にはハリが、髪はふんわりボリュームアップ効果があるような。乳清、なかなかの優れものです。

ココで手に入るもので日本で食べていたアレを食べたい!!!
住んでいる場所、所望するものは違っても、この熱い想いは海外在住者に共通ですよね。食へのあくなき探求と紆余曲折の日々。でも思いがけず、おいしいものが(安く)できたときのヨロコビは、日本にいたときには味わえないものです。

ヨーグルトから作るチーズケーキとお漬物。皆様も是非一度お試しあれ。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : コレッてイイかも〜!?
ジャンル : ライフ

白鵬と朝青龍

九州場所13日目で優勝を決めた白鵬。しかし千秋楽の今日、今しがた把瑠都に負けて全勝優勝はならず、と。

大相撲はモンゴルでも人気があります。NHKの相撲中継をモンゴル語での解説にふきかえて、必ず日本とオンタイムで放映しています。モンゴルには、モンゴル相撲という日本の大相撲の原型を思わせる伝統的な国民スポーツがあるからです。日本の大相撲で多くのモンゴル人力士が活躍しているのもうなずけます。

モンゴル人が一番好きなのは、やはりあの朝青龍です。国民ヒーロー的存在だった朝青龍のトツゼンの相撲引退は、衝撃のトップニュースでした。当時は、日本人への逆恨み感情も募って、在モンゴルの日本人は注意するように、と大使館からお触れが出たほど。まあ、とりたてて危ない目にあったり危険を感じたりはしませんでしたけどね。

ちなみに白鵬のことは嫌いというモンゴル人多いです。理由は、奥さんが日本人だから、というレベルの答えだったりします。実際、国際結婚に対する見方は日本ほど積極的ではありません。結婚するならやっぱモンゴル人、みたいな。ま、一昔前の日本もそうだったかもしれませんが。

あと基本的にモンゴル人は、白鵬みたいに冷静沈着で、感情を制している感じの人は好きじゃないです。むしろ、問題起こしたって、嬉しいときは嬉しい!腹が立ったら殴る、という朝青龍のほうが普通でしょ、みたいな感じ。ここ日本とマギャクですよね。

「朝青龍は今モンゴルにいるの?」とよく聞かれますが、個人的にここウランバートルでお見かけしたことはありません。どこにいるんでしょうかね。わたしが聞きたい。大相撲にそれほど興味があるわけではないけれど、むしろ白鵬になら会ってみたいかな。やっぱり日本人好みで。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

キャベツでキャベジン

ここのとこ、はまっている食べ物があります。
Cabbege
キャベツです。

新鮮な野菜に何かと事欠くモンゴルライフ。でも、じゃがいも、にんじん、キャベツあたりは、年中手に入る便利野菜です。聞くところによると、モンゴルで自給自足できている野菜は、じゃがいもと小麦だそうな。ということは、他の多くの野菜と同じく、このキャベツも中国から来ているのでしょうかー・・・。

でも、こないだ買ったちょっと大きめキャベツ。千切りにして水にさっとさらしてから、梅こぶ茶の粉末を振りかけ、そして胡麻ドレッシングをかけて食べたところ・・・
DSCN6675_convert_20111125204331.jpg
「なんでただのキャベツがこんなにおいしいの~!!?」ってくらいおいしかったんです。(写真ボケててすんません)

キャベツの旬って春じゃなかったけー?と思ってネットで調べてみたところ、キャベツはもともと冬に食べられていたそうな。柔らかな春キャベツは関東を中心に人気があり、シャキシャキと固い歯ごたえのある冬キャベツは関西を中心に人気があるそうな(All about「キャベツの旬・種類」より

11月から3月にかけて出回る“寒玉キャベツ”、形は偏平で中の葉は白い、シャキシャキとした歯ごたえのあるキャベツである、と。おお、まさしくこれだ~~!!!

ちなみに「キャベジン」と言えば、かの名だたる胃腸薬。でも「キャベジン」とはもともと、キャベツから摂れる特有の「ビタミンU」のことです。このビタミンUことキャベジンは、胃腸の粘膜の再生や潰瘍の治癒に効果があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防や治療に役立つんですってー。またキャベツの葉にはビタミンCも豊富で、キャベツの葉を2~3枚、生で食べると1日の必要量の50%以上が摂れるんですってー。さらにさらに、キャベツには、強力ながん抑制物質であるイソチオシアネートやインドール化合物、発がん物質の活性化を抑える働きのあるペルオキシターゼが豊富に含まれているとーー!!!!!!

キャベツってこんなに偉大だったんですね・・・知らんかった。そういえば千切りキャベツを毎日食べているここのところ、なんとなく力がみなぎっているような気が…。(ただの思い込みか?)

なんで毎日ただの千切りキャベツぅ…とちょっと卑下していましたが、一転、キャベツへのリスペクトと千切りキャベツを食するモチベーションも急上昇!おいしそうな寒玉キャベツが手に入ったら、梅こんぶ茶の粉と胡麻ドレッシングでバリバリ生食、みなさまも是非一度お試しあれ。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村


日本から遊びに来る人が、何持ってきてほしい?と聞いてくれたら迷わずゴマドレを頼みます。ゴマドレがあるのとないのとで野菜生活が大違い。生野菜にも温野菜にも合いますし、パスタにもグーな日本発の調味料ゴマドレ。以前ヨーロッパに住む日本人の友人を訪ねたときも、ゴマドレ持ってきて~と頼まれました。海外在住日本人を訪ねる際、おみやげに迷ったら、ゴマドレもってってあげてみてください。きっと喜ばれますよ。

わたしはどこの胡麻ドレでもそんなにこだわりないんですが、東京の代々木界隈に住んでいたころ、ご近所のおばさまがたの間で話題になっていたゴマドレのこと思い出しました。東京胡麻産業という会社(代々木に事務所がある)が出している「ゴマ博士」というゴマドレッシング。楽天からも買えます。
ごま博士 ごまドレッシング 1L

ごま博士 ごまドレッシング 1L
価格:2,047円(税込、送料別)

キャベツで健康増進!10キロまとめ買い、いかがスか(笑)

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

モンゴルのトイレ事情

数日前にスフバートル広場の近くの町の中心地に、このような看板を発見しました。
WorldToiletDay
「世界トレイの日 11月19日」さらにその下には「モンゴルの人口の65.6%は、基準を満たしたトイレがない!?」と書かれています。

まあ確かにモンゴルのトイレといえば・・・
MongolianToilet3
田舎のトイレ、これはどちらかと言えば文化的な方。
もっと田舎の村へ行ったとき、その家の人にトイレはどこかと聞いたら・・・
MongolianToilet
この青い丸の中、四本の棒が立ってるんですが、囲いもなんもありません。なんと、そこがトイレでした。最初に行ったときは夜だったので真っ暗闇で、周りの様子もなんも分からなかったんですが、次の朝行ってみると、そこは村の道路のすぐ脇なのでした。ときどきオートバイに乗ったおっちゃんなんかが、ブーーンとのどかに通り過ぎて行く、その合間を縫って、ささっと用を済ませていました。

田舎へ行く長距離バスの道中ではどのように用を足すかと言いますと
MongolianToilet2
このように数時間ごとにバスが草原の真ん中で止まってくれます。そして乗客はバラバラと草原に散らばり、好き勝手に用を足すわけです。一応なんとなーく、男女がバスのこちら側とあちら側に、自然と別れて散っていくところが草原トイレの奥ゆかしさ。そして、誰かが用を足しているところを遠目に見かけたら、なんとなーく目をそらすのも、草原トイレのマナーでございます。

わたしも最初はこの田舎の草原トイレがかなりストレスでしたが、慣れてくると、どこぞの狭くて臭くて汚いトイレでするより、よっぽど気持ちがいいものです。ちなみにモンゴルの伝統服モンゴルデールは、乗馬と草原のトイレにうってつけの服だそうです。納得ですな。あと、モンゴル人は用を足した後はトイレットペーパーを使います。使ったトイレットペーパーはその辺にポイッですが。

そんなわけで、Unicefなどの世界基準を満たすトイレがあるのか?と問われれば、やはり3割4割にとどまってしまうんでしょうね。

WorldToiletDay2
最近、町の中にこのような公衆トイレが設置されるようになりました。まだ数箇所ですが、数円の使用料を払って使えます。これも、こうした外国の支援組織によるものなんでしょうか。

ちなみに“00”とゼロを二つ並べて「ノエル」と読み、これがトイレを意味します。部屋の番号が 01、02、03と振られていくので、トイレはそれ以前の部屋番号ということで 00 となったと思われ…(真偽不明)。「トイレ」とはっきり言わないための隠語のようなものかもしれません。そういえば、男性が「ちょっと馬を見に行って来るわい」といって席を立つと、それはトイレに行って来るという意味だそうな。まあこれ、モンゴル人が実際に言ってるのを聞いたことないですけど。モンゴル人も結構奥ゆかしいですね(笑)。

まあでも、ウランバートルのアパートは必ず水洗トイレですし、町の中のレストランやデパートでもしかり。トイレットペーパーは必須持参品ですが。モンゴルのトイレ事情、恐れずに足らず。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

モンゴルの旨いビール―「金ゴビ」

何を隠そう、モンゴルのビールは旨いです。
私のイチオシは「Golden Gobi」略して「金ゴビ」。(「ゴビ」とはモンゴル語で砂漠という意味です。となるとゴビ砂漠は「砂漠砂漠」??)

最近、この「金ゴビ」の缶バージョンが発売になりました。
GoldenGobi_2
"GOLDEN GOBI"のロゴのしたには "The Mongolian Premium Beer"と書かれています。いわゆるプレミアム系ビールって意味??
GoldenGobi_1
こちら側にはモンゴル語で"АЛТАН ГОВЬ"(アルタン・ゴビ=金の砂漠)と書かれています。上のほうにはШАР АЙРАГ(シャル・アイラグ)の文字が。モンゴル語でビールという意味です。ちなみに「アイラグ」だけですと普通、馬乳酒のことです。「シャル」は黄色という意味。「シャル・アイラグ」で「黄色の馬乳酒」=「ビール」となります。
GoldenGobi
もともとは瓶ビールだったのが、この度、缶が登場したワケです。お値段は瓶(450ml)・缶(500ml)ともだいたい同じで1400tg=80円ちょい。お味は、わたし的に言ってしまうと、モンゴルのエビス。深くリッチな味わいです。これでおいしい焼き鳥とかさしみとかあったらもう日本に帰る必要ないです(笑)。

プレミアム系ビール(?)が日本の発泡酒より安く飲めてしまうモンゴル。うらやましいですか~?でも他の発展途上国に比べると物価はかなりお高めだと思います。

まあ何はともあれビールが旨いに越したことはありません。他にも美味しいのいろいろありますので、またご紹介していきますネ。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村


瓶ビールってやっぱ風情がありますよね。私は好きだな~。

そんでもって七輪で焼き鳥しちゃったりしたらもう・・・★

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

モンゴルには美人が多い

何を隠そうモンゴルには美人が多いです。アジアンビューティのルーツはモンゴルにあり!と言っても過言ではありません。まず背が高くって手足が長い。スタイルがとってもいいんです。さすがは騎馬民族ですよね。さらに黒髪豊かで、目鼻だちもはっきりしている人が多いです。

今月行われた2011年の「ミス・インターナショナル」コンテストで、モンゴル人女性が第3位に入賞したとか。
missinternationaltop3
こちらの一番左の女性、イーデルサイハンさん19歳だそうな。いかにもモンゴロイド代表といった力強い美しさと言いましょうか。でもこういう感じの顔立ちの人、モンゴルにいっぱいいます。

このビデオクリップ、ツェルムンというモンゴル女性歌手ですが、彼女もすごいキレイだと思いません?おまけに歌声と歌唱力もピカイチです。


まあそんなわけで、ウランバートルの街を歩いていると、思わず振り返って目で追ってしまいたくなるようなモデルばりのスタイルの女性たちとすれ違うことが多々あります。ロングブーツやスパッツなんかが似合う似合う。背の低い日本人女性としては、ウラヤマシー・・と指をくわえてその後ろ姿を見送るばかり。

これはモンゴルの子供たちの体型を見ても一目瞭然で、小さい頃から脚の形がきれいで棒のようにまっすぐスラーーっとしてるんです。背が伸びてるんじゃなくて、脚が伸びてるって感じですよ。どうやったらそうなるんでしょうかねぇ。実は一つ心あたることがあるんですが、それについてはまた改めてレポートしたいと思います。

では、陸の孤島モンゴルへいらした際は、アジアンビューティ街角ウォッチングも是非お楽しみに★

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

日本からの買い物袋

日本でも最近そうですが、スーパーなどで買い物すると、ビニール袋を別途購入しなければなりませんよね。モンゴルでもしかり。2~3円払って買物袋を購入します。いつもマイバッグを持ち歩くようにしているのですが、今日は忘れてしまったので、袋を買うことにしました。

で、渡されたのがこれ。
Gomihukuro
「八王子市家庭用一般廃棄物指定収集袋 不燃ごみ専用袋」と長くていかめしい名前がついています。これに買ったばかりのパンや野菜を入れて、、と…。意味がわかるだけになかなか気分は複雑です。

どこをどう来てモンゴルで買物袋として売られるいきさつになったのか、是非知りたいもんですナ。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外にて日本を考える
ジャンル : 海外情報

モンゴルで風邪を引いたら・・・

昨日おとといくらいから、ぎゅんと冷え込んで来ました。いよいよ冬が来たナ・・という感じです。昨日は日中でも最高気温が-5度。夜になれば-16度くらいに下がったんじゃないでしょうか。でも湿気が少ないので、きちんと着て出かければ、そんなに寒さを感じません。寒いっていうより、痛いって感じに近いのかな。なんかうまく表現できませんが。

さて、こんな冷え込みが襲ってくるころには当然風邪もはやります。わたしもややノドが痛い。地元モンゴル人たちは風邪を引いたときのビタミンC補給に何を飲んでいるかと言いますと、このようなオレンジ色のドリンク。商品名は「黄色のドクター」
ChatsalgaanDrink
モンゴルの荒れた大地に育つというチャツァルガーンという実(↓)から作るジュースです。サジーという名前の方が知名度があるかもしれません。
Chatslgaan
ビタミンCはレモンの3倍以上、他にもイロイロなビタミンやミネラルが豊富だそうな。極寒の冬にも元気に実をつけていて、凍った枝ごとバシバシたたいて実を収穫するそうです。

上のドリンクはカルピスのようにお湯や水でのばして頂きます。これは加糖されているバージョン。加糖されていないものもあってそちらはもうちょっと飲みずらい。風邪を引いたかな?と思うときは早めにこのチャツァルガーンドリンクのお湯割りを飲んで、寝るのみ!

チャツァルガーンについてコチラのサイトに詳しく書いてあります。

ビタミンCをたくさん摂って風邪に負けずにガンバロー!

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村

さすがに「黄色のドクター」は日本では買えないようで…。代わりにこんなの見つけました。

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

ダライ・ラマがモンゴルを訪問

今、ダライ・ラマがモンゴルを訪問しています。チベット仏教との関わりが深いモンゴル。ダライ・ラマを奉じている人も多く、彼の写真やポスターをかかげている家も少なくありません。

Dalai Lama welcomed in Mongolia ―BBC News
「中国政府の抵抗にもかかわらず、2002年以来初のダライ・ラマのモンゴル訪問を多くの人が歓迎」となっています。

チベットそのものの存在を認めていない中国政府にとってこのニュースは芳しくないようで。ダライ・ラマが前回モンゴルを訪れた2002年には、中国側はモンゴルへの列車の運行を2日間止めたそうな。中国側が「分裂主義者」と非難するダライ・ラマを招いた報復と見られる、と別のサイトで解説されていました。今回は大丈夫なんでしょうか。モンゴルと中国の根深い悪感情には、こういうのも関係してるんでしょうね。

ちなみに今回初めて「ダライ・ラマ」というのはモンゴル語なんだと知りました。「ダライ」は海、「ラマ」は僧侶という意味のモンゴル語なんです。

「ダライ・ラマ」は、16世紀のモンゴルの最高実力者アルタン・ハーンより贈られたモンゴル語の称号に由来し、アジア、欧米などで広く用いられる通称。とウィキペディアで説明されています。

“ダライ・ラマ”・・“海の僧侶”・・・つまりは日本語で平たく言うと・・・“海 坊主”・・・?!!

おっと、これは大変失礼いたしました。

※後日モンゴル人に尋ねたところ、この場合の「ダライ」は海でなく「偉大な、優れた」という意味だそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

プロフィール

UBwalker

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。