スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルの一番旨いビール―GEM DRAFT

今まで何回か「モンゴルの旨いビール」をシリーズでご紹介してきましたが、満を持してご紹介いたしますのは、モンゴルでイチオシに一番旨いビール!その名も GEM DRAFT。これぞモンゴルにあって日本にない画期的な商品、量り売りの生ビールです!!
Gembeer4
このように茶色のペットボトルに入っています。これで確か1リットル300円弱、他のビールと比べるとお値段ちょっとお高め。

どのように販売しているかといいますと、、
Gembeer2
スーパーの一角に、このようなビール販売のブースがあり、このお姉さんに、「ビール500mlください!」とか言いますと、さきほどの茶色いペットボトル(サイズ各種あり)にビールを注ぎ、白いプラスティックバックに入れて、にこりともせずに渡してくれる、という寸法。

このGEMビール、ちょっと地ビールに似たような一癖ある味ですが、まろやかな口当たりや泡の感じは深くソフトで、さすが「やっぱ生ビールだね♪」な感じです。お店で飲むチンギスの生ビールよりもずっとおいしいと感じるのは私だけ…?

日本にもこういうのあったらいいのになあ!なんでないんでしょう??
どうしてなかなかビール先進国のモンゴルです。

ということで「モンゴルの旨いビールシリーズ」をまとめてみました♪是非ご参照くださいませ。
旨いビールシリーズVol.1「アルタン・ゴビ
旨いビールシリーズVol.2「ハラホリン(カラコルム)
旨いビールシリーズVol.3「FUSION

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

モンゴルのレトロポップなビール「FUSION」

FusionBeer
こちら、モンゴルのビール「FUSION」。
FusionBeer2
昔懐かしいスプライトを思わせる緑いろの瓶に彫られた地模様、そしてFUSION BEER PREMIUM QUALITYと書かれたロゴ。このなんともレトロ・ポップなデザインがたまらない~~♪
FusionBeer3
グラスに注いだビールは明るく透き通る金色で、シュワ~ッと軽い飲み心地。バドワイザーな軽さ、だけどビールの苦味がしっかりあって、可愛い顔して結構やるな、という感じです。初めて飲んだときは、あまり好きだと思わなかったのですが、こないだもう一度飲んだら、アレ?なんかおいしいぞ、と再発見。どかんとしたビールじゃなくて、かる~くシュワっといきたいときにピッタリのビールです。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

モンゴルの旨いビール―「カラコルム」

「モンゴルの旨いビール」シリーズ第2弾は「ハルホリン」。
「カラコルム」と聞けばピンときますね、そう、あのモンゴル大帝国チンギスハーン時代の悠久の都カラコルム。モンゴル語ではハルホリンという発音になるんです。
MongolianAmberbeer2
キリル文字で表記された“ハルホリン”「黒い砂礫」という意味。
MongolianAmberBeer4
こちら側には、英語のアルファベット表記でハルホリンと書かれています。キリル文字の「X」は英語アルファベットでは「KH」と表記されます。発声する際は「K」の音ではなく、喉を擦すりながら発声する「フ」や「ハ」に近い空気音なんですが、この「KH」をそのまま発音したため「カラコルム」となったんでしょうね。

このビールは以前ご紹介した「金ゴビ」こと「アルタンゴビ」ビールの姉妹商品で、金ゴビと同じく瓶だけのラインナップから缶バージョンもデビューしました。金ゴビとはちょっと志向を変え、缶にも記載されているとおり“Dark Beer”。
MongolianAmberbeer
「ダーク」といっても黒ビールではなく、味も見た目も“アンバー”です。甘みが強くてコクのある飲み口。カナダにいた頃よく飲んでいた琥珀色のアンバーエールを思い出しました。

で、今ふと気づいたんです、そしてネットでいろいろ調べてみました。
今まであちこちの国で“ビール”というものを飲んできましたが、これは旨い!と思ったビールの多くは「ラガー」だったということを…。日本のビールの主流、苦くて切れ味のあるラガーです。ピルスナーもしかり。

一方、カナダで飲んでいたアンバーエール、イギリスで飲んだブラウンエール、そして私の好きなギネスビールも「エール」というタイプのビール。ラガーとは発酵方法が違うそうなんですが、泡の層が薄く、甘味があってフルーティですがフラットな飲み口。すっきりー!爽快!!グビグビー!といった日本のビールのイメージとは一味異なります。だからそれを期待して飲むと、あれ?なんだこのビール・・と一口目はちょっと肩透かしな印象を受けるかもしれません。一口目というより、二口、三口と味わいをじっくり楽しむビールです。

オーストラリアで飲んでいたTOOHEYSやFOSTER'Sもラガー。ドイツやチェコで飲んだピルスナーもラガー。そして、ドイツ仕込の製法で作られているここモンゴルのビールもラガーです。日本人の口にあうビールが多いのもうなづけますね。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村


OCTOBERFESTスペシャル!各国ビール飲み比べはいかが♪

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

チャツァルガン(サジー)のワイン

モンゴルのスーパー果実チャツァルガンについて前の記事で書きましたが、今回はチャツァルガン・ワインのお話しを。

以前にもチャツァルガン・ワインというのを飲んだことがあるんですがイマイチな感じでした。今回このチャツァルガン・ワインはノミンデパートで見つけ、パッケージがとっても洗練されてて素敵だったので思わず買ってしまったんです。
Tsatsalgan liquor2
なかなかオシャレなたたずまいでしょ。
Tsatsalgan liquor3
モンゴルの縦文字で書かれたラベルがこれまた味わい深い。
Tsatsalgan liquor
日本から持参したマイおちょこでいただきます♪
ワインというよりは果実酒をクピクピ飲んでいる感じでワイングラスよりこっちの方がしっくりきます。チャツァルガン特有のちょっと鼻につんとくる匂いがありますが、果実本来の酸味や苦味を生かした上品なお味に仕上がってます。他の日本人も、これなら日本へのお土産にもイケるね♪と。ちなみにお値段は500円弱デス。

このワインでチャツァルガン果実のスーパーなご利益にそのままあやかれるのか、その辺の真偽は不明ですが、梅酒みたいに、ちょこっとお酒が飲みたいナぁなんて気分のときにイケマス。あ、でももちろん梅酒のような果実酒ではありませんので甘くはありません。口あたりの軽い辛口なお酒です。是非、お試しあれ。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村


うちの相方は福島の喜多方にいたので、あの辺のお酒に詳しいんです。会津ほまれ酒造という古い造り酒屋があって、そこで出している純米酒仕込の柚子酒がサイコーにおいしいんですよ。

ゆずの香りとさっぱりとした飲み口で、食前酒にピッタリ。上の写真のマイおちょこ、実はほまれ酒造さんを見学して試飲をした際に頂いたものです。

そこで出しているうめ酒もオススメです。

おいしいうめ酒をお探しなら是非ご賞味あれ。

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

モンゴルの旨いビール―「金ゴビ」

何を隠そう、モンゴルのビールは旨いです。
私のイチオシは「Golden Gobi」略して「金ゴビ」。(「ゴビ」とはモンゴル語で砂漠という意味です。となるとゴビ砂漠は「砂漠砂漠」??)

最近、この「金ゴビ」の缶バージョンが発売になりました。
GoldenGobi_2
"GOLDEN GOBI"のロゴのしたには "The Mongolian Premium Beer"と書かれています。いわゆるプレミアム系ビールって意味??
GoldenGobi_1
こちら側にはモンゴル語で"АЛТАН ГОВЬ"(アルタン・ゴビ=金の砂漠)と書かれています。上のほうにはШАР АЙРАГ(シャル・アイラグ)の文字が。モンゴル語でビールという意味です。ちなみに「アイラグ」だけですと普通、馬乳酒のことです。「シャル」は黄色という意味。「シャル・アイラグ」で「黄色の馬乳酒」=「ビール」となります。
GoldenGobi
もともとは瓶ビールだったのが、この度、缶が登場したワケです。お値段は瓶(450ml)・缶(500ml)ともだいたい同じで1400tg=80円ちょい。お味は、わたし的に言ってしまうと、モンゴルのエビス。深くリッチな味わいです。これでおいしい焼き鳥とかさしみとかあったらもう日本に帰る必要ないです(笑)。

プレミアム系ビール(?)が日本の発泡酒より安く飲めてしまうモンゴル。うらやましいですか~?でも他の発展途上国に比べると物価はかなりお高めだと思います。

まあ何はともあれビールが旨いに越したことはありません。他にも美味しいのいろいろありますので、またご紹介していきますネ。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村


瓶ビールってやっぱ風情がありますよね。私は好きだな~。

そんでもって七輪で焼き鳥しちゃったりしたらもう・・・★

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。