スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴル国立オペラの実力

ウランバートルはスフバートル広場の横に、モンゴル国立オペラ・バレエ劇場があります。
14opera2

意外に思われるかもしれませんが、ロシア文化の影響を強く受けているモンゴルでは、オペラやバレエもメジャーな文化芸術の一つなのです。

14opera3
チケットブースの横には、その月の上演演目が掲載されています。私も以前に見に行きましたが、チャイコフスキーの白鳥の湖や、プッチーニのラ・ボエム、モンゴル人作家ナツァグドルジの「悲しみの三つの丘」という演目もあります。

14opera
中はこじんまりとした劇場です。モンゴル人より外国人が多く来ているような。

14opera4
天井のシャンデリアが素敵です。

今回は、東京でしょっちゅうオペラを見に行っている大のオペラファンの方と一緒に、プッチーニのラ・ボエムを見ました。一番高い席でも15000tg(約800円)。数日前に劇場に行ってチケットを購入しましたが、まだ座席はガラガラ。真ん中の好きな席を選ぶことができました。

果たしてモンゴル国立オペラの実力はいかに??――

14opera5
「ラボエム」上演後の舞台挨拶。

そのオペラファンの方が言うには一流だと。確かに、主役のソプラノ女性の声も素晴らしかったですし、バス、テノールの男性陣もなかなか威風堂々とした歌いっぷりで迫力満点。オーケストラもよかったです。私も大のオペラファンというわけではありませんが、日本やヨーロッパで何本かオペラを見たことがあります。これだけのオペラを1000円弱で見れるなら、ここでたくさん見ておくのがお得です。以前ここでバレエ白鳥の湖を見たときより、今日のオペラの方がぐっと満足度高しでした。

国立オペラバレエ劇場の情報はコチラ(英語)で確認できます。今年の秋から冬にかけては、バレエ「スパルタクス」や「ジゼル」、オペラ「蝶々夫人」、「リゴレット」など、魅力的な演目が満載です。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

作家ナツァグドルジと「わが故郷」

以前、このブログでも何度かご紹介したレーニン像。
WinterArt2
ウランバートルホテルの前にあったこのレーニン像は2年ほど前に突如撤去され、代わりに置かれたのがこちらの銅像です。

Natsagdurj2
彼の名はナツァグドルジ。1906年から1937年まで、31歳という短い生涯をとげたモンゴル近代文学を代表する詩人、作家です。

彼が作った「Миний нутаг(わが故郷)」という詩は、モンゴル人で知らない人はいないそうな。学校の子供たちもみんな知っていて、朗読したり暗唱したりしています。

その一部をモンゴル語と日本語でご紹介します。

Хэнтий, Хангай, Саяаны өндөр сайхан нуруунууд
Хойт зүгийн чимэг болсон ой хөвч уулнууд,
Мэнэн, Шарга, Номины өргөн их говинууд
өмнө зүгийн манлай болсон элсэн манхан
далайнууд,
Энэ бол миний төрсөн нутаг
Монголын сайхан орон.

ヘンティー、ハンガイ、サヤンの高く美しい峰々は
北を飾る樹木豊かな山々、メネン、シャラガ、
ノミンの広く大きなゴビは南に広がる砂地の広い大海原、
これは私の生まれ故郷
モンゴルの美しい大地

1933 斎藤純男訳


このように、前半はモンゴルの美しい自然を歌った望郷の詩です。
しかし、この長い詩を読み進んでいくと、後半部には、この美しい母国を侵略する者あらば戦おう、革命国家を打ち立てよう、とうたわれており、モンゴル国の自由と独立を呼びかける政治思想の詩なのです。モンゴルが政治的な変遷の時期であり、侵略の脅威もあった緊迫した時代背景、そして、作家としてよりも政治思想家としてのナツァグドルジの姿が如実に読み取れます。

「うさぎ追いし彼の山~」と通じるふるさとの歌と思っていましたが、レーニン像の後に置かれただけあって、やはり、ただの文学作品ではないですね。モンゴル国近代の歴史、政治思想と愛国心、望郷、そのすべてを包含する銅像です。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

ウランバートルのART GALLERY

中央郵便局のはす向かいの、小さなビルの2階に、小さなART GALLERYがあります。
Artgallery

Artgallery3
つい最近、リニューアルして、明るくてモダンな感じのギャラリーがオープンしました。

Artgallery2
数週間ごとに展示が入れ替わり、いろいろなモンゴル人アーティストの作品を見ることができます。しかも、入館無料です。ちょっと素敵な油絵や、近代画、彫刻、アート作品etcを見ることができます。街歩きやショッピングの途中に、気分転換でふらっと立ち寄るにもおススメなスポットです。

ちなみに、このギャラリーと並んで同じフロアにBangkokというタイレストランがあって、そこもおいしくておススメです。モンゴルアートとタイ料理。ちょっと変化を求めたい日にセットでいかが?

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

モンゴルのオブジェ&銅像コレクション

ウランバートルの町を歩くと、かなりたくさんの銅像があることに気づきます。社会主義時代の遺産とも言える時の政治家や功労者、さらには遊牧民族独特の視点でとらえた躍動感あふれる馬の銅像など、なかなか見ごたえがあるものばかりです。今まで撮り溜めた私のコレクションをここで一挙公開いたしましょう。

statueinmongolia6
こちらはエンフタイワン通りのセントラルビルの敷地内にある、暴れ馬を乗りこなす少年。躍動感あふれる作品です。

statueinmongolia2
こちらも、暴れ馬の耳をつかんで制する少年をモチーフにした力作。サンサルのトンネル上に、割りと最近お目見えしました。

statueinmongolia9
馬の荒々しい息遣いやいななきが、今にも聞こえてきそうです。

statueinmongolia3
これぞザ・モンゴル、とでも言えそうな時の独裁者チョイバルサン。モンゴル国立大学を背に威風堂々とした風格。泣く子も黙ります。

statueinmongolia5
こちはモンゴル国立図書館を背に立つ・・・文学者?でしょうか。とても深みのある風景を醸しています。

WinterArt2
ウランバートルホテル前に、かつてはあったが今は亡きレーニン像も記念に載せておきましょう。

MarcPolo8
そして、以前も書きました私のお気に入りマルコポーロ。詳しくは「ウランバートルのマルコポーロ像」をご参照ください。

BeatlesUB
こちらも以前「ビートルズのオブジェに込められたメッセージ」でご紹介しましたオブジェ。

statueinmongolia30
オブジェといえばもう一つ、民族歴史博物館前のこちら。右側に英語で「No to death penalty」左側にはモンゴル語で「死刑のないモンゴル国」と書かれています。

statueinmongolia4
最近リニューアルオープンしたピースタワーの前にお披露目した銅像。いかにもな感じでモンゴルらしさはありませんが、一応載せておきます。

statueinmongolia29
こちらは、軍人の像のたもとに集まる軍隊の様子。去年の「軍人の日」にたまたま出くわしたときのショットです。

statueinmongolia21
チンギスハーン時代の軍隊みたいな格好に見えますが。こちらの通りは「ウランバートルお花見ストリート」としてご紹介した道です。

statueinmongolia20
さて、もう一つ私の印象に残るモンゴルの銅像といえば、ダルハンにあるこちらの像。疾走する馬上で馬頭琴を奏でる翁。なんとも詩歌的、絵画的な芸術作品です。

statueinmongolia12
もう少し引いてみると、下から子馬たちが見上げている演出もかわいらしい。

statueinmongolia8
さて、やはり最後にこれを載せないわけにはいきませんね。ウランバートルから小1時間車を走らせた場所にあるチンギスハーン像。

statueinmongolia11
これがどれだけ巨大か、お分かりいただけますね。モンゴル人たちのチンギスハーンへの誇りと熱い思いが、この像の大きさに表れているのでしょうか。

というわけで、なかなか見ごたえのある銅像がたくさんあるモンゴル。是非、町中の銅像やオブジェにも目を留めて、無料のモンゴルアートを鑑賞してみてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

ウランバートルのマルコポーロ像

ウランバートルの町の中心、スフバートル広場の隣のセントラルビルの前に、こんな像があります。
MarcPolo5
昔学校で習った「東方見聞録」といえば、

MarcPolo8
そう、皆さんご存知、中央アジアはシルクロードを旅したイタリアの冒険家マルコポーロ

肩には鳥がとまっているのか、なんだかナウシカに出てくる伝説の人物のようなエキゾチックないでたち。

マルコポーロは、時のモンゴル帝国のフビライハンに謁見し、さらにはペルシャのイルハーンに嫁ぐお姫様を送り届けるという使命まで仰せつかったそうな。なんともモンゴルにかかわりの深い人物ですね。

彼の「東方見聞録」には、当時の国際商業都市として発展したモンゴル帝国(元朝)の都、大都(現在の北京)の発展ぶりなども記されており、ヨーロッパ、もとい世界にモンゴル帝国を紹介した人物ともいえます。あ、ということは、この像で彼が左手に持っているのはその「東方見聞録」ということなんでしょうか。

このマルコポーロ像は、奇しくも道向こうのモンゴル外務省と対峙するように建てられております。
MarcPolo
(モンゴル外務省)

世界にモンゴルを紹介した人物として、約800年の時を経てその功績が買われ、彼の像がここウランバートルに建立されたのだ、というような説明が、先日飛行機の中で読んだ「ТОЙМ誌」に解説されていました。

言ってみればマルコポーロは、ある意味モンゴル外交官の先駆けなのかもしれません。外国人でも能力がある人を積極的に重職に起用したというフビライハンの時代であれば、それもまたつじつまが合います。

MarcPolo1
シルクロードやマルコポーロに、異国のロマンや旅の憧れを感じていた若かりしころがありました。この像を見るたびに、今、自分が日本から遠く離れた、奥深い中央アジアの町に住んでいるんだと思うと、ちょっぴりロマンを感じますね。


ちなみに、ウランバートルにはかなりの数の銅像があります。ある人物が銅像のモデルとなるのにその人物が死去してから50年以上だったか、ちょっと忘れましたが、結構細かい規定が色々あるそうな。

このマルコポーロの銅像は、約60万円を拠出して、つい最近お目見えしましたが、逆に、最近姿を消した銅像もあります。

それはこちら。
MarcPolo6

マルコポーロ像からほんの100メートルほど、ウランバートルホテルの前に威風堂々と立っていた「レーニン像」は数ヶ月前に突然撤去され、レーニンの名を刻んだ台座だけが虚しく残されています。(以前のレーニン像はコチラの記事で写真が見れます)

時代の趨勢と今のモンゴル人の世論を映す、なんとも感慨深い対照的な二つの銅像です。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

モンゴルでバレエ「白鳥の湖」鑑賞

今朝、窓から外を眺めると真っ白!! なんて美しい銀世界・・ではなく、スモッグと煙で辺り一面が真っ白に曇っていて、数メートル先もおぼつかないほど。いや~、ウランバートルの大気汚染、年々ひどくなってる感じがします。あーー、こんな空気を吸っていたら寿命を縮めてしまう、、と真面目に心配しながらも、外出したのですが
WinterArt
木の枝に雪がくっついて、とってもキレイでした!モンゴルは乾燥しているので、こういうのあんまり見られないんです。でも昨夜は霧が降りたらしく、湿気を含んだ空気に雪が降って、こんな芸術品ができあがったんですね。
WinterArt6
川沿いの木々も、白く花が咲いたみたいにきれいです。
WinterArt7
ウランバートルの町中どこもかしこも雪景色。
WinterArt2
ウランバートルホテル前のレーニン像を通り過ぎ・・
WinterArt3
向った先は、スフバートル広場の横にあるモンゴル国立歌劇場。
WinterArt10
今日はここでバレエ「白鳥の湖」の観劇です。日本で1万円くらい出して見にいったことがありますが、モンゴルでは初めて。お値段は15,000tg、約1,000円。日本の10分の1です。
WinterArt5
会場はこじんまりしていて、悪くない雰囲気。
WinterArt4
天井のシャンデリアも素敵。モンゴルにいることを忘れそうです。
WinterArt9
オーケストラボックスもちゃんとありました。
モンゴルはロシア文化の影響を受けているのでバレエも割りと身近な娯楽です。バレエを習う子達もたくさんいるそうな。長身で手足も長いモンゴル人、果たしてどんなバレエを見せてくれるでしょうか。
WinterArt8
私たち前から数列目というとってもいい席だったんです。ダンサーたちの細部まで良く見ることができました。オデット、王子、王子の友人or家来(?)の道化師といった主役級のダンサーたちはなかなか上手でした。さすが皆さんロシアとかで修行してきているんでしょうか。女性ダンサーの中には、次期プリマ・バレリーナ級の子たちもチラホラ。一方、男性ダンサーのその他大勢は、ちょっとバレエ学校の発表会どまりな出来映え。16羽の白鳥たちも一糸乱れず・・とまでは言えず、敵役の悪魔もイマイチ迫力なし。日本で見たときは、この敵役の踊りがとっても良かったんですけど。ま、1000円なので許します。までも、あまり期待していなかった分、満足度は結構高かったです。

この劇場では「アイーダ」などのオペラもやってるそうなので、次はオペラを見たいな。バレエやオペラの演目をたくさん見てお勉強するには、値段と中身のバランス的に、おススメです。私もウランバートルにいる間に、なるべくたくさん見に来ようっと。

しっかし、観客のマナーが悪いので、せっかくの雰囲気が台無しなんですよねぇ。ばたばた遅れて来るわ、演奏中に席を立つわ、フラッシュたいて写真撮るわ、子供はうるさいわ・・・。ここからなんとかせんと、モンゴル国立歌劇場、格は上げられませんぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Author:UBwalker
広告代理店勤めの東京ライフから一転、陸の孤島モンゴルにやって来て早やウン年。仕事+遊び+αのモンゴルライフで培ったウランバータリアンな情報、人脈、ネットワークを駆使し、モンゴルにまつわる様々な記事を執筆するフリーライター、そして海外ボランティアで来蒙する老若男女の方々の現地コーディネーターを務めています。
シドニー、トロントに次ぐ3カ国目の暮らす異国の街ウランバートルで、それなりにオシャレなスローライフを日々模索中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

本ブログで紹介した商品
モンゴルのスーパー果実チャツァルガン(サジー)で風邪予防('11Dec)

チャツァルガン(サジー)のワイン('12Jan)

チャツァルガン(サジー)を栽培している北海道の農園('13Jan)

モンゴルで買えるお得なフランスワイン('11Dec)

モンゴル岩塩で本格キムチ作り('12Jan)
★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...

★★ソウル市場★★清浄園 カナリ...
価格:530円(税込、送料別)


キャベツでキャベジン('11Nov)
ショップリンク












おススメ記事
カテゴリ
こちらにも記事書いてます♪
おススメの一冊
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。